言語道断! 「ながら運転」厳罰化で事故45%減の効果と一抹の不安


 2019年12月から走行中スマートフォンなどを使用する「ながら運転」に対する厳罰化が始まり、約4カ月半が経過した。

 警視庁の資料によると、ながら運転による事故件数は大幅に増加しており、10年前に1299件だった事故件数は、2018年には2790件と約2倍になっていた。また、携帯電話使用時の死亡事故率は、未使用時の約2.1倍に増加するというデータも出されていた。

 当記事では、「ながら運転」に対し強化された罰則の内容や、増加傾向だった事故件数への厳罰化の効果などを紹介していきたい。

文/永田恵一
写真/Adobe Stock

【画像ギャラリー】自分は大丈夫は禁物!! 「ながら運転」と「飲酒運転」厳罰化された罰則を一覧で紹介!


■「ながら運転」に対する厳罰化の内容

●通話を含めた電話機などの保持や2秒が目安となる注視
・罰則&反則金
 5万円以下の罰金(反則金は普通車で9000円) → 6カ月以下の懲役または10万円以下の罰金(反則金は普通車で1万8000円)

・違反点数
 1点 → 3点

●「ながら運転」が原因の事故を起こすなど、交通の危険を生じさせた場合
・罰則 & 反則金
 3カ月以下の懲役または5万円以下の罰金(反則金は普通車で9000円) → 1年以下の懲役または30万円以下の罰金(反則金は対象外で罰則が適用される)

・違反点数
 2点 → 免許停止となる6点

 取り締まりで検挙される前者に関しては何とか軽微な違反のうちに入るものの、「ながら運転」が原因で事故を起こした後者だと一発で1カ月間の免許停止になるのだから、これは重い罰則だ。

 それを裏付けるように、「ながら運転」による事故件数は2008年の約1300件に対し、2017年と2018年には倍以上の約2800件にまで増加しており、厳罰化も納得できる。

一瞬見るくらい大丈夫だろうという過信が、大きな代償を払う事故につながる「ながら運転」
2019年12月1日から厳罰化された、携帯電話使用等に関する罰則

■厳罰化の効果はあったのか?

 最新データとなるのは、警察庁発表の2019年12月から2020年2月までの3カ月間の「ながら運転」の取り締まり件数と、「ながら運転」が原因で発生した事故件数だ。

●取り締まり件数
 前年同時期(2018年12月から2019年2月) 17万2465件 → 6万4617件(62.5%減)

●事故件数
 660件 → 363件(45%減、「ながら運転」による事故件数ワースト3は福岡県40件、東京都と埼玉県の28件、兵庫県の23件)。うち死亡事故は2件減の7件、重傷事故は12件減の34件。

 と、取り締まりの強化や厳罰化、「ながら運転」の危険性の周知を行った効果はひとまず非常に大きかったと断言できる。

次ページは : ■「ながら運転」の危険性

最新号

ベストカー最新号

【2022年夏登場か!?】新型カローラスポーツGRを独占スクープ!!|ベストカー5月26日号

 コロナ禍は収まるどころか、第4波の到来が確実視され、不穏な空気が流れています。そうなると当然のように自粛要請となりますが、そんな時にはクルマに関する情報量満載のベストカーを読んで過ごすのがオススメです。  今号もニューカー、古いクルマを合…

カタログ