マツダ新型SUV CX-8発売予定を公表!! 新型は3列シート7人乗り!!

 ※本記事トップ画像はベストカー編集部が作成した予想CGです。

 2017年4月28日午前11時30分、マツダは「CX-8」を2017年中に日本市場で発売する、と発表した。

 マツダの新世代商品(いわゆる「CXナンバーシリーズ」)では日本市場初となる3列シートの7人乗りクロスオーバー車で(アメリカ市場向けにはCX-9がある)、発表資料を読むとかなり期待できるモデル。

 以下、公開資料を紹介しつつ、登場時期や仕様、マツダの狙いなどを読み解いていきたい。

 文:Web編集部 写真:MAZDA、ベストカー編集部


新型クロスオーバーSUVは2.2クリーンディーゼル搭載

 「マツダ株式会社(以下、マツダ)は、国内向け新世代商品としては初めての3列シート採用モデルとなる新型クロスオーバーSUV『マツダCX-8』を2017年中に国内で発売することを、本日公表しました」

 短い内容ながら、マツダが2017年4月28日に公表したこのプレスリリースには、読む人が読めばいくつもの情報が込められている。

 とはいえそうした考察はひとまず後回しにして、公開情報を追っていこう。

 まず今回公式に発表された写真は1点。以下の内装画像のみとなる。

上質感のある革張りのシート、
2列目が豪華なアームレスト付きの
セパレートシート仕様の3列シート車とうかがえる

 今回公表されたCX-8の写真。内装が1点のみだったが、それでもわかることはいろいろあった

 上質感のある革張りのシートと、2列目が豪華なアームレスト付きのセパレートシート仕様の3列シート車であることがわかる写真だ。

 続いて文字情報。

 『CX-8』は、マツダの新世代技術「SKYACTIV TECHNOLOGY(スカイアクティブテクノロジー)」とデザインテーマ「魂動(こどう)-Soul of Motion」を全面的に採用したマツダの新世代商品群の最新モデルであり、同社の国内市場向けSUVラインアップにおける最上位モデルとなります。

 マツダの小飼雅道(こがいまさみち)代表取締役社長兼CEOは、次のように述べています。

 「『CX-8は、マツダらしい走りやデザイン・質感を備えながら、3列目まで大人がしっかり座れるパッケージを実現した新型クロスオーバーSUVであり、多人数乗車とともに上質さをお求めになるお客様に向けた、マツダの新しい提案です。

 マツダは今後とも継続的な進化を続けながら、すべてのお客さまに走る歓びと優れた環境安全性能をお届けすることで、お客さまとの間に特別な絆をもつブランドを目指してまいります。 

 そして諸元も一部公開された。

■マツダCX-8諸元

  • 全長×全幅×全高 4900㎜×1840㎜×1730㎜
  • ホイールベース 2930㎜
  • エンジン SKYACTIV-D 2.2(新世代クリーンディーゼル)
  • トランスミッション SKYACTIV-DRIVE
  • 乗車定員 6名/7名

 さらに、これは文字発表されていないものの、当編集部の問い合わせベースで判明した情報として、

  • ■価格は300万円台前半から
  • ■マツダの従来の3列シート車、ビアンテとプレマシーは年内に生産終了

 さて、これらの公表情報からわかることを、以下、考察していきたい。

なぜCX-「6」ではなく「8」だったのか

 マツダが国内向けに3列シートの新型クロスオーバーSUVを開発していることは、すでに『ベストカー』本誌でも何度か報じていた。

 ただし車名は「CX-6」と予想しており、つまりCX-5と(2006〜2011年に日本で販売されていたが、2013年から中国市場専売車となっている)CX-7の中間的なモデルとして発売されると考えていた。

 しかし今回公表された車名は「CX-8」。つまりワンランク上のカテゴリーであり、CX-7と(2007年から北米市場で販売され、2016年2月に2代目へとフルモデルチェンジした)CX-9の中間モデルとなる、ということだ。

CX-9

 2011年まで日本でも販売していたCX-7。2005年の東京モーターショーでコンセプトモデルとして登場した時は「MXクロスポルト」と名乗っていた。

 2列シート5人乗り 北米市場で人気のCX-9。ガソリン2.5Lのターボエンジンを搭載する3列シート7人乗りのSUV

 公表された内装写真が革張りシートであるところを見ると、かなり上級に振ったモデル構成となりそうだが、「価格は300万円台前半から」ともアナウンスされている。

 価格帯やジャンルを考えると、スバル・エクシーガクロスオーバー7や(こちらは2列シートだが)トヨタ・ハリアーが競合車となりそう。

 今回マツダがわざわざ(「2017年度中」ではなく)「2017年中」と発表したということは、発表時期は2017年10月27日〜11月5日に開催する東京モーターショー2017だと考えていいだろう。

 さらにいえば、通常あまりこういうことは発表されないのに「ビアンテとプレマシーは年内に生産中止」とアナウンスしたというところに、このCX-8への期待の高さと、

 「今後マツダは、魂動デザインと“走る歓び”を両立させたモデルだけでやっていく(それにそぐわないモデルは廃止していく)」という決意の強さが表れている。

 もちろんCX-8の実物を見るのも楽しみだし早く乗ってみたいが、今後のマツダというメーカーそのものの「突き進み方」にも興味がわいてくる発表資料でありました。

FD3S型RX-7

 個人的には宇宙一かっこいい車だと思っているFD3S型RX-7を「CX-∞」という車名で復活させてほしい。2017年はマツダロータリーエンジン50周年イヤーです

最新号

ベストカー最新号

【新型アルファード2022年登場】新型フェアレディZ初公開!!|ベストカー10月26日号

 ベストカーの最新刊が本日発売! 最新号では、トヨタ高級ミニバン、アルファードの最新情報をお届け。  そのほか、新型フェアレディZプロトタイプ、新型レヴォーグ、新型ヤリスクロス、ボルボXC40マイルドハイブリッドなど注目車種の情報から、3列…

カタログ