【希望者殺到 倍率十倍超!!】これで最後! 超人気WRX STIファイナルエディションを買いに行く!!!

 先日、東京モーターショー2019に出展された「EJ20 Final Edition」プロトタイプ。

 現行型車でありながら、運転席乗車の順番待ちが出来るほどの人気であった。

 筆者がスバルディーラーに直接赴き、スバルの高性能モデルを支えてきたEJ20型エンジンの限定車「EJ20 Final Edition」の見積書を作成した。この車は、555台限定となるため、購入するには抽選を勝ち抜けなければならない。

 また、12月23日までオーダー可能なWRX STIタイプSについても限定車と同様に見積書を作成した。

 購入費用はどのくらいの値段になるのだろうか?

文:大音安弘、写真:スバル、大音安弘

 【画像ギャラリー】WRX EJ20 Final EditionとタイプSを見る!! 


ラストEJとなるWRX STIに多くのファンが殺到中

 スバルの高性能モデルを支えてきたEJ20型エンジンの生産終了決定に伴い、唯一の搭載モデルとなった「WRX STI」の生産終了がアナウンスされた。

 このニュースにより、WRX STIへの注目が高まるだけでなく、最終仕様車の購入検討者も急増させている。彼らの熱い視線を一身に集めるのが、最終限定車「EJ20 Final Edition」だ。

東京モーターショーで人気を集めたWRX STI EJ20 Final Edition プロトタイプ

 555台限定となる同車は、抽選販売となる。正確には、抽選で優先購入者を決定するのだが、仮にキャンセルが出ても、応募者の中から決定されるため、抽選への応募はマストとなる。

 その締め切りは、目前に迫る11月11日まで。購入希望者は、それまでに全国のスバルディーラーで見積りを行い、さらに抽選申し込みを行わなくてはならない。

 スバル広報部によれば、連休明けとなる11月5日の時点で、約1万件の見積もりが行われ、そのうち約6000人が応募したという。つまり当選確率は、約11倍にもなる。

 因みに、見積書での希望カラーは、WRブルー・パールが約6割と圧倒的に人気。それにクリスタルホワイト・パール、クリスタルブラック・シリカと続く。

 グレードは、約8割がフルパッケージを希望するなど、最後のEJエンジンとなるWRX STIだからこそ買おうというファンの意気込みが伺える。

 そこで、実際、どのくらいの予算が必要か、スバルディーラーで見積もりをお願いしてみた。

今やWRX STIの対応でディーラーも大賑わい

 優先購入権の応募には、ディーラーでの見積りが必須となるが、タブレット端末による短時間の見積書作成ができる。

 今回、見積もり書作成等で協力頂いたのは、スバル恵比寿店セールスの田中美里さん。クルマ好きで、愛車はなんとMTのBRZ。だから、クルマ好きの気持ちを理解した提案もしてくれる。

スバル恵比寿店セールス 田中美里さん

 販売終了と限定車投入のアナウンスを受けて、店舗への電話での問い合わせが増えたと話す。

 電話による問い合わせは新規客ばかりなので、他社メーカーのユーザーが中心となるが、現在クルマを所有していない人からの問い合わせもあり、その中には、初めてのクルマとして検討している人もいるというから驚かされる。

 購入希望者の年齢層は、高価格帯車ということもあり、40~50代が中心。ただ20代や30代の若い層からも申し込みがあるという。

 来店する試乗希望者も増えており、専用パンフレットは、瞬く間になくなってしまうとのことだ。彼女自身も、既に数件、抽選申し込みの受付をおこなっているそうだ。

見積書を作成してもらうと…

 早速、見積書の作成を依頼。今回は、人気のディーラーオプションを含めた充実装備の内容で作成してもらった。


WRX STI EJ20 Final Edition 見積書

 ナビ、ドラレコ、ETC、コーティングなど新車で欲しくなるオプションを加えた総額は、なんと500万円オーバー。

 急に現実に引き戻されるのも正直なところ。値引きについても、限定車は、ゼロとのこと。さすが大人気の限定車とあって厳しい。

 費用を圧縮するなら、贅沢仕様の約60万円のディーラーオプションを抑えることが必要だ。仮にオプションを一切選択しなかった場合だと、総額は約483万円。

 セールスの田中さんによると、WRX STIの場合、総額のイメージとして、車体価格+約70万円と伝えているという。それでも、およその目安は約520万円となる。

 この価格となると、当然、クレジットを利用する人が多い。そこで提案されたのが、一定額を据え置くことが出来る残価設定型ローンだ。

限定車もローンの利用が可能!!

 なんと限定車での利用も可能とのこと。通常ローンとの比較は以下の通りだ。

WRX STI EJ20 Final Edition ローン比較表

 残価設定ローンの方が金利負担は増えるが、月額負担をぐっと抑えることができる。また残価率が高いだけでなく、車両の状態が規定内であれば、その金額が保証されているのもポイント。

 手放したくなければ、5年後に、残価の一括払い、もしくは再ローンで乗り続けることもできる。さらに査定額が残価を上回れば、有利な条件での乗り換えも可能となる。

 またスバルの残価設定ローンには、補償サービス「安心プロテクト3」を付帯。これは3年間、5万円以内の3つの対象となる外装傷を5千円の負担で修理できるもので、年間2回を上限に、最大6回の利用が可能となる。

 対象となるのは、バンパー、ドアミラー、ドアパンチ。どれも日常で起こりがちな損傷だけに、車両保険に頼らず、安価で修理できるのは嬉しい。

 またローン金利だが、通常のローンだと地域差が生じる場合もあるが、残価設定ローンについては全国一律とのことだ。

抽選結果はいつ出るのか

WRX STI EJ20 Final Edition プロトタイプ

 抽選結果は、2019年11月14日の16時以降、登録したメールアドレスに送付される。優先購入権を獲得した人は、2019年12月1日(日)まで注文を行う必要がある。

 しかし、既に約11倍の応募があるため、当選のハードルが高いのも事実だ。そう、残念ながら、はずれということも十分にあり得るのだ。そこでカタログモデルにも注目してみた。

敢えての標準車狙いも有り!?

WRX STI タイプSとスバル恵比寿店セールス 田中美里さん

 展示車であるWRX STIタイプS。カタログモデルは受注台数の上限がなく、12月23日までオーダー可能。

 もちろん、好みの仕様が選べる。ベースグレードなら、393.8万円からと価格がぐっと現実的になる点も見過ごせない。

 本体価格が、400万円を切るので、約60万円という贅沢なディーラーオプションを加えても500万円以内に収まる。もちろんオプションを簡素化すれば、450万円以内にも十分収まる。

WRX STI ベースグレード 見積書

 限定車と比べ、ぐっと現実味が帯びてくる価格だ。セールスの田中さんも「ベースグレードでもWRX STIの魅力が十分に味わえますし、内容を考えるとお買い得です」と太鼓判を押す。

 タイプSとの装備差を見ていくと、タイヤサイズとビルシュタイン製ダンパーの有無が大きなもので、それ以外は快適装備が中心。

 もちろん、パワートレインと4WDシステムは共通だし、ブレンボ製フロント6ポットキャリパーも全車に装備されるので、決して、見劣りする内容ではない。そこでベースグレードで、各ローンを利用した場合も提示してもらった。

ローンを利用した場合はいくらかかるのか? 

WRX STI ベースグレード ローン比較表

 月々3万3千円と聞くと、ぐっと現実的になる。もちろん、オプション代の圧縮を始め、頭金やボーナス負担を増やせば、月々の支払いを、より抑えることが出来る。

 セールスの田中さんによれば、カタログモデルなら、少しは値引きができるとのこと。ラストEJを楽しみことが目的なら、ベースグレードという選択も十分ありなのではないだろうか。

 WRX STIの受注受付は、2019年12月23日(月)まで。スバルとしては、同日までの注文分までは基本的に受け付けるとしている。もちろん、仕様や色にも制限はない。

新車購入時の費用を抑える

 最後に、一般的な新車購入時の費用を抑えるポイントを紹介したい。車庫証明取得を自身でやれば、代行手数料分を浮かすことができる。納車も自宅納車ではなく、店頭引き渡しとすれば、費用が掛からない場合が多い。

 またオプションについては、ディーラーオプションに関しては、量販店で同等品を購入し、専門業者に手配した方が安くなるケースが多い。自身の使用環境に照らし合わせ、必要なものを厳選することが必要となる。

 またローンについても3.5%よりも低いところで借りられれば、その分金利の負担を減らすことが出来る。もちろん、現金払いなら、金利負担がゼロとなる。

 但し、高額車の場合、事故で負債を抱えるリスクが伴いので、車両保険加入はマストであることもお忘れなく……。

WRX STIを手に入れるには

ホイールがシルバーではなくゴールド
(WRX STI EJ20 Final Edition 専門装備)

 バランスドエンジンやゴールドのBBS鍛造19インチアルミホイールなどの専用装備を鑑みると、WRX STI EJ20 Final Edition が、超お得仕様であるのは間違いない。

 しかし、どうしてもWRX STIを手にしたいというなら、ベースグレードの検討も十分ありだ。ただ限定車を入手したいと思うなら、即ディーラーに出向くべきだ。

 ただ同時に、抽選結果を待つ間、ぐっと予算を抑えて手に入るベースグレードという選択があることも忘れないで欲しい。

 【画像ギャラリー】WRX EJ20 Final EditionとタイプSを見る!! 

最新号

ベストカー最新号

【次期クラウンはマツダとコラボ!?】トヨタ巨大提携で生まれる新車|ベストカー 12月10日号

 ベストカーの最新刊が本日発売!  最新号では、トヨタと国内メーカーとの巨大提携によって生まれる新型車の重要情報をお届け。ベストカースクープ班が独占入手した情報を詳しく紹介する。   そのほか、ダイハツロッキー&トヨタライズDebu…

カタログ