【ハイラックスサーフ、テラノ…】逞しくて美しい!! デザインを頑張ったクロカン5選

 現在世界的にSUVが大人気で、各メーカーともブランニューモデルを続々と登場させてラインナップの増強を図っている。

 しかし、SUVという言葉が使われるようになる以前は、オフロード走行を前提として開発されたオフロード4WD車はクロカン(クロスカントリーの略)とも呼ばれマニア向けの存在としてごく少数がラインナップされていたに過ぎなかった。

 このクロカンが大人気となったのが、2代目パジェロのデビューに端を発する1990年代初頭のクロカンブームで、これによりクロカンが身近な存在となったのは周知の事実。

 前述のとおり、クロカンはオフロード走行が前提ゆえ4WDが必須のほか、堅牢なボディなど武骨で力強いことが偉いとされていた。

 現在のSUVではデザインにこだわるのは当たり前で、その最たるものがクーペルックのSUVと言えるかもしれない。

 本企画では20世紀に登場した本格的なオフロード性能を備えながらも、デザインにこだわって+αの魅力を備えたクロカンをデビューが古い順に紹介していく。

文:永田恵一/写真:NISSAN、ISUZU、TOYOTA、MITSUBISHI、MAZDA

【画像ギャラリー】1990年代初頭のクロカンブームを彩った精鋭たち


最新号

ベストカー最新号

【新型Zの期待と不安】GT-Rに延命説浮上!|ベストカー 11月10日号

 ベストカーの最新刊が本日発売! 最新号では、事実上凍結されていた次期型日産GT-Rのモデルチェンジの最新情報をお届け。  そのほか、新型フェアレディZプロトタイプ、ホンダe、新型レヴォーグ、マイナーチェンジしたルーミーなど注目車種の情報か…

カタログ