【キューブ、VW、BMW…】 高騰間違いなし!? 狙い目中古ヴィンテージモデル 15選


■高騰の余地は充分あり! ポルシェ968

「3Lの直4」という少々変わった方式のエンジンを搭載した1991年登場のFRスポーツ。エンジンにはポルシェ独自の可変バルブタイミング機構「ヴァリオカム」が採用されている。

 相場はすでに若干高騰しており、ひと昔前は200万円級だったが最近はおおむね300万円台。

 だが「最後のポルシェ製水冷FRスポーツ」という付加価値と、今となっては小ぶりなスリーサイズ、そしてキレのいい走りから考えると“さらなる高騰余地”は充分残っているはず。

●価格:340万~400万円

■買うなら今がチャンス VW ゴルフII

 1983年から1992年にかけて販売された2代目のフォルクスワーゲン ゴルフ。これまた昔と比べれば相場はプチ高騰しているが、まだまだプチレベルで、車両価格70万円あたりから探すことができる。

 最新世代のゴルフと比べるとあまりに華奢で、先進装備の類は何ひとつ付いていない。だが「しっかりした走り」というゴルフの本質部分は、この2代目でもある意味同様。

 周囲のクルマが豪華になっていけばいくほど、このクルマの“シンプルさ”が見直されるだろう。

●価格:60万~150万円

次ページは : ■プチ高騰中! VW ゴルフ カブリオ(初代)

最新号

ベストカー最新号

【2022年夏登場か!?】新型カローラスポーツGRを独占スクープ!!|ベストカー5月26日号

水野和敏が斬る!!「ボルボXC40リチャージ&三菱エクリプスクロスPHEV」  大人気連載の『水野和敏が斬る!!』はボルボXC40リチャージと三菱エクリプスクロスPHEVの2台を試乗&チェックしています。  この2台に共通するのは、プラグイ…

カタログ