GT-R50 byイタルデザインは残りあとわずか!! お値段1億3000万円超!??


 東京オートサロン2020の日産ブースに飾られた、特別仕様のGT-R。それが、「Nissan GT-R50 by Italdesign(以下イタルデザイン)」だ。

 その姿は、現行型GT-Rの面影を残すものの、次期GT-Rコンセプトと言われたほうがしっくりくるほど劇的な変貌を遂げている。

 このGT-Rは、日産自動車とイタリアのカロッツェリア「イタルデザイン」のコラボレーションにより誕生したスペシャルモデルだ。車名の「50」には、2019年のGT-R生誕50周年、そして2018年のイタルデザイン創業50周年の意味が込められている。

 イタルデザインが手掛けた日本車としては、初代いすゞピアッツァ、2代目いすゞジェミニ、スバルアルシオーネSVX、2代目ダイハツムーヴなどがある。

 2019年12月から予約を開始したNissan GT-R50 byイタルデザインはまだ買うことができるのか? 買えるとすればどのようにすればいいのか? などを含め、これまで公開されていない情報満載で、Nissan GT-R50 byイタルデザインの販売の最新情報をお届けする。

 2004年にトヨタと共同開発したトヨタアレッサンドロボルタが市販されなかったこともあり、GT-R50 byイタルデザインは別格の超高額車だ。

文:大音安弘/写真:NISSAN、ベストカー編集部

【画像ギャラリー】トヨタとイタルデザインが共同開発した幻のハイブリッドスポーツカーのアレッサンドロボルタ


ベースはGT-R NISMOで世界限定50台

2019年12月から予約を開始したGT-R50 byイタルデザインは、2020年1月の東京オートサロンにも出展され注目を集めた

 まず、「Nissan GT-R50 byイタルデザイン」はどんなクルマなのかについて簡単に紹介しよう。

 日産とイタルデザインの2社の共同開発で生まれた、このGT-Rは、開発、設計、製造は、イタルデザインが担当。

 その特徴的な内外装のデザインは、日産自動車が手掛けており、日産デザイン・ヨーロッパと日産デザイン・アメリカが協力して行っている。

 ベース車となるのは、GT-Rの中でもよりモータースポーツシーンのフィードバックを重視した「GT-R NISMO」だ。

GT-R50 byイタルデザインのベースとなるは2420万円のGT-R NISMO。フロントマスクの印象はまったく違う

 エンジンは、3.8LのV6ツインターボであるVR38DETTと型式こそ同様だが、専用チューニングを実施。これにより最高出力は、+120psの720ps/7100rpm。最大トルクは、+13.0kgmの79.5kgm/3600~5600rpmに達するという。

 その性能を発揮させるタイヤには、1インチアップとなるフロント255/35R21、リア285/30R21のミシュランパイロットスーパースポーツを装着。もちろん、ホイールは専用デザイン品を採用する。

 またブレーキシステムについては、ブレンボ製となるが、キャリパーのカラーが赤となるのも特徴のひとつ。ディスク径は、フロント390mm、リア380mmとし、この数値から推測するに、NISMO仕様ではなく、標準車仕様のものを組み合わせるようだ。

ノーマルのGT-R NISMOに比べてスパルタンさが増しているリアビュー。拡幅されたフェンダーの迫力も凄い

 ボディサイズは、全長4784×全幅1992×全高1316mm。GT-R NISMOと比較してみると、全長+94mm、全幅+97mm、全高-54mmとなり、ボリュームアップしながらも、同時に低重心化が図られていることがわかる。

 実は、判明しているスペックは、この程度。細やかな仕様や装備については、公表されていない。

 限定数は、50台のみ。日本での価格は、1億3000万円からと超高額だ。

 この金額は、2420万円のGT-R NISMOを、楽々と5台。標準仕様となる「ピュアエディション」でよければ、12台のぶんにもなるという途方もない金額なのだ。

残り数台で先着順から抽選に変更

 GT-R史上最も高価なロードカーとなる「Nissan GT-R50 byイタルデザイン」の受注は開始されているが、まだ数台がオーダー可能であることが明かされている。そう、今なら、まだ間に合うかもしれないのだ。

 では、具体的な購入の手順がどのようになるかというと、最初に行うのは、メールの送付となる。

インテリアはセンターコンソール、メーターパネルなどデザインが変更されている。使用する素材、色などはお金さえ払えばフルオーダーが可能だ

 このGT-Rは、日産ディーラーでは販売しておらず、日本での窓口は、ロータスやモーガンなどの輸入元である「エルシーアイ」となる。

 そのコンタクト方法は、「Nissan GT-R50 byイタルデザイン」の公式WEBに記載されている専用メールアドレスのみとなっているからだ。

 これまでは先着順で購入の受付を行っていたが、残り数台となった2020年2月現在、抽選により購入者が決定されるという。その抽選に参加するためには、100万円のデポジットが必要だ。もちろん、落選した場合には、返金されるのでご安心を……。

次ページは : 世界に1台だけのGT-Rを手にする愉悦