王者ホンダN-BOX、今秋マイナーチェンジ 戦力増強し盤石体制に


 昨年(2019年)の累計販売台数で253,500台という驚異的な販売台数を記録し(ホンダとして過去最高)、登録車を含む新車販売台数で第1位を獲得。さらに登録車含む国内全新車販売台数でも3年連続1位でありながら、軽四輪車新車販売台数だけで見ると、5年連続の首位獲得に輝いたN-BOX。まさに、破竹の快進撃を続けている。

 そんなN-BOXが「2020年の秋にマイナーチェンジを実施する」という情報が入ってきた。毎日、新車ディーラーを回って「生」の声を届けてくれる、流通ジャーナリストの遠藤徹氏に、N-BOXのマイチェン情報について、取材をしていただいた。

文:遠藤 徹 、写真:本田技研工業

【画像ギャラリー】マイチェンは今秋か!? 最新ホンダN-BOXのスタイル


N-BOXが今年10月頃にマイナーチェンジ‼

 ホンダは、今秋の10月頃に、N-BOXをマイナーチェンジする。

  現行モデルの発売が2017年8月31日であったから、約3年ぶりの大幅な改良といえる。現行シリーズは、前モデル以上のヒット作であり、最大のライバルであるダイハツ・タントが2019年7月9日に、全面刷新して大幅な商品力アップを断行し、対抗しても、販売台数で負けたのは、2019年11月のたった1ヶ月のみ。それ以外の月は軽自動車、登録車も含めて車名別販売台数トップに君臨し続けている。

登録車を含め、最も好調な日本車であるN-BOX。その人気は、留まるところを知らない

 ちなみに、今年(2020年)1~3月の月販平均台数は、N-BOXが2万69台なのに対して、タントは1万4733台と、5000台以上の大差をつけている。

 これだけ差をつけているのだから、マイナーチェンジで大幅に刷新しなくてもトップセラーを譲ることはないと思われるが、ホンダとしては安心して構えているわけにはいかないらしい。

 販売店関係者によると、「N-BOXが今年マイナーチェンジするのは、売れ行きやライバルの動きに関係なく既定路線だから。あくまで予定通り実施する方針であり、メーカーからは今年初めの時点で、そのスケジュールが伝えられている」(首都圏ホンダカーズ営業責任者)と打ち明ける。

 いっぽうダイハツ タントは、この7月で発売後1年が経過する。そのタイミングで、一部改良や追加モデルの設定などで、商品ラインアップを強化し、N-BOXの追撃を加速させるに違いない。

DNGA第一弾として、大幅な戦力アップを図ったダイハツ タント。しかし、王者N-BOXが大きな壁として立ちはだかる

注目されるマイチェンの内容は!?

 価格戦略ではN-BOXとタントではかなりの違いがある。車両本体価格はN-BOXが141万1300~212万9600円に対してタントは124万3000~197万4500円であるから、N-BOXのほうが16万8300~15万5100円も高い。

 この違いの大きな部分は、メーカーオプション装備品だ。N-BOXだと、オプションとせず、標準装備で組み付ける部分が多いためだ。装備を充実させ、クオリティアップさせている分、N-BOXのほうがタントよりも立派に見えるので、人気が高いといった側面がある。

 最近増えている残価設定クレジットで組めば、毎月の支払いではそれほど差がつかず、価格の高さは、あまりネックになっていないという事情もありそうだ。

次ページは : ※証言:1首都圏メーカー資本ホンダカーズ営業担当者

最新号

ベストカー最新号

【新型ランクルプラド 来年夏登場】新型86&BRZ初試乗!!|ベストカー8月26日号

本日、ベストカー8月26日号発売!! ランクルプラド、アルファードの次期型最新情報から、新型86&BRZ初試乗、シボレーコルベット公道初試乗など盛りだくさんの内容でお届けします!

カタログ