2020年4月の新車販売台数速報 コロナ禍による影響甚大! 総台数は28.6%減!!

ダイハツを除く各社軒並み大幅減

【画像ギャラリー】どこまで販売が落ち込んだのか? 2020年4月の登録車販売台数&軽自動車販売台数詳細

緊急事態宣言が出てから来訪者が極端に減った新車ショールーム。ちなみにトヨタモビリティ東京はGW中の営業は行っていない

 日本自動車販売協会連合会と全国軽自動車協会連合会が2020年5月1日に発表した2020年4月の新車販売統計(速報)によると、総台数は前年同月比28.6%減の27万393台となり、10%に消費税が引き上げられた2019年10月以来の大幅な落ち込み(前年同月比24.9%)になった。

 このうち登録車は、25.5%減の17万2138台と7か月連続のマイナス。

 メーカー別に販売台数の前年同月比を見ていくと、ロッキーが好調のダイハツの26.0%増以外は軒並みマイナスとなった。

 トヨタが20.7%減、レクサスが23.3%減、ホンダが14.2%減、マツダが26.2%減と比較的落ち込みは少ないものの、スズキが47.0%減、日産が53.2%減、スバルが56.0%減、三菱が65.2%と4メーカーの落ち込みぶりが目立つ。

 一方、軽自動車の販売台数は33.5%減の9万8255台となり、7か月連続のマイナスで2019年10月の22.3%を大幅に上回る落ち込み幅となった。

 軽乗用車の販売台数をメーカー別に見ていくと、ホンダが24.4%減、ダイハツが33.0%減、日産が33.5%減と落ち込み幅は少ないものの、スズキが45.6%減、三菱が56・9%減と2メーカーが大幅に落ち込んでいる。

 新型コロナ禍感染拡大による非常事態宣言が出された4月7日以降、各新車販売店への訪れる人が減っているのは明らか。トヨタモビリティ東京の営業マンは、

 「新型ハリアーやライズの電話での問い合わせはとても多いですが、新型コロナウイルスの影響で、緊急事態宣言が発令された4月初旬以降、実際に見に来られるお客様は10分の1以下に減っています。

 車検満了による買い替えや新規のお客様も含め、ショールームへの来店は5月の連休明けと考えているお客様が多いですね。4月の販売は極めて厳しい状況で5割、6割減になるのでないでしょうか」。

 緊急事態宣言が5月7日以降、1ヵ月程度延長される見込み(5月4日に決定)となっているが、そうなればさらなる販売台数の落ち込みは避けられない。

※車名別の販売台数ランキングは5月11日発表予定

【画像ギャラリー】どこまで販売が落ち込んだのか? 2020年4月の登録車販売台数&軽自動車販売台数詳細

最新号

ベストカー最新号

【新型アルファード2022年登場】新型フェアレディZ初公開!!|ベストカー10月26日号

 ベストカーの最新刊が本日発売! 最新号では、トヨタ高級ミニバン、アルファードの最新情報をお届け。  そのほか、新型フェアレディZプロトタイプ、新型レヴォーグ、新型ヤリスクロス、ボルボXC40マイルドハイブリッドなど注目車種の情報から、3列…

カタログ