【ハリアー ランクル ヴェゼル デイズルークス】 2020年登場予定新車&人気車最新情報に要注目!!!

 月に200店ものディーラーを周り「生」の新車情報を届けてくれる流通ジャーナリストの遠藤徹氏。

 今回まずは、今年2020年に発売する新型車の計画について、トヨタとホンダの最新情報をボリューム増し増しでお届け。

 そのほか、日産の新型デイズルークス、ロッキーやライズなど最近デビューした新型車の売れ行き、N-BOX販売台数首位奪還! の話題も交えお伝えする。

【画像ギャラリー】トヨタ ホンダ 日産 ダイハツ…注目メーカー&モデルの画像をギャラリーでチェック!!!

※本稿は2020年1月のものです
文:遠藤 徹/写真:ベストカー編集部
初出:『ベストカー』 2020年2月26日号


■2020年のトヨタはSUVのフルラインナップ化が目玉!

 今年のトヨタはSUVの世代交代、新規モデルの投入、追加モデルの設定による商品ラインナップのさらなる強化が柱になりそうです。

 4~6月はダイハツからのOEM供給による軽SUV「新型ピクシスジョイ」、ハリアーの世代交代、そして夏には「ランドクルーザー300」の発売などが予想されます。

 新型ピクシスジョイは「ダイハツ・タフト」のトヨタブランドバージョンとなりそうです。

トヨタ ピクシスジョイ(現行型)

 ハリアーはキープコンセプトながら、よりクォリティアップを図り、サイズも若干拡大して上級シフトすることで、RAV4とのコンセプト分けを明確にします。

 パワーユニットは2Lターボ、2.5Lガソリン&2.5Lハイブリッドを搭載します。なお、7月にはRAV4にPHV仕様を追加する予定です。

 ランドクルーザー300は基本的にキープコンセプトですが、やや直線を強めたボディラインになりそうです。ラダーフレーム構造を継続し、パワーユニットは現行の4.6L V8から3.5Lハイブリッドに変更する見込みです。

トヨタ ランドクルーザー(現行型)

■トヨタ 新型ヤリスの先行予約は絶好調! 納期は4月にずれ込む

 トヨタが2月10日に発売開始する新型コンパクトハッチ「ヤリス」の先行予約が絶好調です。すでに昨年(2019年)11月上旬から先行予約を開始していて、1月中旬現在の納期は3カ月待ちの4月中旬以降にずれ込んでいます。

 パワーユニットは1L、1.5L、1.5Lハイブリッドで、いずれも平均してコンスタントに引き合いが多い状況にあります。

 2月以降は月間受注台数が1万5000台ペースで、トヨタ全系列店扱いとなる5月以降は2万台ぺースで売れることが予想され、登録車と軽自動車を含めた車名別販売ランキングのトップに浮上する見通しとなっています。

トヨタ ヤリス

■日産 今月末にも次期型デイズルークスの先行予約開始か

 日産は1月末にも2月中旬発表、3月発売予定の次期型デイズルークスの先行予約をスタートさせる見通しです。

 次期型は現行デイズと同じプラットフォーム&基本コンポーネントを採用します。

 また、次期型からハイトワゴン「デイズ」とのコンセプト分けをより明確にするため、車名からデイズを取った「ルークス」として分離する見込みです。

日産は次期型デイズルークスの先行予約を1月末から開始する模様。両側スライドドアのスーパーハイト軽ワゴンというコンセプトはそのまま継続

■現行デイズルークスが在庫一掃セールで格安に

 現行デイズルークスは昨年末をもって生産中止しました。

 1月中旬現在は在庫が残っていますが、選べない仕様が店舗によってはあります。在庫車はナビ、ETC付きだと25万円以上の値引きが可能になっています。

■2020年度はN-ONE、ヴェゼルのフルモデルチェンジなどによる新型車を投入

 ホンダは2020年度(2020年4~2021年3月)のニューモデル展開で、9月にN-BOX、10月にオデッセイをそれぞれビッグマイナーチェンジ、11月にN-ONEをフルモデルチェンジ、2021年に入ってからは2月にヴェゼルをフルモデルチェンジする予定です。

 N-BOXは現行モデル発売後3年経過でのビッグマイナーチェンジとなります。

 このマイナーチェンジは内外装のデザイン変更、新ボディカラー&グレードの設定、安全対策強化などが主な内容となります。

 派生モデルのN-BOXスラッシュは発売後6年が経過するので、世代交代する可能性があります。ただ一方、モデル自体を廃止し、SUVテイストモデルに変わることも考えられます。

 オデッセイは現行モデル発売後7年が経過していて、本来であればフルモデルチェンジの時期になりますが、今回はビッグマイナーチェンジで手直しします。

ホンダ オデッセイ(現行型)

 デザイン面ではフロントマスクを大幅に変更し、標準モデルと上級スポーツバージョン「アブソルート」のコンセプト分けをより明確にします。

 アブソルートは大型のメッキグリルを採用します。ハイブリッドユニットはモーター&バッテリーの小型化によって、さらなる高効率化を図ります。

 N-ONEはキープコンセプトで見た目の大きな変化はありませんが、中身はN-BOX同様に新開発のプラットフォームになります。ホンダセンシングはさらに進化させたデバイスを採用します。

 ヴェゼルはキープコンセプトでの世代交代となります。現行モデルがヒット作で好調な販売推移を見せていることから、エクステリアデザインは大きく変えない可能性が高いです。

 パワーユニットは大幅に改良した1.5L、1.5Lターボ、1.5Lハイブリッドです。1.5Lハイブリッドは新型フィット同様に従来の1モーター方式から2モーターに変更することで、低燃費と走行性能の高次元での両立を目指します。

ホンダ ヴェゼル(現行型)

■N-BOXがトップセラーを奪還!

 ホンダのN-BOXは販売台数トップの座を昨年11月にダイハツのタントに明け渡しましたが、翌12月には抜き返してトップセラーに返り咲きました。12月の販売実績は、N-BOXの1万6865台に対してタントは8081台であり、8784台もの大差となりました。

 N-BOXは昨年(2019年)10月にマイナーチェンジしており、この結果が12月に顕在化したといえます。

 11月のタントは2万1096台で前年同月比90%増と急増して、N-BOXを2288台上回る売れゆきでした。この11月に売りすぎた反動が12月に出た可能性があります。

月販台数では昨年11月にタントに新車販売1位の座を奪われたN-BOXだが、翌12月には奪還。年間では3年連続販売1位の座に輝いている

■トヨタ ライズが登録車の車名別ランキングの2位に急浮上

 トヨタがダイハツからOEM供給している新型コンパクトSUV「ライズ」が絶好調の売れゆきをみせています。

 2019年12月の登録台数は9117台で、登録車の車名別販売ランキングでは2位に急浮上しているのです。

 1位のカローラにわずか61台差に迫りました。1月はダイハツの供給次第でトップを奪還する可能性もあります。なお、1月中旬現在の納期は3カ月待ちの4月にずれ込んでいます。

トヨタ ライズ

■ロッキーが登録車で初めてスズキ、マツダ、スバルを抜き、上位ランキングに

 ダイハツが昨年11月5日に発表、発売した新型コンパクトSUV「ロッキー」が好調な販売推移を見せています。

 2019年12月の登録台数は3514台で月販目標を1.5倍以上も上回りました。

 これまでダイハツの登録車の月販台数はスズキ、マツダ、スバルの有力モデルを一度も上回っていませんでしたが、今回のロッキーで初めて3社を一気に超えました。

 受注ピッチは引き続き好調を維持していて、これによって納期が4月以降にずれ込んでいる状況です。

ダイハツ ロッキー

【画像ギャラリー】トヨタ ホンダ 日産 ダイハツ…注目メーカー&モデルの画像をギャラリーでチェック!!!

最新号

ベストカー最新号

【水野和敏熱血講義も!!】ホンダ2025年までの新車戦略| ベストカー10月10日号

 ベストカーの最新刊が9月10日発売!  最新号のスクープ特集では2021年から2025年までのホンダの登場予想車種をいっきにスクープ。  そのほか、ベストカーでおなじみの水野和敏氏による「withコロナ時代に必要なクルマ」の熱血講義なども…

カタログ