トヨタGRヤリス 現役最強モンスター4WDの賢いグレード選びのコツは「待ち」


 2020年夏の販売開始に向け、現在は「ファーストエディション」の事前予約を受け付けている「GRヤリス」(編集部註:事前予約は2020年6月30日23時59分までの予定)。

 グレードは基準の「RZ」(396万円)と、走りの装備満載の「RZハイパフォーマンス」(456万円)の2構成となっており、「RZハイパフォーマンス」がその価格差60万円に見合う装備となっているのかは気になるところ。

 本記事では、グレード間の装備の違いを比較、そして、RZパフォーマンスのみに搭載される注目のアイテム「トルセンLSD」の必要性について、考察していく。

文:吉川賢一/写真:TOYOTA

【画像ギャラリー】事前受付は2020年6月30日まで!! GRヤリスファーストエディションの装備研究


“RZ”と“RZパフォーマンス”の違いとは?

GRヤリスのデビューを記念した期間限定車のファーストエディションは、RZ(396万円)とRZハイパフォーマンス(456万円)の2グレード設定されている

 現在、事前予約ができるファーストエディションは、通常販売されるGRヤリスに対して、専用パーツによる差別化が図られている。

 例えば、フロントグリルとサイドのディフューザー、リヤスポイラー、リヤディフューザーが、精悍なマットブラック塗装となっていること、などだ。さらに「RZハイパフォーマンス」には、以下のような専用装備がある。

<RZハイパフォーマンス専用装備一覧> 
ホイール&タイヤ BBS製鍛造(マットブラック塗装)+ ミシュランパイロットスポーツ4S  ※RZはエンケイ製鋳造ホイール(ブラック塗装)+ ダンロップSPスポーツMAXX050
前後トルセンLSD  ※RZはLSDなし
冷却スプレー機能付き大容量空冷インタークーラー  ※RZは冷却スプレーなし
前後ブレーキキャリパーのレッド塗装  ※RZはオプション
ブレーキダクト(ブレーキに走行風を当て冷却性能を高める)  ※RZはなし
プレミアムスポーツシート(合皮とスウェードのコンビ表皮) ※RZはスポーツシート(ファブリック表皮)
JBL8スピーカー+アクティブノイズコントロール  ※RZはオプション

シートは3タイプあり、RZはファブリック(左)、ハイパフォーマンスは合皮&スウェードのプレミアムスポーツシートの2種類(写真中/左)

 専用のプレミアムスポーツシートや、ホイールとミシュラン製ハイグリップタイヤ、冷却スプレー付の空冷インタークーラーなど、豪華な装備が並んでいる中で、走行駆動系に関するビッグアイテムが前後のトルセンLSDだ。

“RZパフォーマンス”だけにつくトルセンLSDとは?

 トヨタによると、「より高いレベルのスポーツドライビングにも応えるため、トルセンLSDを前後に搭載した」らしいが、具体的にはどういったシーンで役立つのだろうか。

 クルマがコーナーを曲がるときには、内輪と外輪の軌跡に差が発生する。外輪側の方が長い距離を回るため、外輪側の車輪の方が回転数は多くなる。この回転数の差を吸収するのが「デフ」(デファレンシャルギア=差動ギア)だ。

 このデフなくして、クルマはコーナーをスムーズに曲がることはできず、仮に、デフの無い直結状態のクルマでコーナーを曲がろうとすれば、内輪もしくは外輪が引っかかるような邪魔な動きとなってしまう。

 このように、クルマにとって無くてはならない装備であるデフであるが、ときに「悪さ」をすることもある。

ラリー、サーキットレースなど競技ユースではコーナリングパフォーマンスを上げるためにLSDは必須アイテム。というよりも、ないと話にならない

 雪道やダートのような悪路走行で片輪がスリップしたとき、もしくは、コーナリング中に縁石やギャップで片輪が宙に浮いてしまった、というとき、デフが働くことによって、スリップした側、もしくは宙に浮いている方の駆動輪に、駆動力が逃げてしまう。

 こうなると、接地している駆動輪に駆動力が伝わらず、前に進めない状況となり、コーナリング速度の低下や、雪道や悪路ではスタックするなどの問題が起きてしまう。

 この現象を改善してくれるのが、LSD「Limited Slip differential Gear=差動制限装置付きデフ」だ。

 これによって、駆動輪の片側のタイヤがスリップしたときも、デファレンシャルギアの働きによって、タイヤが空転してクルマが動けなくなるのを防ぐことができる。

 前置きが長くなったが、GRヤリスの「RZハイパフォーマンス」に搭載されている「トルセンLSD」とは、トルク感知式の差動制限装置付きデフ(torque sensing limited slip differential)の略で、JTEKTの商標登録名だ。

FRスポーツのトヨタ86はGの6ATモデルを除き、トルセンLSDを標準装備。LSDはドリフトを楽しむのにも必須。写真は限定モデルのブラックリミテッド

 言葉で説明するのはとても難しいのだが、トルセンLSDは、複数のギアを組み合わせ、それらのギアの噛みあわせの抵抗とデフケースとの摩擦力を利用しているもので、強い差動制限力を発揮しながらもメンテナンスはほぼ不要なのがメリットだ。

 なお構造の違いで「タイプA」、「タイプB」、「タイプC」とあり、RZハイパフォーマンスには、差動制限力の設定可能幅が広い「タイプB」が搭載される。

次ページは : トルセンLSDはGRヤリスにとってどれだけ重要なの?

最新号

ベストカー最新号

【2022年夏登場か!?】新型カローラスポーツGRを独占スクープ!!|ベストカー5月26日号

 コロナ禍は収まるどころか、第4波の到来が確実視され、不穏な空気が流れています。そうなると当然のように自粛要請となりますが、そんな時にはクルマに関する情報量満載のベストカーを読んで過ごすのがオススメです。  今号もニューカー、古いクルマを合…

カタログ