【ハイラックスサーフ、テラノ…】逞しくて美しい!! デザインを頑張ったクロカン5選


いすゞビークロス

販売期間:1997~2000年

1993年の東京モーターショーに出展されたコンセプトカーのヴィークロス。前衛的なデザインに世界がアッと驚いた

 最後に紹介するのが日本車のクロカンで最もデザインにこだわった1台と言えるだろう。

 いすゞはSUVを除く乗用車の自社開発・生産から撤退した1993年の東京モーターショーでコンセプトカーの『ヴィークロス』(市販モデルはビークロス)を世界初公開。

 その前衛的かつスタイリッシュなエクステリアデザインは世界で称賛された。当然一般の反響も大きく、いすゞはヴィークロスの市販化を決めたと言われている。

細部の違いはあるが、上のコンセプトカーと比べても忠実にそのデザインを市販化しているのがわかる。いすゞの生産技術の高さを世界にアピール

 当時ベストカーでもヴィークロスはいつ市販されるかなど、スクープ情報を幾度となく掲載するほどの注目度の高さだった。

 晴れて市販されたのは初公開から約3年半後の1997年3月で、ここで再び大きな衝撃を与えたのだ。

 コンセプトカーがいざ市販されてみるとコンセプトカーを見た時の衝撃、感動がない、イメージが大きく違うというケースが少なくないが、ビークロスは細部の違いこそあれ、ほぼコンセプトカーで公開したエクステリアで登場した。

高いウェストライン、大きくラウンドしたリアガラス、背面タイヤを覆うカバーが一体成型されていたり、何から何まで衝撃的だった

 コンセプトカーは生産性など考えていないから好きなデザインができるが、コンセプトカーをほぼ忠実に市販したいすゞの生産技術には敬服しかない。117クーペの初期モデルをハンドメイドで生産していたいすゞらしさ全開だ。

 ビークロスはデビュー前、デビュー後の衝撃、注目度の大きさとは裏腹に日本での販売面では苦戦し(北米では人気)、短命に終わってしまった。

 いすゞとしては、反響の大きさから市販したものの、結果的にはしごを外された形になったが、ビークロスは日本車の歴史において記録よりも記憶に残る1台で、今見てもその斬新なデザインは健在だ。

人気の高かった北米マーケットに向けてオープンのVX-02が1999年に公開され、市販を切望する声は大きかったが、最終的に市販化されなかった

【画像ギャラリー】1990年代初頭のクロカンブームを彩った精鋭たち