【伝統のランクルより弟『プラド』が圧倒的人気】SUV人気で問われる魅力と持ち味

 日本屈指の本格派SUV「ランドクルーザー」は、弟分の「プラド」が実は全体の9割超を占めている!? 兄貴分より弟分が支持を集める理由とは?

 『日本自動車販売協会連合会』(以下、自販連)統計の、乗用車ブランド通称名別順位を見ると、2019年は、近年のSUV人気を受けてベスト50に15台のSUVが入っている。輸入車においても、昨今の売れ筋はSUVというのが時代の流れだ。

 そのなかで、トヨタのランドクルーザーも堅調な販売で、同順位によれば2019年は年間を通じて30位前後で推移し、大きな変動もなく最終的に31位となって、2万8475台を一年で売った。

 これは対前年比96.8%の売り上げであり、安定した人気を保っている様子がうかがえる。

 その中身を詳しく観てみると、いわゆるランドクルーザーは10%弱で、実はやや小型のランドクルーザープラドが90%以上を占めている。

 ランドクルーザーに近い車格のレクサス LXを加えても、ランドクルーザー/レクサスLXの販売台数は年間販売台数の十数パーセントにとどまる。

 ランドクルーザーというと、大柄な本格派のオフロード4輪駆動車をまず思い浮かべるが、売れ筋は小型版であるプラドのほうだ。なぜ、プラドなのだろう。

ランドクルーザー、ランドクルーザープラド、レクサス LXの直近販売台数(トヨタ自動車調べ)

文:御堀直嗣
写真:TOYOTA、池之平昌信

【画像ギャラリー】手頃なサイズの超本格派!! ランドクルーザープラド 歴代全モデル

初代ランクルの流れを汲む「プラド」

ランドクルーザープラド(2017年改良型)/全長×全幅×全高:4825×1885×1850mm

 ランドクルーザーもランドクルーザープラドも、その源を辿ると、第二次世界大戦後の1951年に発売されたトヨタ ジープBJに行き着く。

 トヨタが、悪路走破性を追求した4輪駆動車の開発に取り掛かったのは戦争中のことで、帝国陸軍が米国ジープの性能を知り、国内有力自動車メーカーに開発を求めたからであった。

 ただし、生産準備に入ったところで終戦となり、量産されることなく一旦終了している。その後、トヨタ ジープBJが誕生し、発売されるのである。ただし、ジープの名称が商標に関わることが判明し、1954年にランドクルーザーと車名変更したのであった。

 その初代ランドクルーザーの流れを汲むのが実はランドクルーザープラドであり、我々が長年本流と考えてきたランドクルーザーは、ロングワゴンというより大柄な車種追加され、そちらの系譜となる。

 とはいえ、ランドクルーザープラドの車名で発売されるのは1990年からである。それまでは、ランドクルーザーにはいくつかの種類があるというすみ分けであった。

本家ランクル なぜ大型化?

ランドクルーザー(2015年改良型)/全長×全幅×全高:4950×1980×1880mm

 ランドクルーザーは、その後も進化し続けるなかで車体寸法も次第に大きくなり、ことに「80系」と呼ばれる世代が1989年に登場したとき、一気に大型化した。

 それまでは、今日のプラドに近い全長×全幅×全高:4675×1800×1805mmであったのが、4970(+295)×1930(+130)×1860(+55)mmになったのである。

 この寸法拡大は、市街地での利用はもちろん、山野の道においても大き過ぎるきらいがある。そこに、より小柄なランドクルーザープラドが存在する意味が生まれてくる。

 では、ランドクルーザーはなぜそこまで大型化したのだろうか。1980年代末から1990年代といえば、まさにバブル経済の時期である。トヨタからはセルシオが登場する。

 米国では、レクサス LSとして販売された高級4ドアセダンだ。その初代の車体寸法は、4995×1820×1400mmであり、そのような大柄の4ドアセダンが4LのV8エンジンで市街地や高速道路を走ることが日常化していった。

 そこにSUV人気の萌芽も重なり、80系のランドクルーザーが高速道路の追い越し車線を疾走する姿を頻繁に見掛けるようになったのであった。

 また、ランドクルーザーの大型化にともなうレクサス LXの登場が、米国のキャデラック・エスカレードやリンカーン・ナビゲーターといったフルサイズSUVの呼び水にもなったのではないか。

ランドクルーザープラドが人気を集める訳

やや小型ながら200系ランクル譲りの本格派「プラド」。実はジープ ラングラーも全長4.9m、全幅1.9m未満となっており、プラドのほうがこのサイズに近い

 しかし、バブル経済が崩壊してからは、必ずしも威勢を張ることが価値とはならない時代へ遷り変わりはじめた。21世紀に入ると環境の時代という意識が高まっていく。

 象徴的なのは、ハイブリッド車やダウンサイジングターボエンジンの広がりだろう。高性能であっても、適切なエネルギー消費により、賢い生活を営むことが幸せであるという価値観だ。

 もちろんそのなかで、大柄な車種の魅力が失われるわけではない。大きいことによる快適さやよさも残るのは事実だ。それが、ランドクルーザーを基にしたレクサス LXという車種の誕生にもつながる。

ランドクルーザーのレクサス版といえる「LX」。LX570の価格は1135万6481円に達するフラッグシップSUVだ

 しかし、SUV人気を追う多くの消費者の目がやや小型の車種に移っていくのは時代背景とともに当然の成り行きだろう。実際、今日のSUV市場で伸びを示しているのはコンパクトSUVである。

 また、輸入車の中でも独特な存在として人気を保つ、メルセデスベンツ Gクラスや、ジープ ラングラーは、それぞれの初代が追求した本格的4輪駆動車の本質という点から、車体寸法が大きくなりすぎない範囲にとどめ、それはランドクルーザープラドに通じるのである。

 こうしてみると、現在のランドクルーザープラドは、多くの人にとってほどよい大きさの4輪駆動車であり、また4輪駆動車としての走破性能は源を辿れば本格派4輪駆動技術に支えられているとおり、乗用車から派生したSUVとは比較にならない実力を備えている。

 シャシー性能だけでなく、搭載エンジンについても、2.7Lのガソリンに加え、2.8Lのディーゼルターボの選択肢もあり、好みや用途に応じた選び方ができる。

SUV競争激化で今後問われる「持ち味と魅力」

2019年はSUVでヴェゼル、C-HRに次ぐ販売台数をマークしたRAV4。車格や4月発売ということを考えると、数字以上の売れ行きだ

 一方で、トヨタのSUVのなかでも、ランドクルーザープラドに比べるとやや小ぶりになるが、新型RAV4は乗用車からの派生としてのSUVながら、新型では悪路走破性を高めた走行性能に磨きをかけた。

 そして2019年は、5万3965台を売りあげ、ランドクルーザープラドの2.2倍を超える。自販連の通称名別順位では16位の成績を残した。

 これに、ハリアーやレクサス NX、RXなどを加えると、車体寸法や装備等にある程度の違いはあるにしても、トヨタにおけるSUVの選択肢は広がる。

 ランドクルーザーとランドクルーザープラドという比較で見れば圧倒的人気を誇るプラドだが、SUV市場の動向も短期間に変化するなかで、競合他社のみならず、トヨタ社内同士での競争も、これから先さらに厳しさを増していくかもしれない。

 そして、いずれの車種にもいえるのは、持ち味をどう伸ばし、魅力を消費者に発信できるかが、持続的成長の肝になるだろう。

【画像ギャラリー】手頃なサイズの超本格派!! ランドクルーザープラド 歴代全モデル

最新号

ベストカー最新号

【新型アルファード2022年登場】新型フェアレディZ初公開!!|ベストカー10月26日号

 ベストカーの最新刊が本日発売! 最新号では、トヨタ高級ミニバン、アルファードの最新情報をお届け。  そのほか、新型フェアレディZプロトタイプ、新型レヴォーグ、新型ヤリスクロス、ボルボXC40マイルドハイブリッドなど注目車種の情報から、3列…

カタログ