【寒い季節に必須対策! 】エンジンフードに小動物を入れない対策を!! 

 JAFによると、2019年1月1日~1月31日の1か月間で、ドライバーから「エンジンルームに動物が入り込んでしまった」との要請があった件数は27件。このうち“猫”が25件だったとのこと。

 暖かくて狭い場所を好む猫にとって、エンジンルームは居心地がいい場所。しかも、猫は気に入った場所には何度も戻ってくる習性があるため、一度お気に入り認定されてしまうと、ちょっと困ったことにも。

 動物の命と愛車を守るため、私たちは、どういった対策ができるだろうか。

 文:吉川賢一、写真:日産、三菱、いらすとや、ベストカー編集部


なぜ動物はエンジンフードに入るのか? 

天候が悪い時や、冬になると、 エンジンフード内の様々な機器の隙間に
猫、もしくは動物が侵入しやすい。

 人の往来の少ない場所に駐車した車のエンジンフードは、動物にとって居心地が良い空間だ。

 狭く入り組んでいて外敵から身を隠しやすく、雨風もしのげ、安心して過ごす事が出来てしまう場所なのである。

 寒い日に暖を取りに来ることもあるし、暑い日の日差しを避けるようにエンジンルームに潜ることも。静かな環境で、落ち着いて眠ることができる場所を求め、入り込むこともある。

 ちなみに、エンジンフードに潜りやすい動物は、猫のほかには、ヘビ、ネズミであるが、中には鳥が巣を作っていたという事例もある。

エンジンフードに入れない対策は?  

 クルマは、下からエンジン回りを見上げると、サスペンションやエンジン、ステアリングラック、トランスミッションなど、車のパーツが密集していているものの、エンジンの熱を逃がすために、僅かながら隙間がある。

 意味のある隙間なのだが、このわずかな隙間から、動物たちは入ってしまう。

 ちなみに、大人の猫には狭すぎて入るのが難しいため、エンジンフード内に入ってしまう猫の9割を占めるのは子猫のようだ。

対策1「猫バンバン」

 最も手軽に出来るのはボンネットを叩くこと。

 通称「猫バンバン」。日産自動車は、2015年から公式Twitterで「#猫バンバン」を発信、猫も人も安心して過ごせる社会を目指し、オリジナルロゴデータを無償配布するなどして、普及に努めている。

#猫バンバン
オリジナルロゴデータ

 ただし、強く叩きすぎるのは逆効果。怖がって、奥に入り込んでしまう可能性があるため、あくまでも動物に知らせるイメージで、やさしく叩くのがコツだ。

 ちなみに猫バンバンすることで、居心地が悪く、嫌な場所として猫に認識してもらう、という効果もある。駐車場や近所で猫をよく見かけるという方には、ぜひ心がけてもらいたい。

#猫バンバンプロジェクトムービー

対策2「超音波発生器を使う」

 ここ数年、車の動物侵入対策で注目されているのが、超音波発生器だ。

 この超音波発生器が有効な理由は、人間にはない動物の体のつくりにある。例えば猫の場合、人間が14k~20kヘルツ(Hz)程度の音までしか聞き取れないのに対して、猫は100kヘルツ程度の周波数まで聞こえる。

 つまり、20k~100kヘルツの音は、人間が聞きとれず、猫は聞き取ることができる。その周波数の音(超音波)を大きな音で流すことで、嫌がって近づかないようにするのが、超音波発生器だ。

超音波発生器にびっくりする猫(イメージ画像)

 ただし機種によっては、耳がいい人には聞こえてしまうということもある。超音波発生器の周波数の下限が18kヘルツの機種の場合、いわゆるモスキート音が、人によっては聞こえてしまう。

 せっかく購入しても、モスキート音が聞こえるようでは、他人に迷惑をかけてしまうので、購入時は注意が必要だ。

 少し値段が高め(10,000円程度)の機種であれば、高い周波数帯の音を発生させることができるので、検討してみてほしい。

 ちなみに、動作条件は機種によって多少異なるが、イグニッションをOFFにしてから一定時間経過すると起動し、定期的に動作を繰り返すというのが一般的な機能だ。

 クルマを長期間使わない場合は、バッテリー負荷の軽減のため、次にクルマを使う時まで機能をオフにする等が望ましい。

 さらには、超音波発生器は、エンジンフードへの侵入対策だけでなく、自宅の庭への侵入も防げるところもポイントだ。小動物によって、庭に糞をされて困っている等、そういった現象もあるならば、超音波発生器の使用はおすすめだ。

まとめ

 他にも、クラクションを鳴らす、もしくは、ドアを強めに閉める、木酢液、コーヒーの出がらしなどを、車の周りにまいておくという方法もある。

 ただし、これらの方法は一時期には来なくなっても、その匂いがなくなるとまたやってくるということもあるので注意が必要だ。

 動物がエンジンルームに入り込むのは冬だけではない。JAFによると、エンジンルームへの動物の侵入による要請は、1年を通してあるが、寒い冬は特に注意が必要。

 悲惨な事故を防ぐため、駐車場付近で猫をよく見かけるようであれば、ボンネットを叩くだけでなく、ボンネットを開けて確認することも必要かもしれない。

最新号

ベストカー最新号

【スクープ!】新型ランクルプラド&ランクル300に新情報|ベストカー12月26日号

ベストカーの最新刊が本日発売!最新号では、ランドクルーザープラドとランドクルーザー300の最新情報をお届け。

カタログ