【つわものどもが夢のあと】市販されなかった日本の小型FRスポーツ


 現在日本で買える新車の小型FRスポーツモデルとして名前が浮かぶのはトヨタ86&スバルBRZ、マツダロードスター&アバルト124スパイダー、BMW2シリーズクーペくらいである。

 そのうち2シリーズクーペは基盤となる1シリーズと2シリーズがFFに移行しており将来が不透明なのに加え、価格も550万円からと現実的とは言い難い。

 現在においては高額車、ベンツやBMWといったプレミアムブランドならともかく、小型FRスポーツモデルを市販するというのはこれほどモデルが少ないくらい大変なことだ。 

 そう考えると日本車に3車種(実質的には2車種か)の小型FRスポーツモデルがあるというのは、考えてみると凄いことである。

 市販化は大変なことにせよ、日本メーカーも小型FRスポーツモデルをまったく作る気がないというわけでもなく、モーターショーにコンセプトカーが出展されたマツダRX-8やホンダS2000は市販化されている。

 しかし対照的に小型FRスポーツモデルはモーターショーにコンセプトカーが出展されながら市販化されなかったということがほとんどであり、当記事ではそんなコンセプトカーを振り返ってみる。

文:永田恵一/写真:TOYOTA、NISSAN、DAIHATSU、SUZUKI

【画像ギャラリー】レーシングマシンのコンセプトカーも公開されていたトヨタS-FR&日産IDx


トヨタS-FR

初公開:2015年東京モーターショー

200万円を切る価格でFRスポーツを市販するという目標に向けて作られたのがS-FRだった。開発は凍結されているというが、復活に期待したい

 トヨタは現在の86のはじめのコンセプトカーであるFT-86を2009年の東京モーターショーに出展した直後の2010年の東京オートサロンに、コンパクトサイズのスポーツFRとなる「FRホットハッチコンセプト」を出展した。

 FRホットハッチコンセプトは欧州で販売されるFFコンセプトカーのアイゴのボディだけを使い、FRのパワートレーンは1.5L、NAエンジンなど当時あったコンパクトSUVのダイハツビーゴ&トヨタラッシュのものを搭載するという成り立ちだった。

 出展時には「150万円級のコンパクトスポーツFR」というコンセプトが掲げられ、市販されれば「ドラテクを磨きたい若者にピッタリのFR時代のスターレットの現代版」とワクワクしたものである。

2010年に公開されたFRホットハッチコンセプトは、KP61スターレットの再来ともいわれて、オールドファンから注目を集めたが市販されず

 FRホットハッチコンセプトは市販されなかったが、FRホットハッチコンセプトの発展というか86の弟分的な存在として2015年の東京モーターショーに出展されたのが「S-FR」である。

 S-FRは全長3990×全幅1695×全高1320mmという5ナンバーサイズのファニーなスタイルを持つFRクーペだ。

 パワートレーンは6速MTということは発表されたが、エンジンは発表されず、1.5L、NAあたりと想像された。

 コンセプトカーながらインテリアなど全体的な完成度は高く、「ゴーサインが出れば市販化は早い」という期待も強かった。

 さらに翌2016年の東京オートサロンにはよりレーシーな「S-FRレーシングコンセプト」も出展されたが、すでに開発はストップしているようだ。

 S-FRが市販されなかったことは残念だが、市販化されなかったのもわからなくはない。その理由を考えると以下の3点が思い浮かぶ。

2016年の東京オートサロンで公開されたS-FRレーシングコンセプト。新たなキャラクター誕生か、と思わせる顔がナイス

■1.5L級FR車のパワートレーンの調達が困難だった(ダイハツがインドネシアで生産し、トヨタが販売する商用車のタウンエース&ライトエースのものをFRホットハッチコンセプトのように使えるような気もするが……)

■アライアンスを生かしマツダロードスターのクローズド版をS-FRとする手もあったかもしれないが、それもロードスターへの影響を考えると無理がある

■もしS-FRが200万円で市販化されたとしても86&BRZの中古車と競合し、中途半端な存在となる恐れがあった

 幻となったS-FRだが、GRヤリスを市販化するトヨタだからもし何かの拍子で開発が再開することがあるなら、精一杯応援したいところだ。

S-FRはインテリアも作りこまれていて、いつ市販されてもおかしくないレベルの仕上げとなっていた。市販化断念は残念すぎる

日産フォーリア

初公開:2005年東京モーターショー

セドリック/グロリアを彷彿とさせるフロントマスクの4人乗りのFRスポーツクーペのフォーリアは、シルビアの再来として期待された

 2005年の東京モーターショーに出展されたフォーリアは全長4350×全幅1695×全高1370mmという5ナンバーサイズのボディサイズの4人乗りのFRクーペで、2002年に姿を消したシルビアの再来と期待されたコンセプトカーである。

 確かにフォーリアはボディサイズやFRという点では確かにシルビアを思わせた。しかしドアはリアシートへの乗降も配慮したマツダRX-8のような観音ドアだった。

フローリアはFRスポーツクーペながらリアシートの乗降性を考慮した結果、観音開きドアを採用しているのが特徴だ

 インテリアもラグジュアリーな方向と、どちらかといえばスカイラインクーペの小型版のようなポジションで、今になるとシルビアの再来というのはちょっと違うように感じたが、市販の可能性が高いと言われていただけに市販されなかったのは残念だ。

次ページは : 日産IDx

最新号

ベストカー最新号

【新型86/BRZ 世界初公開】5ドアジムニー最新情報入手!!|ベストカー5月10日号

ベストカー5月10日号、本日発売!! 4月5日に全世界公開されたばかりの新型トヨタ86/スバルBRZの情報をベストカー本誌の独自視点で分析します!5ドアジムニー最新情報も登場。

カタログ