【ヤリス フィット RAV4 フリード シエンタ…】クルマ選びの迷いを断て!! 11対決 ここが決め手!!!


 俗に「ライバルカー」と呼ばれるクルマたちや、同じモデルでも近接するグレードは、いざ買うぞ! と心を決めたときの一番の悩みどころかもしれない。

 ヤリスとフィット(発売日まで近いときた)。RAV4の2.0Lガソリンと2.5Lハイブリッド。はたまた、ロッキーとクロスビーなら? シエンタとフリードはどうだ?

 そんなライバルカー11組の購入の決め手を、死ぬほど悩んで失敗も重ねてきた(!?)自動車評論家4名が解説。

【画像ギャラリー】悩むのもまた愉し…11対決のラインナップをギャラリーでチェック!!

※本稿は2019年11月のものです
判定人:国沢光宏、渡辺陽一郎、清水草一、木下隆之/写真:ベストカー編集部
初出:『ベストカー』 2019年12月26日号


■ROUND 01/トヨタ 新型ヤリス VS ホンダ 新型フィット

1L&1.5Lのガソリンと1.5Lハイブリッドが用意されるヤリス。来年2月発売

VS

フィットのパワーユニットは1.3Lガソリンと、1.5Lベースの2モーター式ハイブリッド。こちらも来年2月登場

●悩んで当然、日本を代表するコンパクト対決。どっちを選ぶべき!?

〈判定人/渡辺陽一郎〉

 フィットは従来型と同様、燃料タンクを前席の下に搭載する。全高を立体駐車場が使える数値に抑えたコンパクトなボディだが、空間効率が優れ、車内も広い。

 後席の頭上と足元に充分な余裕があり、大人4名が快適に乗車できる。後席を畳めばボックス状の広い荷室に変更できる。

 ヤリスは従来型のヴィッツに比べて、後席の足元空間が狭くなった。走りとボディスタイルを重視する。

 したがって内装の質、走行安定性、操舵感はヤリスが勝る。後席と荷室を重視しないユーザーにはヤリスを推奨するが、実用性まで含めた総合性能はフィットが優れている。

◎結論!

 走りを重視するならヤリスだが、総合性能で評価するならバランスのいいフィット!


次ページは : ■ROUND 02/ホンダ フリード(MC後) VS トヨタ シエンタ

最新号

ベストカー最新号

【新型86/BRZ 世界初公開】5ドアジムニー最新情報入手!!|ベストカー5月10日号

ベストカー5月10日号、本日発売!! 4月5日に全世界公開されたばかりの新型トヨタ86/スバルBRZの情報をベストカー本誌の独自視点で分析します!5ドアジムニー最新情報も登場。

カタログ