超人気WRX STIファイナルエディションを買いに行く!!! 【希望者殺到 倍率十倍超!!】


 先日、東京モーターショー2019に出展された「EJ20 Final Edition」プロトタイプ。

 現行型車でありながら、運転席乗車の順番待ちが出来るほどの人気であった。

 筆者がスバルディーラーに直接赴き、スバルの高性能モデルを支えてきたEJ20型エンジンの限定車「EJ20 Final Edition」の見積書を作成した。この車は、555台限定となるため、購入するには抽選を勝ち抜けなければならない。

 また、12月23日までオーダー可能なWRX STIタイプSについても限定車と同様に見積書を作成した。

 購入費用はどのくらいの値段になるのだろうか?

文:大音安弘、写真:スバル、大音安弘

 【画像ギャラリー】WRX EJ20 Final EditionとタイプSを見る!! 


ラストEJとなるWRX STIに多くのファンが殺到中

 スバルの高性能モデルを支えてきたEJ20型エンジンの生産終了決定に伴い、唯一の搭載モデルとなった「WRX STI」の生産終了がアナウンスされた。

 このニュースにより、WRX STIへの注目が高まるだけでなく、最終仕様車の購入検討者も急増させている。彼らの熱い視線を一身に集めるのが、最終限定車「EJ20 Final Edition」だ。

東京モーターショーで人気を集めたWRX STI EJ20 Final Edition プロトタイプ

 555台限定となる同車は、抽選販売となる。正確には、抽選で優先購入者を決定するのだが、仮にキャンセルが出ても、応募者の中から決定されるため、抽選への応募はマストとなる。

 その締め切りは、目前に迫る11月11日まで。購入希望者は、それまでに全国のスバルディーラーで見積りを行い、さらに抽選申し込みを行わなくてはならない。

 スバル広報部によれば、連休明けとなる11月5日の時点で、約1万件の見積もりが行われ、そのうち約6000人が応募したという。つまり当選確率は、約11倍にもなる。

 因みに、見積書での希望カラーは、WRブルー・パールが約6割と圧倒的に人気。それにクリスタルホワイト・パール、クリスタルブラック・シリカと続く。

 グレードは、約8割がフルパッケージを希望するなど、最後のEJエンジンとなるWRX STIだからこそ買おうというファンの意気込みが伺える。

 そこで、実際、どのくらいの予算が必要か、スバルディーラーで見積もりをお願いしてみた。

今やWRX STIの対応でディーラーも大賑わい

 優先購入権の応募には、ディーラーでの見積りが必須となるが、タブレット端末による短時間の見積書作成ができる。

 今回、見積もり書作成等で協力頂いたのは、スバル恵比寿店セールスの田中美里さん。クルマ好きで、愛車はなんとMTのBRZ。だから、クルマ好きの気持ちを理解した提案もしてくれる。

スバル恵比寿店セールス 田中美里さん

 販売終了と限定車投入のアナウンスを受けて、店舗への電話での問い合わせが増えたと話す。

 電話による問い合わせは新規客ばかりなので、他社メーカーのユーザーが中心となるが、現在クルマを所有していない人からの問い合わせもあり、その中には、初めてのクルマとして検討している人もいるというから驚かされる。

 購入希望者の年齢層は、高価格帯車ということもあり、40~50代が中心。ただ20代や30代の若い層からも申し込みがあるという。

 来店する試乗希望者も増えており、専用パンフレットは、瞬く間になくなってしまうとのことだ。彼女自身も、既に数件、抽選申し込みの受付をおこなっているそうだ。

次ページは : 見積書を作成してもらうと…

最新号

ベストカー最新号

【新型86/BRZ 世界初公開】5ドアジムニー最新情報入手!!|ベストカー5月10日号

ベストカー5月10日号、本日発売!! 4月5日に全世界公開されたばかりの新型トヨタ86/スバルBRZの情報をベストカー本誌の独自視点で分析します!5ドアジムニー最新情報も登場。

カタログ