【もうすぐで年末年始】JAFに来た面白い依頼内容 6選


クラッチを踏んだら折れてしまった

 お盆休みに帰省してきた孫たちを、15万キロ以上乗り続けている愛車で駅に迎えに行ったTさん。

 途中、信号の手前でギアを入れ替えようとクラッチを踏んだところ、ボキッと音が…。なんとクラッチベダルが折れて戻らなくなってしまったのだ。

JAFのおかげで一安心。

 お盆休みのため、いつも使っている修理工場もディーラーもお休み。途方に暮れたTさんだったが、JAFの隊員が、自宅にレッカー移動してくれる途中で、自宅近くでお盆でも営業している修理工場を紹介してくれた。

 そしてその修理工場が貸してくれた代車で、無事にお孫さんたちとお盆休みを堪能できたそうだ。

狭い道にクルマがぴったりハマってしまった

 おばあちゃんを家の前まで迎えに行こうと、石垣と高いブロック塀に挟まれた狭い坂道をクルマで登っていたMさん。

 家の前で、その狭い坂道から、車をバックで家の敷地へ入れようとした。道が狭いため、何度か切り替えをしているうちに、なんとクルマが道を塞ぐかたちで、ぴったりとハマってしまったのだ。

 どうにも動けなくなってしまったMさんは、JAFに救援要請。JAFの隊員は、スキマがない状態のために、車輪がついているガレージジャッキを車の下に入れて、平行にずらすような形で車を脱出させたそう。

次ページは : あわや大惨事に…