ヴィッツ時代以来14年振り快挙! 新型ヤリス なぜ販売首位に? 背景と事情

 登録車No.1の座はトヨタのヤリスが「奪還」! 競合車のホンダ フィットも2位で、新車販売戦線に動き。

 新型コロナウイルス禍による生産の滞り、需要の減少という状況下となった4月の登録車台数ランキング(軽自動車を除く)は、2月に発売されたコンパクトカーのトヨタ ヤリスが首位に立った。

 統計を取りまとめる日本自動車販売協会連合会(以下、自販連)によると、同車の首位獲得は、車名がヴィッツだった2006年8月以来。実に約14年振りの快挙となる。

 本稿では、4月の登録台数概況とともに、ヤリスが首位に立った理由を考察していきたい。

文:永田恵一
写真:TOYOTA、編集部

【画像ギャラリー】違いクッキリ!? 写真で見る新型ヤリス/ヴィッツVSフィット


フィットとの争い制したヤリスが首位に

2020年4月の登録車ブランド通称名別順位 ベスト10(自販連の公表データをもとに作成)

 4月の登録乗用車全体の販売台数は、前年同月比72.5%の14万4674台と、新型コロナウイルスの影響による大打撃を受けた。

 また、軽乗用車は登録乗用車以上に影響を受けており前年同月比64.6%となる7万4558台だった。

 全体的には登録車販売ベスト10の常連車種と、需要に対し供給が遅れ気味で2月、3月に注文された分も多数含まれていると思われる。

 そのため6位と順位を上げたアルファードなど相変わらずのトヨタの強さと、フィットとフリードで一矢報いたホンダの健闘が目に着く。

 気になるのは3月までトップ10には入っていた日産 ノート(13位/3786台)とセレナ(16位/2741台)の失速だ。

 さて、視点を変えて4月の登録乗用車台数全体の前年同月比72.5%を基準に、各ブランド全体で見てみると

●前年同月比が72.5%を上回ったブランド
・ダイハツ/126.0%(これはロッキーが加わったためだろう)
・ホンダ/85.8%
・トヨタ/79.3%
・レクサス/76.7%
・マツダ/73.8%

●前年同月比が72.5%を下回ったブランド
・三菱/62.5%
・スズキ/53.0%
・日産/46.8%
・スバル/44.0%

 このように、ノートとセレナの失速と日産の低迷はリンクしているようにも見える。現下の特殊な状況を加味する必要はあるにせよ、結局は「日産に魅力的な商品が少なく、それがコロナウイルス禍でさらにハッキリした」ということなのかもしれない。

新型ヤリス首位獲得の要因は?

2020年2月に発売した新型ヤリス。3月の3位から2つ順位を上げ、登録車No.1に輝いた

 さて、本題のヤリスが売れている理由としては……

・「乗ってみたい」と感じる若々しさを感じる内外装

・新しいTNGA-Bプラットホーム、TNGAコンセプトで開発されたハイブリッドを含めた1.5リッターエンジンによる硬質かつ爽快な走り

・ハイブリッドなら30km/Lも夢ではない全体的な燃費の良さ

・日本最高レベルの自動ブレーキやSOSコールに代表される安全性の高さ

・廉価版の1Lガソリンや1.5Lガソリン車へのMTの設定など選択肢の広さ

といくつも浮かぶ。

 ヴィッツ時代の中盤以降は、3代目プリウスとアクアが登場したことに加えて、2010年12月登場の先代(3代目)ヴィッツ前期型では安っぽさが目立ち、買う理由が希薄だった。

(編注:前回、登録車No.1に輝いた2006年8月は、評価が高かった2代目のヴィッツが発売された翌年であった)

 こうした事情を思えば、生まれ変わったようにやる気満々なヤリスが、4月の登録車販売台数1位に躍り出たことも納得できる。

競合フィットとの「差」をわけた理由

同月にモデルチェンジしたヤリスとフィット。似て非なる両車のハイレベルな争いは、今後もしばらく続きそうだ

 その反面で、筆者は「そういうモデルがあっても構わない」と評価しているのだが、ヤリスにはリアシートの狭さという大きなウィークポイントもある。

「乗って楽しい」などの個性や明るさこそヤリス優勢ながら、競合の新型フィットは、1クラス上のキャビンとラゲッジスペースの広さを持つ。

 このほか、先行車追従型のアダプティブクルーズコントロールは停止まで対応する(ヤリスは30km/h以上)というアドバンテージもあり、より万人向けだ。

 さらに、4月はトヨタ全ディーラーでの全車種扱いも始まっておらず、筆者にはこの状況でフィットよりヤリスの方が売れたというのは大変意外だった。

 また、そもそも月間販売目標台数はヤリス=7800台、フィット=1万台なので、メーカー自身も筆者に近い認識をしていたのかもしれない。

通算4代目にして初めて日本国内での車名をヴィッツから変更したヤリス。ヴィッツ時代はレンタカーなど法人需要も多かった

 それでもヤリスが登録車販売台数ランキング1位となった理由を考えると、筆者の頭には2つのことが浮かぶ。

●初期受注の積み残し

 発売1か月後の受注はヤリス=約3万7000台、フィット=約3万1000台とヤリスの方が多かった。さらに2月と3月を合計した販売台数は、ヤリス約1万7000台、フィット約2万3000台だったため、受注残が多かったぶん、ヤリスの販売が伸びたというのはありそうだ。

●レンタカー需要?

 これは筆者の推測だが、トヨタレンタカーのWebを見ると「ヤリスキャンペーン、4月13日から5月31日まで」というバナーを見つけた。

 確かにトヨタレンタカーは規模も大きく、新型車のレンタカーというのも小さくない販売促進になりそうで、ヤリスの販売台数ランキング1位にレンタカー需要が若干でも後押しになったということはあるのかもしれない。

◆  ◆  ◆

 新型コロナウイルス禍により平時ではない時期がしばらく続きそうだ。

 しかし、自動車業界では5月からのトヨタ全ディーラーでの全車種扱いや新型ハリアーの登場といった変化、話題もあり、5月以降も販売台数ランキングは絶対数やヤリスとフィットの動向なども含め興味深いものとなりそうだ。

【画像ギャラリー】違いクッキリ!? 写真で見る新型ヤリス/ヴィッツVSフィット

最新号

ベストカー最新号

【MX-30今秋国内投入】2024年までの新車スクープ全情報捕捉!!|ベストカー9月10日号

 ベストカーの最新刊が本日発売!  最新号では、2021~2024年に登場する国産&輸入車の最新情報をお届け。激動の自動車メーカーの動きがすべて判明!!  そのほか、東京モーターショー2019で初披露されたマツダMX-30の最新情報から、新…

カタログ