グランエースはアルファードと何が違う!?2019年12月16日販売開始!!

グランエースはアルファードと何が違う!?2019年12月16日販売開始!!

 第46回東京モーターショー2019には、市販予定のさまざまなプロトタイプ(試作車)が出展された。その中でも特に注目されたのがトヨタのグランエースであった。

 トヨタはアルファード/ヴェルファイアでLクラスミニバンマーケットを席巻し、圧倒的な販売をマークしている。さらに大きいグランエースを投入してきたが、グランエースの新車紹介をするだけでなく、アルファード/ヴェルファイアとは何が違うのか? 日本で受け入れられるのか? といった点を渡辺陽一郎氏が考察する。

文:渡辺陽一郎/写真:TOYOTA、MERCEDES-BENZ

【画像ギャラリー】アルファード/ヴェルファイアを超える超高級ミニバンのグランエース


グランエースは商用車ベース

アルファード/ヴェルファイアよりも大きい全長5300×全幅1970×全高1990mmの超Lクラスミニバンとして12月16日から日本で販売を開始

 全長が5300mm、全幅は1970mm、全高は1990mmに達する大柄なミニバンで、同じトヨタのアルファード&ヴェルファイアとは素性が違う。グランエースは、タイやフィリピンで販売される海外版ハイエースをベースに開発されたからだ。

 商用車ベースのミニバンだから、駆動方式は後輪駆動だ。4WDは用意されない。ボディの下側に耐久性の高いラダーフレームを備え、ここにエンジン、サスペンション、ボディなど架装している。

アルファード/ヴェルファイアが乗用車ベースのFFなのに対し、グランエースのベースとなったのは写真の海外版ハイエースゆえ、駆動方式もFRとなる

 サスペンションは前輪がストラット、後輪はトレーリングリンクを備えた車軸式だ。スプリングはすべてコイルとなる。

 ボディが大柄でホイールベース(前輪と後輪の間隔)も3210mmと長いが、後輪駆動で全幅はワイドだから、前輪の最大舵角を大きく確保できた。そのために最小回転半径は5.6mに抑えている。

ディーゼルの大トルクが魅力

 エンジンは直列4気筒2.8Lクリーンディーゼルターボだ。ランドクルーザープラドが搭載するのと同じタイプで、最高出力は177馬力(3400回転)、最大トルクは46.1kg-m(1600~2400回転)となる。典型的なディーゼルエンジンで、実用回転域の駆動力を高めた。尿素水溶液を使い、窒素酸化物の浄化性能を向上させている。

 最大トルクの数値は、ガソリンエンジンに当てはめると4.5L並みで、車両重量が2740~2770kgという重いボディに適する。トランスミッションは6速ATだ。

車重は2740~2770kgとアルファードより約600kg重い超重量級ボディながら、46.1kgmのビッグトルクの2.8Lディーゼルターボを搭載してカバー

プレミアムは2×3の豪華6人乗り

 グランエースで注目されるのは、広くて豪華な室内だろう。全長がアルファード&ヴェルファイアと比べても350mmほど長く、大容量の室内を確保した。

 グレードは車内の造りに応じて2種類が用意され、乗車定員が6名のプレミアム(価格は650万円)と8名のG(620万円)がある。

上級グレードのプレミアムは2×3列の6人乗りとなる。すべてのシートが独立しているのも魅力で、快適な室内空間を実現している

 注目されるのは上級のプレミアムだ。2人掛けの3列シートだから、乗車定員は6名になる。2列目と3列目には、アルファード&ヴェルファイアの2列目と同様のエグゼクティブパワーシートを装着した。

 このシートは両側に固定されたアームレストを備える豪華な造りで、座面の下側からはオットマンが持ち上がり、膝から先をサポートする。オットマンやリクライニングの調節は電動式だ。格納式のテーブルも備わり、2/3列目の両方とも快適に座れる。

プレミアムの2列目、3列目とも両側に固定されたアームレストが装着され、飛行機のファーストクラスのシート並みの快適性をもつ

次ページは : 2×4の8人乗りもラインナップ

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

ベストカー最新号

GR86の4ドアモデル、出る!! 三菱トライトンを雪上初テスト! 注目情報を満タンでお届け「ベストカー3月10日号」

新型スズキスイフト、レクサスLBXなど注目の新型車が続々登場! 「ベストカー3月10日号」! 今年も名物企画「雪上テスト」開催! 三菱トライトンの実力をいち早く丸裸にしたぞ!