日産新型キックス 懸念と期待 2WDのみ、e-POWERのみ、タイから輸入で売れるのか!?


パワートレインも大きなポイント

 キックスを日本に導入する理由はほかにも考えられ、パワートレインもそのひとつ。

 欧州で販売されている新型ジュークのパワートレインは1Lターボ+DCTのみに対し、キックスは中国マーケットに1.5L+CVTがあるため、ガソリンモデルを追加する時に好都合となっている。 

 そもそも日本で1Lターボ+DCTがウケるとは考えにくい。欧州で人気のDCTも日本ではCVTのほうが人気が高い。

ジュークのパワートレインは、1Lターボ+DCT。DCTの人気がない日本ではこの組み合わせではライバルに対して勝負にならない

日産に必要なのはジュークではなくキックス

 今の日産に必要なのは、無難に売れてノート、セレナ、デイズ/ルークスに続いて柱になれる車種だと思われる。

 同じ日産のコンパクトSUVでもキックスとジュークではキャラクター、コンセプトが大きく違う。

 具体的に見ると、キックスがホンダヴェゼル的なのに対し、ジュークはトヨタC-HR的なキャラクターと言える。

SUVはセダンなどと違い3ナンバーサイズに抵抗感を覚える人は少ないが、全幅1800mmの新型ジュークよりも全幅1760mmのキックスのほうが日本では有利

 トヨタがスペシャルティ要素の強いC-HRをコンスタントに販売しているのには恐れ入るが、初代ジュークでの販売実績を考えると、万人受けして幅広い世代に売りやすいのはキックスであるのは明らかだろう。

 さらにSUVは3ナンバーボディに抵抗がなくなってきているとはいえ、ジュークく比べると全幅の狭いキックスのほうが日本で売れる可能性は高いだろう。

 以上のことを考えると、日産が日本でジュークではなくキックスを販売すると言いうのは非常に理にかなった正しい戦略であるとわかる。

日産の量販車種としてキックスが目指すところは、幅広い年代層から支持を受けているホンダヴェゼルだろう
C-HRはデザインの好みがわかれると言われないがらもコンスタントに販売をマーク。これはトヨタの販売力あってのことで、現在の日産では厳しい

次ページは : キックスに対する不安と期待

最新号

ベストカー最新号

【新型ランクルプラド 来年夏登場】新型86&BRZ初試乗!!|ベストカー8月26日号

本日、ベストカー8月26日号発売!! ランクルプラド、アルファードの次期型最新情報から、新型86&BRZ初試乗、シボレーコルベット公道初試乗など盛りだくさんの内容でお届けします!

カタログ