【車のハンドルに見えない進化】20年で逆転!! パワステはなぜ「電動」が主流に??

 誰もが握る車のハンドル。軽い力で自然な操作感を演出する“パワステ”の主流が、ここ20年で大きく変わった理由とは?

 20年前まで車のハンドル操作を支援するパワーステアリングは「油圧式」が主流でしたが、現在は電動パワーステアリング(=EPS、以下電動パワステ)へと移り変わっています。

 電動パワステは当初、クルマ好きの間で「操舵フィールが悪い」と、ネガティブなイメージを持たれていましたが、自動車メーカーは改良を重ねつつ、電動にこだわって採用し続けてきました。

 そこには、油圧パワステを捨てなくてはならない“ある事情”があったからなのです。

文:吉川賢一
写真:SUZUKI、TOYOTA、NISSAN、編集部

【画像ギャラリー】時系列と写真見る!! 電動パワステの普及と「車」


最新号

ベストカー最新号

【新型Zの期待と不安】GT-Rに延命説浮上!|ベストカー 11月10日号

 ベストカーの最新刊が本日発売! 最新号では、事実上凍結されていた次期型日産GT-Rのモデルチェンジの最新情報をお届け。  そのほか、新型フェアレディZプロトタイプ、ホンダe、新型レヴォーグ、マイナーチェンジしたルーミーなど注目車種の情報か…

カタログ