カローラツーリング、レヴォーグ…SUVブームの次にくる国産車6選


 SUVブーム真っ盛りの自動車業界。しかし新たな潮流が動き出している。それがステーションワゴン。

 というのも、仮に今SUVに乗っている人がセダンに乗り換えたとすると、やはりラゲッジスペースの容量が不足気味。

 この問題を解決するならステーションワゴンのほうが有利になるし、何より先般フルモデルチェンジを果たしたカローラツーリングを筆頭にカッコいいステーションワゴンがすでにいくつかリリースされているからだ。

 ステージアなんてクルマ(懐かしい!)が登場した1990年代の中盤は、それなりのスターションワゴンが盛り上がったが、今回の盛り上がりの兆しは、やはりシューティングブレーク。

 シューティングブレークというのはもともとイギリスの貴族たちが狩りのために用いたクルマのこと。架装メーカーがラゲッジをロールスロイスやアストンマーチンなどをベースに、拡大して荷物を積めるようにしたのがその始まり。

 ワゴンとどこが違うかといえば、スポーツカーの要素をかなり持っている、ということ。カタチ的に見ると、ルーフがリアに行くほどなだらかに流れているのが特徴といえる。簡単にいうと、クーペっぽいステーションワゴンといえるのかもしれない。

 このシューティングブレークを基軸にしてまたまたステーションワゴンが盛り上がる、というのが本誌の“読み”だ。

 誰もが乗っているSUVよりも、今後はステーションワゴンに注目が集まることは確実。さぁアナタも愛車の乗り換えをお考えなら、次はステーションワゴンに注目だ!

【画像ギャラリー】 新しい潮流キテます!? 国産ステーションワゴン6モデルをギャラリーでチェック!!

※本稿は2019年10月のものです
文:ベストカー編集部/各モデル解説:永田恵一/写真:ベストカー編集部
初出:『ベストカー』 2019年11月10日号


■トヨタ カローラツーリング(価格:201万3000~279万9500円)

●ワイドになって生まれ変わったステーションワゴン

 5ドアハッチバックのスポーツに続き、メインとなるカローラは9月にセダンとツーリングの車名となったステーションワゴンも3ナンバーボディとなった。

 3ナンバーボディとなったツーリングだが、日本仕様は海外向けとは異なる全幅、全長をシュリンクした専用ボディとなっている点が大きな特徴で、狭いところでも取り回しに不便を感じることはないだろう。

 パワートレーンは1.8Lガソリン、MTのみの組み合わせとなる1.2Lターボ、1.8Lハイブリッドの3つで、日本向けに味付けされた走りにも期待が集まっている。

■トヨタ カローラフィールダー(価格:168万7400~239万3600円)

●「Toyota Safety Sense C」を全車標準装備

 カローラのステーションワゴンのメインは3ナンバーボディのツーリングに移行したが、トヨタらしくというか5ナンバーカローラへの需要も考慮して今までのカローラフィールダーも継続販売される。

 カローラフィールダーは2世代前までのモデルとは異なり、格下のヴィッツベースとなっているが、クルマをこだわりなく使う分には大きな不満のない性能を備えている。

 現在カローラフィールダーは充分な装備を持つEXワングレードとなり、パワートレーンは1.5Lハイブリッド、MTと4WDもある1.5Lガソリンが設定される。

次ページは : ■ホンダ ジェイド(価格:244万3100~314万6000円)

最新号

ベストカー最新号

【新型86/BRZ 世界初公開】5ドアジムニー最新情報入手!!|ベストカー5月10日号

ベストカー5月10日号、本日発売!! 4月5日に全世界公開されたばかりの新型トヨタ86/スバルBRZの情報をベストカー本誌の独自視点で分析します!5ドアジムニー最新情報も登場。

カタログ