グランエースはアルファードと何が違う!?2019年12月16日販売開始!!


商用車ベースだが豪華なインパネ

 インパネの基本レイアウトは、商用車の海外版ハイエースと同じだが、装飾類の見栄えは大幅に違う。グランエースではドアトリムなどに合成皮革を使い、サテンメッキの装飾も豊富に装着して質感を高めた。

アルファード/ヴェルファイアをも凌駕するレベルの豪華さを誇るグランエースのインパネ周り。計器類も整然と配置され操作性もよさそう

 インパネ中央のパネルには傾斜が付けられ、操作性を向上させている。ストレートに動かすATレバーも使いやすく、自発光式オプティトロンメーターも見やすい。メーターフードには表皮を巻いて、糸を使う本物のステッチ(縫い目)をあしらった。ステアリングホイールも本革巻きで、部分的に木目調となる。

 このほか車内にはLEDを使った読書灯や各種イルミネーションが豊富に備わり、空調は前後席ともにオートエアコンが装着される。インパネには8インチのディスプレイオーディオ、DCM(専用通信機能)などが備わる。

安全装備で快適ドライブ

 安全装備も充実させた。衝突被害軽減ブレーキ(緊急自動ブレーキ)は、センサーにミリ波レーダーと単眼カメラを併用して、歩行者、自転車、車両を検知できる。後方の並走車両などを知らせるブラインドスポットモニター、後退時の事故を防ぐリヤクロストラフィックオートブレーキなども標準装着した。

 運転支援機能では、車間距離を自動調節できるレーダークルーズコントロールなども備わり、長距離を移動する時も快適だ。

現代のクルマとして安全装備は当然充実しているが、ロングボディということでリアカメラの映像をミラーに移してくれる便利機能は重宝するはず

次ページは : アルファードと比べて高いのか?

最新号

ベストカー最新号

【2022年夏登場か!?】新型カローラスポーツGRを独占スクープ!!|ベストカー5月26日号

水野和敏が斬る!!「ボルボXC40リチャージ&三菱エクリプスクロスPHEV」  大人気連載の『水野和敏が斬る!!』はボルボXC40リチャージと三菱エクリプスクロスPHEVの2台を試乗&チェックしています。  この2台に共通するのは、プラグイ…

カタログ