CX-30が元王者C-HRを逆転!! そんなにいいのか? マツダで一番売れる理由

 日本自動車販売協会連合会(自販連)が発表している2020年3月の販売台数で、マツダ「CX-30」(5647台)がトヨタ「C-HR」(5172台)を抜き、18位に入った。ここまで僅差でC-HRを追っていたが、3月ついに逆転した。

 小型SUV「CX-3」とミドルSUV「CX-5」の中間に位置する全高を抑えたトレンドのクロスオーバーSUVのCX-30は、マツダが大本命と位置付けたモデルだ。

 CX-30は現在マツダで一番売れているクルマとなったが、ここまで受けた理由とは何なのか? 新たに追加した「SKYACTIV-X(スカイアクティブX)」は受け入れられているのか? その実態を流通ジャーナリストの遠藤徹氏がレポートする。

文/遠藤徹
写真/編集部

【画像ギャラリー】元王者「C-HR」をとらえたマツダの本命「CX-30」の注目ポイントを紹介!


最新号

ベストカー最新号

【新型Zの期待と不安】GT-Rに延命説浮上!|ベストカー 11月10日号

 ベストカーの最新刊が本日発売! 最新号では、事実上凍結されていた次期型日産GT-Rのモデルチェンジの最新情報をお届け。  そのほか、新型フェアレディZプロトタイプ、ホンダe、新型レヴォーグ、マイナーチェンジしたルーミーなど注目車種の情報か…

カタログ