【もうすぐで年末年始】JAFに来た面白い依頼内容 6選


 日本のどこかの道で日々活躍しているJAF(正式名称は日本自動車連盟)。ピンチの時に電話一本で駆けつけてくれる彼らには、お世話になったことがある方なら頭が下がる思いだろう。

 そのJAFによると、2018年のJAFロードサービス出動件数は、合計で228万6043件。なんと13.8秒に1件の割合で出動しているという。

 その救援内容でもっとも多いのが、「バッテリー上がり」で、続いて「タイヤのパンク」、「キーとじ込み」であるそう。しかし中にはこんな珍案件もあるようだ。

関連記事はこちら→安心安全のためにJAFに入るには…? 入るとどんないいことが…?? 

文章:吉川賢一、写真:ベストカー編集部


機械式駐車場でクルマが真っ逆さまに!?

 「クルマは絶対にMT!」というHさん夫妻。夫婦ともにベテランドライバーで、奥さんが自宅の機械式駐車場に車を止め、昇降機のボダンを押してクルマが1mほど上昇したときに、それは起こった。

 なんとクルマが少しずつ前進してきたのだ。そしてクルマは頭から落ち、垂直に逆立ちしている形になってしまったそう。

 サイドブレーキの引きが甘かったことが原因だったようだが、JAFはこのトラブルを2台のレッカー車をつかって救援したとのこと。

壊れたわけではないけれど…

 譲ってもらったバイクで沢に降りたIさん。ところが、意外と沢が広く、そのまま進むのは無理だったため戻ろうとした。

 しかしそこは、25度程度もの急傾斜の砂利道の林道。戻るどころか後ろ向きに林道に落っこちてしまって、JAFを呼ぶことに。故障などの技術的な問題はなかったため、暑さと蚊と戦いながら、人力作戦で救出されたとのこと。

次ページは : クラッチを踏んだら折れてしまった

最新号

ベストカー最新号

【新型ランクルプラド 来年夏登場】新型86&BRZ初試乗!!|ベストカー8月26日号

本日、ベストカー8月26日号発売!! ランクルプラド、アルファードの次期型最新情報から、新型86&BRZ初試乗、シボレーコルベット公道初試乗など盛りだくさんの内容でお届けします!

カタログ