ローダウンで自動ブレーキが効かなくなるってホント!?【実証テスト】

インターネットを中心に、「ノーマルから(メーカー純正品ではない)車高調ローダウンサスに交換すると、衝突軽減ブレーキが効かなくなるらしい?」という噂が広がっている。そんなバカなと思いつつも、妙に信憑性や説得力があるこの話、ならばとTEINと組んで国沢光宏氏&ベストカー本誌が実験しました!

文:国沢光宏 写真:平野学

ベストカー2017年5月10日号


ノーマルから車検対応ギリギリ、さらに尖った状況までテスト

今や自動ブレーキ(衝突軽減ブレーキ)は「あたり前」の装備になってきたいっぽう、「アフターマーケットのサスペンションに交換すると正確に稼働しなくなる」という話もネットを中心に出回っている。

「車高を変えたらセンサーの許容範囲から外れてしまう」と聞けば「なるほど」と思ってしまうだろう。だが、現実的に考えると、走行中クルマは常に動いているし、乗員+荷物の搭載状況によって前後の車高だって変化していく。ある程度の「許容力」を持たせていると考えるが、今までテストしたデータはなく、ハッキリしない。

そんなことを元WRCドライバーでもあるTEINの藤本吉郎さんと話していたら「興味深いです。クルマとサスペンションは用意しますからテストしてみませんか?」ということになった。


テスト車両はトヨタヴォクシー(カメラ+レーザー式センサーによる衝突軽減ブレーキ装着車)

 打ち合わせの結果、テストは以下、5種類することに決定。

1) 当然のごとく標準サスペンション。

2) いわゆる車高調を付けて車検対応ギリギリの前後75㎜ダウン。

3) 極端な「前下がり」姿勢のため前を104㎜ダウン(前後車高差63㎜)。

4) 前後車高差72㎜という極端な「前上がり」姿勢。

5) TEIN推奨の前後50㎜ダウン。

といった具合。

気になるのは前後同じくローダウンした時の性能だろうが、自動ブレーキのセンサー性能に興味あったので極端な車高も試すことにした次第。

テスト速度はレーザー+カメラ式のセーフティセンスC装着のヴォクシーということで、トヨタがカタログに記載している上限速度の30㎞/hでターゲットに接近。自動ブレーキの稼働チェックを行う。

まずノーマルのダンパーから試す。当然のことながら、なんら問題なくターゲットの手前50㎝ほどで自動停車。

続いて車検対応ギリギリまで75㎜ローダウンさせる。標準と比べると明らかに車高は低い。自動ブレーキが稼働しないとターゲット(発泡スチロール製。レーザーセンサーということで反射板付)にダメージを与えるため、まずは20㎞/hから行う。すると問題なく稼働。5㎞/hずつ車速を上げていくも、30㎞/hまで止まれました。

それじゃ、と極端な前下がり姿勢(前後の車高差は63㎜)で20㎞/hからテスト。意外なことにこれまた普通に稼働し、停止できた。

今まで普通に稼働したので、極端な前上がり姿勢は前後車高差を72㎜とし、さらに後部ラゲッジスペースに130㎏分の水タンクを積んでみた。


バーベキューセットやゴルフバッグ、キャンプ道具などを満載すると、これくらいか

20㎞/hを省略して30㎞/hから始めたところ、稼働せずターゲットにドガン!!

あらま。

25㎞/hに落としたら、これまた稼働せず。

20㎞/hでは稼働した。

試しに130㎏の水タンクを降ろしたら、何事もなかった如く30㎞/hまで稼働。このあたりがセンサーのボーダーラインだと考えてよさそうだ。

最後の推奨車高(前後50㎜ローダウン)はまったく問題なく稼働。


TEINのエンジニアの皆さまと一緒にテスト。かなり尖った状況も用意しました

次ページ:極端な「前上がり」には注意、ということ?

最新号

ベストカー最新号

【スクープ】新型アルファードに新情報|ベストカー 7月10日号

 ベストカーの最新刊が本日発売! 次期型アルファードが2022年春販売するとの情報を独占入手。本誌スクープ班が掴んだ情報を詳しく紹介する。  そのほか、GRスープラ初試乗スペシャルや新型タントのプロトタイプテストの情報ともに、注目車種の情報…

カタログ