日本ではN-BOX、世界だと…?? 世界で売れてるホンダ車 ベスト10 <2019>


 “日本一売れている”N-BOXより売れているホンダ車が5台以上ある!? 日本と世界、売れているホンダ車とその顔ぶれの違いは?

 2019年、ホンダは、世界で約517万台のクルマを世に送り出した。そのうち83.7%は海外拠点で生産されており、なかには日本に未導入のモデルも存在する。このため、日本と世界では、その販売ランキングも大きく異なる。

 日本での首位は? あのクルマの世界販売でのポジションは?

 世界で最も売れているホンダ車は、どのモデルなのか。ホンダへの独自取材で回答を得たデータをもとに、2019年の国内外のトップ10をまとめた。

文:大音安弘
写真:HONDA、編集部

【画像ギャラリー】世界では売れてる!? ホンダ国内販売11位以下のモデル/台数は??


日本のホンダ車販売トップ10は?

アクティの後を継ぐ形でデビューしたN-VANが好調な売れ行きで国内6位にランクイン!

 日本でのトップは2017年夏に2世代目へと進化したN-BOX。N-BOXシリーズは2017年以降、登録車を含めた国内販売台数3年連続トップに輝く、日本で最も人気のあるモデルだ。

 2位は、ヤングファミリーから絶大な支持を受けるフリード。モデル末期(編注:2020年2月に新型発売)となるフィットも3位につける健闘を見せた。

▼2019年間販売台数ベスト10【日本】
1位:N-BOX/25万3500台
2位:フリード(+含む)/8万5585台
3位:フィット/7万4409台
4位:ヴェゼル/5万5874台
5位:ステップワゴン/5万2068台
6位:N-VAN/4万5230台
7位:N-WGN/3万2382台
8位:シャトル/3万855台
9位:N-ONE/1万5462台
10位:アクティトラック/1万5268台

(※日本自動車販売協会連合会、全国軽自動車協会連合会データより作成)

 国内販売では、意外にも趣味にも使える多目的商用バン「N-VAN」と2021年6月で生産終了が予告されている「アクティトラック」という商用車ニーズも大きいことが分かる。

 また、かつて絶大な人気を誇ったミニバンのオデッセイは、11位と惜しくもランク外となった。

超意外!? ホンダのNo.1は日本の60倍売れている!? ホンダ世界販売1~3位

1位:CR-V/82万4708台

2020モデルの北米仕様CR-V

 かつてヴェゼルに近いポジションだったCR-Vは、海外でのニーズに合わせ、サイズアップを図ることでホンダの看板モデルへ発展。その座を、より強固としたのが、2016年に投入された現行型だ。

 国内販売台数では12位の1万3041台を販売している。充実装備を誇るシンプルなグレード構成で、価格も高くなったことを鑑みると、日本でも、それなりの実績を上げているともいえそうだ。

 ただ、海外の人気ぶりを考えると少々寂しくも思えるのも確か。ちなみに海外では、地域のニーズに合わせ、2.4Lの自然吸気エンジンやディーゼルエンジンも存在する。

2位:シビック/81万5268台

北米仕様のシビッククーペスポーツ 2020モデル

 2019年の国内販売台数は13位の1万937台だが、その内訳はセダンが1806台、ハッチバックが6447台、タイプRが2684台となり、セダンよりもハッチバックやタイプRの方が売れているのが現実だ。

 しかし、世界に目を向けると、今もホンダを代表する大衆車の顔を持つ。基本的は、セダンとハッチバック、タイプRの展開となるが、北米など一部地域で2ドアクーペも用意される。

3位:ヴェゼル・HR-V/61万9310台

日本を除く大多数の国では「HR-V」として販売されるヴェゼル

 日本の2019年SUV人気No.1モデルであるヴェゼルも、グローバルモデルのひとつ。その手頃なサイズ感を活かし、世界でも大人気。海外では、ヴェゼルの祖先ともいえるコンパクトクロスオーバー、HR-Vの名を受け継ぐ。

 ちなみに中国と香港では、日本同様ヴェゼルと呼ぶが、中国に姉妹モデルとなるXR-Vが展開されることはあまり知られていない。

次ページは : アコードとフィットは国内外で立場逆転!? ホンダ世界販売4~6位