【相場変動!? 値引きの申し出は罠!??】お得に中古車を買いたいならいつベストか!?

 2020年も早いもので、もう3月に突入した。3月は国内自動車メーカーの決算期で、新車販売では大幅な値引きが期待できる時期として有名だ。しかし、新車ではなく、中古車購入を考えている、という人も多いことだろう。

 新車のように、中古車も3月などの決算期がお買い得なのか? ふと疑問に思う人もいるのではないだろうか。今回は、いい中古車をお得に購入したい人が憶えておきたい、中古車に関する知識と、2020年3月上旬時点でお買い得な中古車が狙えるモデルを、中古車事情に詳しい萩原文博氏が指南する。

 普通では教えてくれない、中古車購入のための知識。すぐに活用できる情報をお届けしたい。

文/萩原文博
写真/Adobe Stock

【画像ギャラリー】中古車販売の1年の動きと、2020年3月時点でベストカーが薦める狙い目モデル!


■決算期の翌月に顕著な落ち込みをみせる新車販売

 一般的に年度末の決算月となる3月は、卒業や就職そして転勤などがあるため、一年を通じて最もクルマが売れる時期と言われている。

 一般社団法人 日本自動車販売協会連合会が発表している新車登録台数データによると、普通車と小型車を合計した乗用車は2019年の1年間で、282万1886台登録された。

 最も多い3月は35万7254台で、約12.6%を占めている。次に多いのが半期決算を迎える9月で、30万280台。一方、最も少ないのは10月の16万4672台で、3月の半分以下の数字だ。

 そして10月に次いで少ないのは4月の19万9587台となっている。やはり販売店は決算の数字を少しでもよくしようと3月、9月の決算月に値引きなどエネルギーを注ぎ込むため、その翌月はパワーダウンしていることが登録台数データに表れている。

■中古車購入のポイントは3月&9月を外すこと!?

 では、中古車はどうだろうか。2019年の1年間で乗用車(普通+小型)の中古車は337万1104台登録され前年比100.4%と微増した。最も多いのは新車と同様に3月で41万5897台となっている。次いで多いのが9月の29万8297台とやはり中古車も決算月に売れているのがこの数字からわかる。

 一方、登録車の中古車が最も登録台数が少ないのは1月の23万5385台で、12月の25万4445台、11月の25万4833台が続く。2019年は年明けの1月と8月そして12月という暑い時期と寒い時期が中古車の登録台数が鈍っている。しかし、1月と3月を除くと大体25万~30万台の間に収まっており、中古車は新車と比べると季節による変動は少ないように感じられる。

中古車・月別登録台数(普通車+小型車)

 しかし、忘れてはならないことがある。新車は人気車であろうと、そうでないクルマであっても車両本体価格という“定価”があり、決算月などは値引きという不確定な要素が関わってくる。その値引きを期待して、3月や9月に購入するユーザーが増えるのだ。しかし、中古車はいわゆる定価はない。

 中古車はよく“一物一価”と言われていて、同じ車種、同じ年式、ボディカラー走行距離だとしても、全オーナーの使い方やメンテナンスの頻度によって同じコンディションのクルマは世の中にほかにはないのだ。最近ではオートオークションが主流となっているため、大体の目安はわかってしまうが、それでもこれまでのクルマの履歴によって中古車の販売価格に違いが付く。

 そして、もうひとつ。定価のない中古車は、需要と供給のバランスで価格が変動するのだ。例えば、日産 スカイラインR34GT-Rのようにすでに生産が終了していて今後中古車が増えることがないようなクルマの場合、供給量が少ないにも関わらず、欲しい人すなわち需要が多いため、オークションなどでの価格がつり上がってしまうということになるのだ。

スカイラインGT-Rなどの程度のいい車両は、プレミア価格がつき価格がいまだに高止まりしている

 すなわち、中古車は3月や9月のような多くの人が購入する需要期は、販売店は相場を多少高くしても中古車は売れるので、割高になる傾向があるのだ。しかし、デメリットばかりではない。多くの販売店は需要期に向けて、買い取りや下取りなどを強化するため、在庫が充実していて、自分の条件にあったクルマが見つけやすいのだ。

■カテゴリーによって変わる中古車の狙い時

 3月や9月の需要期は相場が高めになるから、外したほうがいいというのであれば、いつが中古車の買い時と言えるのだろうか。先ほど話したように中古車は需要と供給のバランスで相場が決まる。したがってほかの人が買いに出ないタイミングこそ、中古車が狙い目なのである。

 登録台数データからすると、1月、8月、12月が少なくなるので、この3カ月は狙い目となる。なかでも8月は多くの人が夏休みなどで外出するため、クルマを買おうという人は少なくなるので、特に狙い目だ。

 そのほか中古車の特徴としては、ボディタイプごとに季節的な要因によって相場が動くタイミングが異なる。例えば、オープンカーは気候のよくなる5月のゴールデンウィーク明けから相場が上昇し、秋口まで高値安定する。そのいっぽうで、寒くなる11月から2月はオープンカーが底値となるので、オープンカーは冬のほうが狙い目となる。

 また、人気のSUV系のなかでも4WD車は北海道では9月、そのほかのエリアでも10月くらいから値上がり傾向を示すことがある。それはウィンタースポーツシーズンが始まるほか、降雪による影響があるからだ。以前と比べるとこうした季節的な要因による相場の変動は小さくなっているものの、これが需要と供給のバランスによって価格が決まる中古車らしい特徴だ。

オープンカーやSUVといったジャンルは、季節要因によって価格が変動する

■中古車の購入時に気を付けたい「値引きするよ」の一言

 新車は3月や9月の決算期になると値引き額が上積みされたり、下取り価格が高くなったりすることはある。同じように中古車も、決算期などは値引きしてくれるのか? と考えている人もいるはずだ。きっぱりと言っておくが、中古車を販売店に見に行って「今日決めてくれるのならば、●万円値引きするよ」と言われたら、その販売店では購入することはオススメしない。

 諸費用の数百円程度を引いてくれるならまだしも、数万円の値引きなんて中古車ではありえないからだ。先程から何度も書いているとおり、中古車は1台1台、コンディションが異なるため、同じ車種、年式色、装備であっても定価はない。定価がないということは、販売店の自由に価格を決めることができるのだ。

新車は値引きしてくれるし、中古車でも可能でしょ? と思う人もいると思うが、事情が違うのだ

 元々、数万円値引きするつもりでプライスボードに高めの価格を付けている可能性もあるし、そもそも中古車の場合、値引きは二重価格ということになり自動車公正取引協議会で禁じられているのだ。したがって、「値引きします」という販売店はそもそも信頼度が低いと考えるべきである。

■2020年3月時点で狙い目の旧モデルとは何か!?

 中古車相場が最も大きく動くのは、自身が世代交代(フルモデルチェンジ)を行ったあと。当然のことながら、新型車のほうに注目は集まるし、旧型となった中古車は価格を下げて売らざるを得ないのだ。こうして考えてみると、中古車最大の需要期である3月が過ぎた4月~5月で、しかも最近フルモデルチェンジをしたばかりの旧型モデルが狙い目ということになる。

 具体的には軽自動車ではスズキ「ハスラー」。未使用中古車も大量に出回っており、高年式車であれば運転支援システムも充実しているので、高齢者が購入する際にはサポカー補助金の対象となる。

2019年12月24日に新型が登場したスズキ「ハスラー」。写真は先代型だが、後期型(2015年12月~)にはステレオカメラ方式の衝突被害軽減ブレーキ「デュアルカメラブレーキサポート」が搭載され、安全性も向上している
こちらの写真をクリックすると「ハスラー」の中古車情報が見られます!

 そして、ホンダ「フィット」とトヨタ「ヴィッツ」も狙い目と言える。ハスラーのように未使用中古車はほとんどないが、運転支援システムが搭載された高年式車でも100万円以下で購入できるリーズナブルな中古車が増えてくるのは大歓迎だ。

 中古車を少しでも割安に購入するためには、フルモデルチェンジのタイミングや登録台数の多い3月、9月を外すことだけは知っておくべきだろう。

【画像ギャラリー】中古車販売の1年の動きと、2020年3月時点でベストカーが薦める狙い目モデル!

最新号

ベストカー最新号

【2021年登場へ!】新型86/BRZ 衝撃デザインとその性能|ベストカー6月26日号

 ベストカーの最新刊が本日発売!  最新号では、トヨタとスバルのコラボモデル、86/BRZのモデルチェンジ最新情報をお届け。  そのほか、2020年5月15日にタイで発表された新型キックス、ハリアー、WRX S4限定車など注目車種の情報から…

カタログ