最売れ筋「UX」でも月販1000台!? それでもレクサスは成功しているのか

 最も売れているSUV「UX」でも販売台数は月1000台あまり。日本でも販売する唯一の高級車ブランド、レクサスは本当に成功しているのか?

 日本自動車販売協会連合会は、毎月車種別の販売台数ランキングを、上位50台まで発表している。

 その最新データとなる2020年3月のベスト50に、レクサス車としては唯一「UX250h」が49位/1090台でランクインした。

 ただ、このデータをどう受け取るべきか……。新型コロナ禍とはいえ、3月は1年で最もクルマが売れる月。穿った見方をすれば、UX以外のレクサス車は月1000台にすら達していないともいえる。

 グローバルでは2019年に過去最高の販売実績を残したというレクサスは、本当に成功しているといえるのだろうか。以下、御堀直嗣氏が解説する。

文:御堀直嗣
写真:LEXUS、編集部

【画像ギャラリー】今年で生誕30年! 現行レクサスの全11車種のラインナップ


国産セダン苦境のなかESが意外な健闘

2018年発売のレクサスES。カムリと同じプラットフォームを採用したFFのラージセダン。国産セダンでは望外に健闘

 レクサスは、成功しているのか? という問いに対し、答えは、着実に前進し、プレミアムブランドとして成功している、と私は考える。その理由を述べよう。

 国内市場では、昨2019年の年間販売台数において、レクサスのSUV(スポーツ多目的車)である「UX250h」が、1万4409台を販売した。また、4ドアセダンの「ES300h」が1万1140台で、それぞれベスト50の42位と46位に位置している。

 SUVのなかでは、トヨタ RAV4やマツダ CX-5に比べると3分の1以下や半分以下といった台数だが、UX250hの下にマツダ CX-3やCX-30の名がある。

 なおかつ、UX250Hはハイブリッド車で、ガソリン車のUX200の数字は入っていないはずだ。UX200の台数もUX分として追加すればさらに増える可能性がある。

 ES300hは、車種がハイブリッドひとつに絞られるので、2019年の年間販売台数はそのまま売れ行きを示しているといえる。同じFFセダンのトヨタ カムリは1万9221台で、その6割ほどにES300hは届いている。

 ちなみに、他メーカーの日産スカイラインや、ホンダ アコードの名がベスト50に入ってきていないのだから、4ドアセダン離れがいわれる昨今、ES300hの売れ行きは評価できるのではないか。

BMWやベンツと比べたレクサスの売れ行きは?

レクサスLSとメルセデスベンツSクラス。日本おけるレクサスの販売台数は、メルセデスベンツに次ぎ、BMWを凌ぐまでに成長

 レクサス車全体では、国内で昨年累計6万2244台が売れた。対前年比113.5%の伸びで、これは過去最高である。2018年は5万4867台だから、7377台の増加である。

 この販売状況を、プレミアムブランドが多い輸入車の国内販売台数と比べてみると、どうであろう。

 2019年の国内輸入車販売1位は、メルセデスベンツで6万6553台だ。2位はBMWで4万6814台。3位はフォルクスワーゲンで、4万6794台となる。4位は大きく離れてアウディの2万4222台で、BMWミニがそれに続いて2万3813台であり5位という順である。

 ここにレクサスを当てはめてみると、メルセデスベンツに続く2位の販売台数を残したことになる。ことに大都市部では、最近BMWの姿をよく見かけると感じているのではないか。

 同時にレクサスも増えてきたという印象があるだろう。しかし数字的には、35%近くレクサスの方が販売で上回っているのである。

日本で高級輸入車といえばベンツ、BMW、アウディのドイツ御三家だが、近年BMWやアウディは販売を減らしている

 さらに、近年の輸入車の販売動向を振り返ると、メルセデスベンツは2017年の約6.8万台から毎年のように販売台数を落としている。

 BMWも、同じく2017年の約5.2万台から毎年台数を減らしている。アウディも、2014年の約3.1万台からじわじわと毎年落としての約2.4万台だ。

 それらドイツ勢に対し、スウェーデンのボルボの伸びが顕著だ。またポルシェやジャガーなども、販売台数が一桁少ない水準だが、堅実に台数を伸ばしている。

 比較的高価格帯の輸入車の状況全体から比べても、レクサスの伸びと販売台数の実績は、プレミアムブランドとして立派な数字ということができる。

 あえていえば、メルセデスベンツやBMWの牙城を崩しはじめているとも考えられるのである。

レクサスは世界で売れているのか

レクサス国内最量販車種のUX。C-HRと同じプラットフォームを活用した小型SUVで、2019年は年間1万4000台超を販売

 世界へ目を転じてみても、レクサスは2019年に年間76万5330台を売り、対前年比109.6%の伸びで、グローバルでも史上最高の伸びを記録した。

 ボルボも、昨年史上初の70万台超えの実績を記録。6年連続での最多実績更新であり、国内においても、近年のボルボの存在感の上昇は目につくところだ。

 多くの消費者にとって、これまでプレミアムブランドといえば、メルセデスベンツやBMW、そしてアウディといったドイツ車を思い浮かべることが多かったはずだ。それらのメーカーの年間販売台数は、グローバルでメルセデスベンツとBMWは200万台超えだが、アウディは約180万台である。

 英国のジャガーは約16万台、SUVのランドローバーは約39万台で、両車をあわせたジャガー・ランドローバーとしては55万台規模でしかない。

 異色としては、電気自動車(EV)専門の自動車メーカーであるテスラの2019年の販売実績は約36.7万台であり、対前年比149.8%である。

 メルセデスベンツとBMWはやや多めだが、世界的に見てもプレミアムブランドは年間数十万台~200万台あたりというのが普通であって、トヨタ車のような900万台などという数字は特別なのである。

歴史「浅い」レクサスの成長どう見る?

1989年に発売された初代レクサスLS。当時、日本で発売されたセルシオと同型のモデルだった

 レクサスは、1989年に生まれたブランドだ。それから30年の時が流れた。トヨタの一部とみれば83年の永い歴史の上に立つが、世界へ向けた高級ブランドとしてはまだ歴史が短い。

 ボルボを含め、海外のプレミアムブランドが100年前後の歴史を積み上げて今日があるのに対し、わずか30年で国内も世界的にみても、販売台数に遜色がないというのが、レクサスの急成長ぶりを示している。

 ことに、2015年の4代目プリウスからトヨタが展開するTNGA(トヨタ・ニュー・グローバル・アーキテクチャー)の流れを汲むGA-L(グローバル・アーキテクチャー‐ラグジュリー)商品群が現れた2017年以降、レクサスの新車は従来以上の商品力を身に着けている。

 1989年の初代レクサス「LS」は、異次元の静粛性と乗り心地を売りとし、その後の「GS」や「IS」は走行性能の高さを主張してきた。

 だが、突出した特徴がある一方、総合的な調和に欠ける側面もあり、プレミアムと語るにはどこかに不満が残った。

 しかし、現行のLS、UX、ESは、静粛性や乗り心地のよさに充分な走行性能を加味しながら、総合的な調和を印象深く伝え、全方位でプレミアム性を体感させるクルマに仕上がっている。スピンドルグリルを特徴とする外観の造形も、ようやく馴染んできたといえるのではないか。

 世界的なプレミアムブランドのクルマは、価格だけでなく、社会的な印象や地位、性能、あるいは内外装の魅力など含め、優れた存在感を持つクルマたちである。

 そしてレクサスも、それらのなかで堂々とプレミアムブランドとしての位置づけを、販売台数の実績含め国内外で示す存在になったのではないだろうか。

 つまり、レクサスは成功しているのである。

【画像ギャラリー】今年で生誕30年! 現行レクサスの全11車種のラインナップ

最新号

ベストカー最新号

【新型アルファード2022年登場】新型フェアレディZ初公開!!|ベストカー10月26日号

 ベストカーの最新刊が本日発売! 最新号では、トヨタ高級ミニバン、アルファードの最新情報をお届け。  そのほか、新型フェアレディZプロトタイプ、新型レヴォーグ、新型ヤリスクロス、ボルボXC40マイルドハイブリッドなど注目車種の情報から、3列…

カタログ