市販前提!? 日産 IMkが大ヒット間違いない理由とは?


 先日終了した東京モーターショーで登場した日産IMk。筆者を含め、デイズルークスの後継車だと考えていた方は多いだろう。

 しかし、関係者によると、ルークスとしてではなく、どうもこのまま軽規格EVとして登場するという説がある。

 となると、この軽EV、日本国内で大ヒットする可能性がある。日産関係者から聞いた生の声を元に、元日産エンジニアの筆者が考察する。

 文;吉川賢一、写真:日産、ベストカー編集部

 【画像ギャラリー】軽EV ニッサンIMkとアリア コンセプトを見る!!


ニッサンIMkをこのタイミングで出した理由とは?

 今回の東京モーターショーにおいて、EVのコンセプトカーは他メーカーからも多く出品されていた。

 数年前までのフワフワとしたEV像とは違い、今回はマツダのMX-30など、直ぐにあのままのスタイルで登場してもおかしくないほどに作りこまれたクルマが登場してきている。

東京モーターショーで行われた日産記者会見の様子

 日産が発表したIMkアリア コンセプトもまた、良く作りこまれたコンセプトカーだ。

 筆者の経験上、あのクオリティまで作りこまれたコンセプトカーは、既にプロトタイプカーに近いレベルにまで、開発が進んでいることが多い。

 より具体的な話をお聞きしようと、日産関係者にヒアリングをした。

日産関係者に話を聞いてみると…

IMk

 筆者「まず、IMkは新型ルークスではないのでしょうか?」

 担当「それについては将来の商品計画になりますのでお答えできないのですが、弊社の中期経営計画で、“今後EVを出していく”と宣言していますので、その方針に従って進めていると考えていただければと思います。」

 筆者「ということは、IMkアリア コンセプトもあのままEVとして登場するということでしょうか?」

 担当「その件に関しましてもお答えできかねます。アリア コンセプトIMkとは断言できませんが、方向性はあっていると考えています。詳しくは私も分かっていないのです。」

アリアコンセプト

 筆者「なるほど。ただ、私の経験上、エクステリアが現実味のある形で作りこまれたコンセプトカーは、ほぼその姿で出ることが多いですよね。今回のIMkアリア コンセプト、どちらもデザインの完成度が非常に高く見えます。」

 担当「お褒めいただきありがとうございます。ズバリお答えできないのですが、どちらも日産らしく、クオリティ高く作り込んだクルマです。」

次ページは : 軽自動車のEVは大人気となる兆し

最新号

ベストカー最新号

【新型86/BRZ 世界初公開】5ドアジムニー最新情報入手!!|ベストカー5月10日号

ベストカー5月10日号、本日発売!! 4月5日に全世界公開されたばかりの新型トヨタ86/スバルBRZの情報をベストカー本誌の独自視点で分析します!5ドアジムニー最新情報も登場。

カタログ