不朽の名門車 パジェロがパリダカで残した伝説と栄光


■ワークスの解散、そしてパジェロは絶版に

 三菱自動車は、2000年と2004年に大規模なリコール隠しが発覚、その後は経営状態が芳しくありませんでした。

 また、日本の国内経済全体も下降線をたどっていた時期で、レースシーンで活躍していた他の自動車メーカーのワークスチームが次々と解散していく状況の中、三菱も2008年のパリダカ参戦を最後に、ワークスチームは解散となりました。

2006〜2019年(4代目)

 その後は、自動車業界全体が、環境性能優先主義へとシフトし、衝突安全基準の強化、および歩行者保護などの流れが強まっていきました。

 そんな中でも、年次改良も行いながら、細々と販売していたパジェロでしたが、2019年8月、ついにその歴史に幕を閉じることとなったのです。

■まとめ

 栄光の歴史から、本格クロカンSUVとして名声をほしいままにしてきたパジェロは、数々の伝説を残しました。

 世界の名車の一つとして、後世に語り継がれるクルマとなるでしょう。三菱のフラッグシップSUVとして果たした役割は大きく、「パジェロの伝説」は、今後の三菱のクルマ作りにも、きっと受け継がれていくことでしょう。

【画像ギャラリー】まさに歴史に名を刻んだ1台!!! 歴代パジェロたちの姿をギャラリーでチェック!!!

◎ベストカーwebの『LINE@』がはじまりました!
(タッチ・クリックすると、スマホの方はLINEアプリが開きます)

最新号

ベストカー最新号

【新型プリウス デザイン判明!!】 EVスポーツで「セリカ」復活|ベストカー6月10日号

集中BIG特集「ホットハッチ世界大戦」。カラー14ページでド~ンと!  季節は初夏。「ホット」なハッチで熱く走ろう!実用性と走りの楽しさを兼ね備えたクルマ、ホットハッチ。マルチな性能だっていかんなく発揮します。そんなホットハッチを取り上げる…

カタログ