セレナe-POWER、新型レクサスLS、新型レヴォーグら最新情報入荷!! 

 毎月200店舗の自動車ディーラーを訪問し、そこで聞いた「生の情報」をお届けする、流通評論家・遠藤徹の地獄耳スクープ。

 今回は日産注目の新車「セレナe-POWER」の発売情報や「レクサスLSのフルモデルチェンジ時期」、「CX-3のガソリン車追加」など、耳よりな情報が入ってきました! 

 ディーラーへ出かける前に、ぜひチェックしてください!(アイキャッチ画像は現行型セレナ)

文:遠藤徹
ベストカー2017年5月26日号


■セレナe-POWER発売は多少先送りで10月投入か

 ノートで大成功を収めたハイブリッド化(e-POWERグレード追加)のセレナ版は、今期の日産ディーラーの目玉商品と見込まれています。

 ただし当初セレナe-POWERの追加は2017年の8月〜9月にも投入の見込みでしたが、10月以降にずれ込む可能性があります。

 日産ディーラーでは年度はじめの4月に上期分のスケジュールが販売店に提示されるのが通例ですが、現段階(4月中旬時点)ではまだ明らかになっていません。

 前半のキャンペーン企画を提示する4月終盤に通達される可能性もありますが、場合によっては今秋開催の東京モーターショー2017の目玉として出展される可能性もあります。現段階では「年内の投入」ということだけが通達されている状況です。

■レクサスLSは10月19日にフルモデルチェンジ

 レクサスブランドの最高峰サルーン「LS」のフルモデルチェンジが10月19日に決まり、その日程が各ディーラーに通達されました。

 次期型ではレクサスにおける次世代のクルマづくりの考え方である「GA-L」を採用。新設計のプラットフォーム&基本コンポーネントで仕立て、クオリティアップを図ると同時に新開発のパワーユニットを搭載。走行性を大幅に向上させます。

 パワートレーンは従来の4.6~5L,V8に代えて3.5L,V6のターボとハイブリッドとし、460、600hの名称を500、500hに変更します。

 ハイブリッド車はこれまで4WD車のみでしたが、FRと4WDの両駆動方式を設定します。ハイブリッド用の従来のニッケル水素バッテリーは、コンパクト&高効率なリチウムイオン方式に切り替えます。

 グレードは3.5Lターボ、3.5L+ハイブリッドともに、標準、Fスポーツ、バージョンL、アドバンスパッケージをラインアップします。

 法人向け仕様のロングボディバージョンも、ターボとハイブリッドの両仕様を引き続き用意します。なお、8月中旬から事前予約の受付を開始する見込みです。

2017年1月にデトロイトショーで披露され、4月のニューヨークショーでは「Fスポーツ」も公開された新型LS。日本発売は10月に決定したもよう

■レクサスRXは11月にマイナーチェンジ

 レクサスRXのマイナーチェンジが11月に実施されます。内外装のデザイン変更、新グレード&ボディカラーの設定などがメインの改良点となります。

 メカニズム面は基本的には変更なく、エンジン、足回りの小幅な手直しにとどまる見込みです。

■シビックシリーズは7月下旬に繰り上げ投入

 ホンダは新型シビックシリーズを7月下旬に繰り上げ投入する方向で検討を進めています。

 N-BOXのフルモデルチェンジを8月下旬に延期するのに伴う措置と見られます。5月末までに次期型N-BOXとともに販売店の商品説明会を実施し、事前予約を開始します。

 4ドアセダン、5ドアハッチバック、タイプRの3ボディ構成で、4ドアセダンのみが国内生産で、ほかはイギリスからの輸入モデルです。

 パワーユニットはタイプRが2Lターボでほかは1.5LターボとNA2Lを搭載。安全パッケージである「ホンダセンシング」標準装備車を設定します。

 アコードとフィット/シャトル/グレイスとの中間の価格設定となり、月販2000台程度を目指す見込みです。

■CX-3とデミオが今年10月頃にマイナーチェンジ

 マツダはコンパクトカーシリーズのCX-3、デミオを今秋までにマイナーチェンジし、商品ラインアップを強化します。

 内外装のデザイン変更、新グレード&新ボディカラーの設定などが主な改良の内容になります。さらに、Gベクタリングコントロールシステムの導入で走行安定性能を向上させます。

 また、CX-3はこれまで1.5Lディーゼル車のみでしたが、このマイナーチェンジで1.5Lのガソリン車もグレードに加える見込みです。

デミオベースのコンパクトSUVとして注目を集めているCX-3。1.5Lのクリーンディーゼルのみのラインアップだが、今秋のマイチェンで1.5Lガソリンエンジン車をラインアップに加える予定

■ダイハツは軽自動車のモデルラインアップを再編

 ダイハツは今後、軽自動車のモデルラインアップの再編に乗り出す考えです。ムーヴコンテ、ミラココアなど、ミラ&ムーヴ両シリーズに設定していた派生モデルを廃止し、次世代のマーケットニーズに合致させたモデルづくりの構築を目指します。

 ’14年にウェイク、’15年キャストと、新しいコンセプトを採用したニューモデルを投入しましたが、このうちSUV志向のキャストはマーケットへの定着に成功しましたが、ウルトラスペースワゴンのウェイクはシビアなマーケット評価になっています。

 しかも、同じようなコンセプトのアトレーワゴンのシェアを食い、スズキのエブリイワゴンに大差をつけられている状況にあります。このため、今後ウェイクを廃止し、別のコンセプトモデルに切り替える可能性もあります。

■6月にレヴォーグがマイナーチェンジ

 スバルは6月にもレヴォーグをマイナーチェンジします。主な改良点は、内外装のデザイン変更、新グレード設定、走行性能の向上で、さらに安全パッケージ最新の「アイサイト・バージョン3進化版」を標準装備します。

 秋までにはレガシイ、WRXもマイナーチェンジ&一部改良され、同安全パッケージ装備車を設定する見込みです。

 前回の「地獄耳スクープ」、ステップワゴン、フィットのマイチェン情報はこちらをご参照ください。

最新号

ベストカー最新号

【次期フェアレディZ誕生へ】日本車 2020年期待の星|ベストカー12月26日号

 ベストカーの最新刊が本日発売!  最新号では、伝統のある日本車のビックネームであるフェアレディZとパジェロの次期型情報をお届け。ベストカースクープ班が独占入手した情報を詳しく紹介する。   そのほか、日本車2020年期待の星、GR SPO…

カタログ