新型ノート キックス…さらなる新車も今年登場!! 日産&三菱 2020年の大攻勢


 カルロス・ゴーン氏失脚後、新たな体制が発表されたのも束の間、関潤副COOの退任、楽器ケースに入って出国(?)など、再び五里霧中に迷い込んでしまった感のある日産、そしてアライアンス体制。2020年はどうなるのか?

 しかし、昨年(2019年)の今頃を思い起こせば、これまた「一体これからどうなるんだ」という不安だらけの空気のなか、デイズ&eKワゴン(とeKクロス)の発表(3月)でもって見事な船出を果たして見せたことが思い出される。

 日産&三菱の2020年の新車予定を総まとめ。今回の局面も簡単ではないだろうし、個人的には車種の絞り込みにどうしても疑問を禁じ得ないわけではないが、ここからの再起を強く期待している。

■2020年 日産&三菱 新車カレンダー
・3月 日産 デイズルークス&三菱 eKスペース
・4月 日産 キックス
・9月 日産 ノート
・10月 三菱 アウトランダーPHEV
・12月 日産&三菱 新型軽EV
・年内登場? 日産 エクストレイル
※いずれも予定。

【画像ギャラリー】果たして今年はどうなる!? 日産&三菱の2020年ラインナップをギャラリーでチェック!!

※本稿は2019年12月のものです。新車スケジュールは2019年12月時点で当編集部および流通ジャーナリストの遠藤徹氏が、各メーカーや新車販売店に取材した結果を反映したものであり、発売日が近づくことによって流動する可能性があります。新型車の発表スケジュールについては、新情報が入り次第更新していきます
文:ベストカー編集部/写真:NISSAN、ベストカー編集部
初出:『ベストカー』 2020年1月26日号


【2月&3月登場予定!】期待のスーパーハイト軽がいよいよ登場! 日産 デイズルークス&三菱 eKスペース

 2019年の東京モーターショーでは三菱ブースで「スーパーハイト軽ワゴンコンセプト」として出展されていたが、誰がどこから見ても新型eKスペースであることがわかるクルマだ。

東京モーターショーに出展された新型eKスペース。全高は1800mm前後となる(2月登場予定)

 ベースとなるデイズ/eKシリーズ同様、日産が開発を担当し、三菱はOEMという関係性に変化はない。

 ボディサイズの詳細は明らかにはされていないけれど、全長3395mm、全幅1475mmの軽自動車サイズで、全高は1800mm前後となる。ホイールベースはデイズ/eKと同じ2495mmなので、現行型と比べて65mm長く、特に後席足元のスペースが大きく拡大される。

 搭載されるエンジンは日産の開発による直列3気筒659ccのNA(52ps/6.1kgm)とターボ(64ps/10.2kgm)。

開発の中心となった日産ブランドの「デイズルークス」は3月登場予定だ

【4月登場予定!】ジュークに替わるコンパクトSUV 日産 キックス

 欧州では新型ジュークが2019年9月に登場したが、北米や日本に導入されることはなく、日本では間もなく販売終了予定。

 ジュークに替わるコンパクトSUVとして投入されるのがこのキックス。

 全長4295mm、全幅1760mm、全高1590mmでジュークとほぼ同サイズながら個性的なジュークと比べるとオーソドックスなフロントマスク。パワートレーンは1.5L NA、1.6Lターボ、さらにe-POWERも設定される。

ジューク後継としてユーザーに受け入れられるだろうか?

次ページは : 【9月登場予定!】人気のe-POWERをさらに強化 日産 ノート

最新号

ベストカー最新号

【新型86/BRZ 世界初公開】5ドアジムニー最新情報入手!!|ベストカー5月10日号

ベストカー5月10日号、本日発売!! 4月5日に全世界公開されたばかりの新型トヨタ86/スバルBRZの情報をベストカー本誌の独自視点で分析します!5ドアジムニー最新情報も登場。

カタログ