最新BMW1シリーズ試乗!! FFになってどう変わった??


■エントリーモデル118iに試乗

 まずは、エントリーモデルの118i(直3、1.5Lターボ140ps/22.4kgm)に乗ってみる。

 このエンジンは、基本的に先代でも使われていたユニットだが、新型では横置き搭載となったこともあり、アイドル振動の抑制がより巧み。

歴代初のFFとなった新型BMW118iの走りについて、鈴木直也氏は「激戦区のCセグFFハッチモデルとしてはいたって標準」との評価。雨中での試乗となったが、操舵フィールの軽やかさはBMWならでは

 走り出しても好印象はそのままで、5000rpm程度までスムーズなトルクカーブを描いて吹き上がる。

 ATは7速DCTが組み合わされるが、発進もシフトアップもスムーズで、「あれ? トルコンステップATだっけ?」とスペックを確かめ直したほど。

 DCTというと“切れ味”が強調されるケースもあるが、新型118iはいたって素直なドライバビリティに躾けられている。

 ハンドリングと乗り心地については、CセグのFFハッチバックとしてアベレージという印象だ。

新型118iの直3、1.5L DOHCターボは140ps/22.4kgmを発揮する。先代型よりも洗練されているのが特徴だ

 操舵フィールは軽やかで、全体にサスペンションもよく動いているが、やや腰高でリアの荷重がフッと抜け気味になるフットワークは、FRの先代にはなかった感覚。

 ここだけは先代F20型ユーザーが一矢報いた! と感じる部分だ。

■「走り」にこだわる人には直4 2LターボのM135i xDrive

 こういった「走り」にこだわりたい人向けには、M135i xDrive(直4、2Lターボ 306/45.9kgm)を選ぶしかない。

 4WDということもあり、M135iの走りは118iとはまったく別物だ。パワー/トラクションはもちろんだが、手応えの確かな操舵フィール、ドシッと低く構えた接地感、コーナーの立ち上がりでガンガン踏んで行ける旋回性など、ダイナミック性能のレベルが圧倒的に違う。

M135i xDrive。価格は630万円。直4、2LDOHCターボは306ps45.9kgmを誇る

 先代F20型では118iとM140iの差はそこまで大きくなかったが、新しいF40型1シリーズで「駆け抜ける歓び」を求めるなら、M135iが必須という印象。

 630万円というプライスタグに目をつぶれば、ぼくは「コイツが欲しい!」と思った次第でございます。

ここまでのパワー&トルクだとさすがに2WDではなく4WDに

■BMW118i Play主要諸元
全長×全幅×全高:4355mm×1800mm×1465mm
ホイールベース:2670mm
車重:1390kg
エンジン:直3DOHCターボ
総排気量:1498cc
最高出力:140ps/4600rpm
最大トルク:22.4kgm/1480~4200rpm
トランスミッション:7DCT
駆動方式:FF
JC08モード燃費:16.8km/L
WLTCモード燃費:13.7km/L
価格:375万円

【画像ギャラリー】BMWファンを、クルマ好きを納得させられるのか!? 新型1シリーズの画像を ギャラリーでチェック!!!

◎ベストカーwebの『LINE@』がはじまりました!
(タッチ・クリックすると、スマホの方はLINEアプリが開きます)