新型ポルシェ911ターボSが登場!! 究極のターボ車が日本でも予約開始へ 


 長年、クルマ好きから羨望と嫉妬の視線が注がれてきたポルシェ911ターボ。その最新型が、2020年3月3日にフルモデルチェンジを迎えた。

 最新型となるタイプ992をベースに開発された新型ターボSは、伝統の専用ワイドボディに加え、大幅なポテンシャルアップが図られている。その実力、そして、日本での価格は!?

文:大音 安弘 / 写真:ポルシェ・ジャパン

【画像ギャラリー】泣く子も黙る!?新生ポルシェ911ターボSの雄姿


911の頂点となるターボS

 ドイツ・ポルシェAGは、2020年3月3日、フラッグシップスポーツであるポルシェ911のトップモデル「ポルシェ911ターボS」を投入することを発表した。

 日本での価格も公表されており、クーペモデルが2892万円。電動ソフトトップを備えるオープンモデル「カブリオレ」が3180万円。日本仕様は、いずれも右ハンドルの8速PDK仕様となる。

2020年3月に登場した最新世代の911ターボS。既に、日本での予約受注も開始された

最新こそ最良!カレラよりも大幅な性能向上

 911では、従来型の後期モデルより、ライトサイジング化を図ったターボエンジンを積極的に展開。2018年11月に登場した最新世代のタイプ992も、メインとなるカレラシリーズには、ターボエンジンが搭載されている。

 しかし、敢えてトップモデル名にターボを冠するのは、エンジンだけでなく、ボディやシャシーなど全面的なアップデートが加えられ、大幅な性能向上が図られていることを示す意味を持つ。

 視覚的に性能を語るボディは、伝統の専用ワイドボディを採用。全長4535mm×全幅1900mm×全高1303mm(欧州参考値)と、カレラ比較で、全長+16mm、全幅+48mm、全高+5mmの拡大。ホイールベースは、共通の2450mmとなる。

高性能なターボSだけに、伝統の専用ボディは、性能面でも必須アイテムとなる

 よりセクシーなスタイルとなったボディは、ビジュアル的にも魅力的だが、高性能化されたパフォーマンスをフルに活用するための機能性の高いものでもある。空力改善を図ったエアロダイナミクスは、前後スポイラーを電動可変式とすることで、さらに大きなダウンフォースを提供する。

 ワイド化されたトレッドに収まるタイヤは、前後異形サイズとなるフロント255/35ZR20、リヤ315/30ZR21を装着。膨大なパワーをタイヤに伝える駆動システムには、強化された4WDシステムを採用。最大500Nmのトルクを前輪に伝達することが出来るという。

前後異形サイズを採用し、シャシーと4WDも強化。そのポンテンシャルを、公道からサーキットまで、TPOに合わせて発揮する

次ページは : 要となる新開発の水平対向6気筒ツインターボ