N-BOXはなぜ勝ち続けられるのか? 令和の販売王者を徹底分析!!

 ホンダのスーパーハイトワゴン軽自動車のN-BOX&N-BOXカスタムは2011年にデビューした初代、2017年にデビューした2代目の現行とも大人気で、2019年も年間販売台数のトップとなった。

 全軽自協の統計データによれば、2019年1~12月の累計販売台数は25万3500台をマーク。軽自動車2位のダイハツタントの17万5292台に大きく差をつけ、登録車でナンバーワンとなったトヨタプリウスの12万5587台(自販連公表データ)の2倍強という凄い台数なのだ。

 本企画では日本で一番売れているN-BOXの販売データを見ればクルマ界のトレンドがわかる、ということで、N-BOX&N-BOXカスタムの販売データを検証してみたい。

※販売データは本田技研工業広報部算出のものを使用。小数点以下を丸めているため、各比率の合計が100%にならない場合もある

文:永田恵一/写真:HONDA、ベストカー編集部

【画像ギャラリー】スクープ情報付き!! 百花繚乱のスーパーハイトワゴン軽自動車


最新号

ベストカー最新号

【新型Zの期待と不安】GT-Rに延命説浮上!|ベストカー 11月10日号

 ベストカーの最新刊が本日発売! 最新号では、事実上凍結されていた次期型日産GT-Rのモデルチェンジの最新情報をお届け。  そのほか、新型フェアレディZプロトタイプ、ホンダe、新型レヴォーグ、マイナーチェンジしたルーミーなど注目車種の情報か…

カタログ