【カローラがまさかの販売首位奪還!!】「昭和の車」 が根強く支持される理由

「昭和の車」が意外な健闘ぶりを見せている。

 現在、日本で売れている車といえば、トヨタのプリウスやシエンタ、そして日産のノートなど、平成以降に誕生したモデルばかりだ。

 そうしたなか、2019年9月17日に発売された新型カローラは発売後1ヵ月で約2万2000台を受注。

 そして、昨日11月7日に自動車販売協会連合会(自販連)が発表した10月の販売台数ランキングでは、シリーズ合計台数ながら、なんと登録車1位を奪還! 11年ぶりにカローラが販売No.1に返り咲いた。

 このほか三菱のデリカやトヨタのランドクルーザーなども平成以降の人気車に交じって堅調に売れている。生き残った「昭和の車」が根強く支持される理由とは?

文:御堀直嗣
写真:TOYOTA、編集部

【画像ギャラリー】今も生き残る「昭和の車」どれだけ変わった?? 初代と現在


最新号

ベストカー最新号

【新型Zの期待と不安】GT-Rに延命説浮上!|ベストカー 11月10日号

 ベストカーの最新刊が本日発売! 最新号では、事実上凍結されていた次期型日産GT-Rのモデルチェンジの最新情報をお届け。  そのほか、新型フェアレディZプロトタイプ、ホンダe、新型レヴォーグ、マイナーチェンジしたルーミーなど注目車種の情報か…

カタログ