RAV4が30万円引き!! CX-30ベースの新型!? など新車&最新販売情報


 月200店ものディーラーを周り「生」の新車情報を届けてくれる流通ジャーナリストの遠藤徹氏。

 今回まずはコロナ一色の世界&国内情勢のもと3月の決算セールもいよいよ大詰めとなるなかでの、各車販売の動向を。そこには様々な事情も垣間見える。ほか、今後登場する新型車の情報も盛りだくさんでお伝え!!!

【画像ギャラリー】RAV4、クラウン、86、ハスラー!!! 好調続く売れ筋モデルから登場待ち遠しい特別仕様車までギャラリーでチェック!!!

※本稿は2020年2月のものです
文:遠藤 徹/写真:ベストカー編集部
初出:『ベストカー』 2020年3月26日号


■トヨタ 人気のRAV4が30万円以上の値引きをしているわけ

 首都圏にあるカローラ店とネッツ店を取材して驚かされたのは、あの人気モデルであるRAV4の値引きが予想以上に拡大していることです。

 発売当初はナビとETC付きで10万円引き程度に引き締めていたのですが、この年度末の決算セールでは30万円以上に拡大しているのです。

今が狙い目&最後のチャンス!? 目下大幅値引き中のトヨタ RAV4

 理由を営業担当者に聞いてみると「今年5月からトヨタ全系列店で全車併売になるので、競争が激しくなる。今のうちに1台でも多く売り、トヨタ店やトヨペット店の大規模な参入を食い止めたい気持ちがあるため」というのです。

 トヨタの各販売店は5月から扱い車が増えるので、一時的にはトヨタの新車販売が増えそうですが、地域によっては仲間食いが頻繁になり、収益面で苦戦を強いられる可能性があります。

 購入するユーザーにとっては車種によっては安く買えたり、逆にシビアになったり、いろいろなケースが発生することになりそうです。

■マツダ CX-‌30ベースの3列シート7人乗り車発売?

 マツダは今年末か2021年初めにもCX-30ベースの3列シート7人乗り車を投入する方向のようです。

 SUV市場のなかでCX-8が堅調な販売推移を見せていることから、ミディアムクラスでも同様の戦略で商品展開を図ろうとの狙いによるものです。

 パワートレーンはCX-30と同じ2Lガソリン、1.8Lクリーンディーゼル、SKYACTIV-X(2L)でホイールベースや全長を延長し、3列シート7人乗り仕立てとする模様です。

3列シートSUVとして好調な売れゆきを続けているCX-8に続くカタチで、ミドルクラスのCX-30にも3列シート仕様が登場する可能性がある

次ページは : ■三菱 4月中旬ミラージュをマイナーチェンジ