王者ハイエースの新型が海外向けと同じにならない訳 噂の新型はグランエースと別物!?

 東京モーターショー2019には、トヨタ グランエースが出展されて話題になった。ボディの基本部分は海外で売られるハイエースと同じだが、内外装は豪華に変更され、アルファード&ヴェルファイアの上級版という雰囲気だ。

 さて、そうなると気になるのは、日本向けの新型ハイエースがどうなるかということだ。

 2019年2月に海外向けの新しいハイエースが公開され、一部では同車が日本でも「新型ハイエース」になるとの報道も見られた。たしかにハイエースの現行モデル(日本仕様)は2004年発売と古く、新型の登場は近いとされる。

 ただ、実はこの「海外のハイエース」を、そのまま「日本の新型ハイエース」として販売するには難しい事情もある。自動車評論家の渡辺陽一郎氏が解説する。

文:渡辺陽一郎
写真:編集部、TOYOTA

【画像ギャラリー】日本&海外仕様ハイエースとグランエースを徹底比較!!


最新号

ベストカー最新号

【新型Zの期待と不安】GT-Rに延命説浮上!|ベストカー 11月10日号

 ベストカーの最新刊が本日発売! 最新号では、事実上凍結されていた次期型日産GT-Rのモデルチェンジの最新情報をお届け。  そのほか、新型フェアレディZプロトタイプ、ホンダe、新型レヴォーグ、マイナーチェンジしたルーミーなど注目車種の情報か…

カタログ