【つわものどもが夢のあと】市販されなかった日本の小型FRスポーツ


スズキC2

初公開:1997年東京モーターショー

ヘッドライト回り、前後フェンダーをブラックアウトしているC2は軽サイズではなく全長3650×全幅1650×全高1220mmの5ナンバーサイズだった

 1997年の東京モーターショーに出展されたC2は当時現役だったカプチーノの「思想を継承、発展させたスズキの新しい提案」という思想を持つコンセプトカーである。

 C2はオープン2シーターというのはカプチーノと同じだが、ボディサイズは全長3650×全幅1650×全高1220mmと5ナンバーサイズに拡大。

 エンジンは1.6L、V6シングルターボ+ハイブリッドとなる現在のF1よりもエンジンの形式としては強烈な1.6L、V8ツインターボ!(最高出力250馬力&最大トルク29kgm)という冗談のようなものを搭載。

 トランスミッションは6速MTと5速ATを組み合わせる。

 C2は当時でも現実離れしたコンセプトカーだったが、パワートレーンを除けば市販されてもおかしくないレベルだった。サプライズの多いスズキだけに期待がかかったが、現在に至るまで市販されていない。

C2の最大のサプライズは搭載エンジンで、1.6L、V8ツインターボだった。非現実的ではあるが、4気筒ターボを乗せて市販化されるのに期待していた

【画像ギャラリー】レーシングマシンのコンセプトカーも公開されていたトヨタS-FR&日産IDx

最新号

ベストカー最新号

【2022年夏登場か!?】新型カローラスポーツGRを独占スクープ!!|ベストカー5月26日号

水野和敏が斬る!!「ボルボXC40リチャージ&三菱エクリプスクロスPHEV」  大人気連載の『水野和敏が斬る!!』はボルボXC40リチャージと三菱エクリプスクロスPHEVの2台を試乗&チェックしています。  この2台に共通するのは、プラグイ…

カタログ