【ありがとうマークX】生産終了までの51年の軌跡と後継車の行方


 かつては、マークII/チェイサー/クレスタの三兄弟でハイソカーブームを牽引し、1980年代後半には3台合わせて月販4万台以上を販売するという快進撃を続けた。

 しかし時代は移り変わり、後継車のマークXへとバトンタッチしてから徐々に人気は下降。俳優の佐藤浩市さん演じる「部長」のCMが話題となるなどしたが、ついにその歴史に幕を下ろすこととなった。

 2019年12月23日、愛知県のトヨタ元町工場にある走行センター(ふだんはスープラを日本仕様にするための最終調整をしている場所)にて、マークX生産終了イベントが開催されたので報告しよう。

文・写真/吉川賢一
初出/ベストカー2020年2月10日号

【画像ギャラリー】その名を歴史に刻んだ名車、歴代マークII&マークXの系譜をプレイバック!!


■笑いと笑顔で包まれた。マークXの最終車生産終了! 最後の1台がラインオフ

 トヨタの元町工場は、1959年8月に製造を開始した伝統のある工場。トヨペットクラウンやコロナ、チェイサー、クレスタ、ソアラ、スープラ、RAV4、プログレ、マジェスタ、レクサス LFA、現在はクラウン、エスティマ、そしてマークII/マークXの生産工場として大切な役割を担っている。

 マークIIは、初代「コロナマークII」(1968年登場)から始まり、5代目に「マークII」(1984年)となったあと、10代目で初代マークX(2004年)となり、そして、現行の2代目マークX(2009年)が最終モデルとなった。このように、51年という長きにわたり作り続けてきたこともあり、元町工場に長年勤務してきた従業員たちにとって、マークII/マークXは、非常に思い入れの深いモデルであるようなのだ。

ラインオフした最終車を囲み「X」のポーズを決める、マークX関係者や元町工場従業員。皆、いい笑顔だ

 イベントには二之夕裕美(にのゆひろよし)工場長を始め、2代目マークXの友原孝之CE(チーフエンジニア)、そのほかマークX関係者や元町工場従業員、総勢150名ほどが集まり、歴代マークシリーズの振り返りや思い出を話し、湿っぽさなど微塵もなく、笑顔で包まれたイベントとなった。

二之夕工場長は「エスティマに続きマークXも生産終了。元町工場も変わらねば」と変革の必要性を感じていた
2代目マークXの友原CEは「レクサスの台頭でマークXは役目を終えました」とその終了理由を語った

■マークII/マークXが残した記録とは?

 マークIIは累計生産台数651万8000台、マークXになってからは累計36万3500台、マークシリーズ合計では51年間で688万1500台、歴代モデルを通して年平均13万5000万台/年という、途轍もなく売れたクルマ。そのうち、この元町工場で生産されたのはその約半分となる349万5248台。

 マークIIの生産がピークだったのは、1989年〜1990年の6代目マークIIの時代。その後、1990年代中頃を過ぎると、セダン離れと、ミニバンやRVの人気に火がついたことで、マークIIの販売台数は減少。さらには、レクサスブランドが立ち上がったことで、トヨタのなかでの「トヨタ製セダン」へのプライオリティが徐々に下がっていった。そして2019年、ついにマークXは車種整理の対象となってしまったのだ。

元町工場でのマークII&マークX累計生産台数は349万5248台にものぼった

次ページは : ■マークII/マークXの存在意義とは何だったのか?

最新号

ベストカー最新号

【2022年夏登場か!?】新型カローラスポーツGRを独占スクープ!!|ベストカー5月26日号

 コロナ禍は収まるどころか、第4波の到来が確実視され、不穏な空気が流れています。そうなると当然のように自粛要請となりますが、そんな時にはクルマに関する情報量満載のベストカーを読んで過ごすのがオススメです。  今号もニューカー、古いクルマを合…

カタログ