【寒い季節に必須対策! 】エンジンフードに小動物を入れない対策を!! 


 JAFによると、2019年1月1日~1月31日の1か月間で、ドライバーから「エンジンルームに動物が入り込んでしまった」との要請があった件数は27件。このうち“猫”が25件だったとのこと。

 暖かくて狭い場所を好む猫にとって、エンジンルームは居心地がいい場所。しかも、猫は気に入った場所には何度も戻ってくる習性があるため、一度お気に入り認定されてしまうと、ちょっと困ったことにも。

 動物の命と愛車を守るため、私たちは、どういった対策ができるだろうか。

 文:吉川賢一、写真:日産、三菱、いらすとや、ベストカー編集部


なぜ動物はエンジンフードに入るのか? 

天候が悪い時や、冬になると、 エンジンフード内の様々な機器の隙間に
猫、もしくは動物が侵入しやすい。

 人の往来の少ない場所に駐車した車のエンジンフードは、動物にとって居心地が良い空間だ。

 狭く入り組んでいて外敵から身を隠しやすく、雨風もしのげ、安心して過ごす事が出来てしまう場所なのである。

 寒い日に暖を取りに来ることもあるし、暑い日の日差しを避けるようにエンジンルームに潜ることも。静かな環境で、落ち着いて眠ることができる場所を求め、入り込むこともある。

 ちなみに、エンジンフードに潜りやすい動物は、猫のほかには、ヘビ、ネズミであるが、中には鳥が巣を作っていたという事例もある。

エンジンフードに入れない対策は?  

 クルマは、下からエンジン回りを見上げると、サスペンションやエンジン、ステアリングラック、トランスミッションなど、車のパーツが密集していているものの、エンジンの熱を逃がすために、僅かながら隙間がある。

 意味のある隙間なのだが、このわずかな隙間から、動物たちは入ってしまう。

 ちなみに、大人の猫には狭すぎて入るのが難しいため、エンジンフード内に入ってしまう猫の9割を占めるのは子猫のようだ。

次ページは : 対策1「猫バンバン」

最新号

ベストカー最新号

【新型86/BRZ 世界初公開】5ドアジムニー最新情報入手!!|ベストカー5月10日号

ベストカー5月10日号、本日発売!! 4月5日に全世界公開されたばかりの新型トヨタ86/スバルBRZの情報をベストカー本誌の独自視点で分析します!5ドアジムニー最新情報も登場。

カタログ