【噂の新型はグランエースと別物!?】王者ハイエースの新型が海外向けと同じにならない訳

 東京モーターショー2019には、トヨタ グランエースが出展されて話題になった。ボディの基本部分は海外で売られるハイエースと同じだが、内外装は豪華に変更され、アルファード&ヴェルファイアの上級版という雰囲気だ。

 さて、そうなると気になるのは、日本向けの新型ハイエースがどうなるかということだ。

 2019年2月に海外向けの新しいハイエースが公開され、一部では同車が日本でも「新型ハイエース」になるとの報道も見られた。たしかにハイエースの現行モデル(日本仕様)は2004年発売と古く、新型の登場は近いとされる。

 ただ、実はこの「海外のハイエース」を、そのまま「日本の新型ハイエース」として販売するには難しい事情もある。自動車評論家の渡辺陽一郎氏が解説する。

文:渡辺陽一郎
写真:編集部、TOYOTA

【画像ギャラリー】日本&海外仕様ハイエースとグランエースを徹底比較!!


海外向けハイエースをベースに「新型グランエース」日本発売

海外仕様のハイエースをベースに開発された新型グランエース。全長5.3m、全幅1.9m超と巨大だが、アルファードとは異なる注目の高級ミニバン

 グランエースの正式発表は11月25日だが、販売店ではすでに受注を始めており、価格は3列シートの「プレミアム」が650万円、4列シートの「G」は620万円だ。

 アルファードにV型6気筒3.5Lエンジンを搭載する「GF」が532万4000円、豪華な「エグゼクティブラウンジ」が715万8800円だから、グランエースの価格はアルファードの上級グレードと同等になる。

 グランエースのボディは商用車のハイエースで、エンジンは直列4気筒2.8Lクリーンディーゼルターボだから、価格は600万円以下に収まるかと思ったが意外に高かった。

 グランエースのボディサイズは、全長が5300mm、全幅は1970mm、全高は1990mmに達するから、車内はかなり広い。3列シートの「プレミアム」は、2列目と3列目にアルファードの「エグゼクティブパワーシート」と同様の座席を装着した。

 アルファードでこのシートに座れるのは2列目の2名だけで、3列目の座り心地は大幅に悪化するが、グランエースなら2/3列目の4名が快適に移動できる。

 1列目も運転席を含めて不満はないから、6名が満足できるわけだ。5~6名で長距離を移動する機会の多いユーザーにとって、グランエースは魅力的だ。

日本向けの小型なハイエース廃止が「考えられない」訳

海外向けモデルのハイエース。写真のショートボディ・標準ルーフ仕様でも全長5265×全幅1950×全高1990mmと、現在の国内向けハイエースよりかなり大柄だ

 グランエースはリムジン感覚のミニバンだが、ベース車となる荷物を積むための海外版ハイエースは、日本国内で売らないのか。

 この点を販売店に尋ねると、

「海外で売られる大柄な商用車のハイエースは、国内で扱うかどうか分からない。仮に海外版ハイエースを日本に導入しても、4ナンバーサイズのハイエースを廃止することはない」

という。

 これは納得できるコメントだ。4ナンバーサイズ(乗用車の5ナンバーサイズと同じ規格)のハイエースバンは、商用車として絶大な支持を得ている。全長は4695mm、全幅は1695mmに収まり、最小回転半径は5.0mだから小回り性能はコンパクトカー並みだ。

 その一方で、ワンボックスバンだから荷室は広い。4ナンバーサイズのロングボディ「DX」でも、荷室長は3000mm、荷室幅は1545mm、荷室高は1335mm(全高が2mを超える1ナンバー車のハイルーフは1590mm)となる。

全長4.7m、全幅1.7m未満に収まる日本仕様のハイエース(標準ボディ・標準ルーフ仕様)。その使い勝手の良さで“働く車”として圧倒的な支持を誇る

 この広い荷室と、混雑した街中や駐車場での扱いやすさは、日本におけるビジネスと物流で優れた使い勝手を発揮する。従って4ナンバーサイズのハイエースを廃止することは考えられない。

 そして、現時点でもハイエースには、1ナンバー(※4ナンバーより大型の貨物自動車)のスーパーロングバンが用意されている。

 全長は5380mm、全幅は1880mmだからグランエースよりも長い。しかも前席がボディの前端に位置するワンボックスボディだから、荷室長は3540mmに達する。荷室幅も1730mmと広く、荷室高は1635mmと高い。これだけ荷室が広ければ、バンとして申し分ない。

 一方、グランエースのベースになった海外版のハイエースには、全長が5265mmのショートと5915mmのロングがある。全幅は1950mmで共通だ。

 荷室長の数値は、ショートが2910mm、ロングは3786mmだ。ボンネットを備えたボディだから、全長はショートでも5265mmに達するのに、荷室長は2910mmだから4ナンバーサイズのハイエースよりも短い。

 海外版のロングは荷室長が3786mmで、国内版のスーパーロングよりも長いが、全長も約6mに達する。トヨタ ダイナカーゴの2トン積み/ロングデッキと同等で、全幅は1950mmだからさらに広い。

「趣味の車」として活路? 海外ハイエースの日本導入あるか

2019年2月にフィリピンで世界初公開された“海外向け”の新型ハイエース。働く車=商用バンとしての日本導入は難しそうだが、レジャー用の乗用モデルとして日本にやってくる可能性はゼロではない

 以上のように海外版のハイエースは、ボンネットを備えるために、国内版に比べて空間効率が下がる。海外版では全長が5mを超えて車庫に入らないとか、今まで積めた荷物が収まらないという話になり、仕事で使う車としては成立しにくい。

 しかし、趣味の空間としてなら話は変わる。

 ボンネットを備えたミニバンスタイルなら、前席が日本版ハイエースのような前輪の上ではなく、前後輪の間に位置するから乗り心地を向上させやすい。

 前後方向の揺れが生じると、ワンボックスボディの前席では乗員の体が上下に揺すられるが、ミニバンスタイルなら不快に感じにくい。乗降性も良く、車内の移動もしやすい。乗用車としての魅力が備わる。

 また、キャンピングカーにアレンジする場合は、全長が5265mmのショートでは狭く、5915mmのロングが必要になるが、優れた居住性と併せて移動中の快適性も向上できる。

 車間距離を自動制御できるレーダークルーズコントロールなども装着されると、上質なキャンピングカーに改造できるだろう。

 今は4ナンバーサイズのハイエースをベースにしたキャンピングカーが多い。ダイナから荷台をはずしたキャンピングカーのベース車両も、カムロードとして供給されている。

 トヨタのキャンピングカーは充実しているが、ボンネットを備えたボディも含めて、海外版ハイエースに魅力を感じるユーザーもいるだろう。

 まずはグランエースを販売しながらリサーチを行い、海外版ハイエースの導入も検討して欲しい。

【画像ギャラリー】日本&海外仕様ハイエースとグランエースを徹底比較!!

最新号

ベストカー最新号

【GT-Rファイナル登場か!?】ガソリンエンジンの逆襲!!|ベストカー 2020年1月10号

 ベストカーの最新刊が本日発売!    最新号では、 巻頭スクープで『ガソリンエンジンの逆襲』と題し、GT-Rファイナルエディション、レクサスLC Fなど注目車の存在をキャッチ。ベストカースクープ班が独占入手した情報を詳しく紹介する。  そ…

カタログ