おっ、気づけば元王者C-HRを逆転! そんなにいいのかCX-30 マツダで一番売れる理由

 日本自動車販売協会連合会(自販連)が発表している2020年3月の販売台数で、マツダ「CX-30」(5647台)がトヨタ「C-HR」(5172台)を抜き、18位に入った。ここまで僅差でC-HRを追っていたが、3月ついに逆転した。

 小型SUV「CX-3」とミドルSUV「CX-5」の中間に位置する全高を抑えたトレンドのクロスオーバーSUVのCX-30は、マツダが大本命と位置付けたモデルだ。

 CX-30は現在マツダで一番売れているクルマとなったが、ここまで受けた理由とは何なのか? 新たに追加した「SKYACTIV-X(スカイアクティブX)」は受け入れられているのか? その実態を流通ジャーナリストの遠藤徹氏がレポートする。

文/遠藤徹
写真/編集部

【画像ギャラリー】元王者「C-HR」をとらえたマツダの本命「CX-30」の注目ポイントを紹介!


■一巡したC-HRをとらえたCX-30の悩みの種は「スカイアクティブX」

 2020年3月の登録乗用車通称名別ランキングを見ると、マツダ「CX-30」が18位(5647台)で、21位のトヨタ「C-HR」(5172台)を初めて抜き、マツダのトップセラーモデルに浮上したことが判明した。

 CX-30は2019年9月20日に発売したミディアムクラスの新型クロスオーバーSUVで、新開発の圧縮着火方式による「スカイアクティブX」を搭載しているのが売りのひとつ。発売後半年経過して初めてC-HRを抜いたのだが、半年もかかったのには理由がある。

新型CX-30。価格帯は239万2500(20S・2WD)~371万3600円(X L Package・4WD)

 スカイアクティブX搭載車を発売したのは、2020年1月10日だった。発表と同時にスカイアクティブXの受注は受け付けていたので、発売までに同モデルのバックオーダー(受注残)を多数抱えており、これらが発売以降に一挙に登録されたので、C-HRを抜くことができたといえる。

 一方、C-HRは2019年10月18日にマイナーチェンジし、カスタマイズバージョンの「GRスポーツ」を追加するなど商品ラインアップを強化したが、今のところあまり売れ行きはあまりよくない状況が続いている。同モデルの2020年1~3月における月販平均登録台数は4209台で前年同期に比べて36.8%もの大幅なマイナスとなっている。つまりマイナーチェンジと追加モデルの設定が効果を上げていないのである。

2019年10月にマイナーチェンジを行った「C-HR」。写真左右が標準モデルで、中央がカスタマイズバージョンのGRスポーツだ。価格は236万7000~309万5000円

 これはどういうことなのか。「C-HRは現行モデルの登場が2016年12月14日で3年以上が経過した古いモデルで、需要は一巡期にある。同じトヨタ全系列店にはコンパクトクラスで2019年11月5日に発売したヒットモデルのライズがあるので、こちらの人気の高さに押されて影が薄くなっているという事情もある」(首都圏トヨタ店営業担当者)とコメントする。

 これに対してCX-30はどのような売れ方をしているのか。「確かにCX-30はオリジナルのマツダ登録車としては今現在で最も人気が高く売れ行きがいい。しかしながら、パワーユニット別の販売構成比は1.8Lディーゼルターボと2Lガソリンが45%ずつ、残りの10%がスカイアクティブXで、売りのはずのスカイアクティブXが予想外に苦戦を強いられている」(首都圏マツダ店営業担当者)と打ち明ける。

■走りはよくてもコストが高すぎて競争力の低い技術

 スカイアクティブXは走りのよさは申し分がないのだが、ネックになっているのは価格のバカ高さである。

 2WD車の車両本体で比較すると2Lガソリンの「20S プロアクティブ」が261万2500円、1.8ディーゼルの「XD プロアクティブ」が288万7500円に対して「X プロアクティブ」329万4500円だから、「20S」に対しては68万2000円、ディーゼルには40万7000円も高い。

SKYACTIV-Xは、通常のガソリンエンジンのような火花点火(SI)ではなく、ディーゼルエンジンのように圧縮着火(CI)する。「M Hybrid」と呼ばれる24Vのマイルドハイブリッドシステムが組み合わされる(写真はマツダ3搭載のスカイアクティブX)

 さらにプラスされるのは燃料費である。スカイアクティブXはハイオクガソリン奨励だから、レギュラーガソリンより約10円/L高く、ディーゼルの軽油より20円以上高くなる。その分燃費が良いが、価格差はカバーできないだろう。

 走りのよさ、快適性などはスカイアクティブXのほうが格段によくなると言われているが、ユーザーがこの価格差をどう見るかで評価の仕方が違って来るが、現時点で販売構成比は10%程度にとどまっているということは、高価過ぎることがユーザーに理解を得られていないといえる可能性がある。

 もともとスカイアクティブ技術によるエンジンはガソリン、ディーゼルとも直噴であり、高圧縮比が必要でシリンダーブロックの強度を高めた材質を使うことでコスト高になるといわれた。

 それに加えて、スカイアクティブXはさらなる高圧縮比と超希薄燃焼による圧縮着火という技術が加わり、さらにマイルドハイブリッドが加わるので、50万円以上もの値上げをせざるを得ない状況になっている。

 これがユーザーに理解され、量産が加速すれば、これによるコストダウンで値下げが可能になるが、現在のような売れ行きだと安くできない可能性がある。

 実際には「コスト高は価格設定をぎりぎりに抑えている。このため販売店にはマージンの引き下げも要請している」(マツダ営業部筋)と説明する。このため販売店はユーザーにスカイアクティブX車を販売する際に値引きを抑えて売っている。

 トヨタだと同クラスの小型車のマージン幅は35万円以上あるが、スカイアクティブ車は20万円程度しかない。これ以上値引きすると赤字になってしまうので、できないのが実情である。

 マツダとしてはスカイアクティブ車の良さを周知徹底させるために、今後試乗車を可能な限り多く配置し、多くのユーザーにハンドルを握って貰い売り込みを強化するものと思われる。したがって今後はC-HRの巻き返しに会い、抜き返される可能性がある。

■現場が感じるCX-30の強みと弱み

●証言:首都圏マツダ店営業担当者
 CX-30自体は人気が高く、売れ行きは好調だが、スカイアクティブX車はシリーズ全体の10%程度と少ない。

 この価格の高さでは売り込むのは難しい。試乗会を可能な限り多く行い、スカイアクティブXの走りのよさを周知徹底するように努めたい。

【画像ギャラリー】元王者「C-HR」をとらえたマツダの本命「CX-30」の注目ポイントを紹介!

最新号

ベストカー最新号

【2021年登場へ!】新型86/BRZ 衝撃デザインとその性能|ベストカー6月26日号

 ベストカーの最新刊が本日発売!  最新号では、トヨタとスバルのコラボモデル、86/BRZのモデルチェンジ最新情報をお届け。  そのほか、2020年5月15日にタイで発表された新型キックス、ハリアー、WRX S4限定車など注目車種の情報から…

カタログ