大人気プリウス&プリウスPHVの中古最新事情!! HVの代名詞が価格下落中!!

 2018年の年間の新車販売台数は日産「ノート」、トヨタ「アクア」の後塵を拝したものの、2019年にはしっかりとトップの座に返り咲いたのがハイブリッド車のパイオニア、トヨタ「プリウス」だ。

 現行モデルは2015年に登場すると、「プリウスPHV」を2017年に追加。登場から4年が経過し、中古車市場にも多くの流通台数を誇っている。2020年3月の中古車の大需要期を直撃した新型コロナ禍。

 人気モデルであるプリウスはどのような値動きとなっているのか、PHVも加えて最新の中古車事情を紹介しよう。

文/萩原文博
写真/TOYOTA

【画像ギャラリー】いまだ人気衰えず! 現行型プリウスとプリウスPHVの内外装をチェック!!


■優等生な性能とは裏腹に 個性的すぎた当初の外観デザイン

 4代目となる「現行型プリウス」は2015年12月に販売開始された。トヨタのクルマ構造改革である”TNGA”を導入した記念すべき第一号車とる。TNGAを採用したことで、走行性能に磨きを掛けるだけでなく、ハイブリッドシステム用のバッテリーもニッケル水素電池から「Sグレード」を除く全グレードはリチウムイオン電池に変更されるなど燃費性能も向上させている。

プリウス(前期型)。燃費や走行性能は優れていたが、この個性的というか、アクの強い外観デザインのため、保守的なユーザーからの評価はイマイチだった

 注目のポイントは4WD車の設定だ。先代プリウスまでは2WD車しか設定されなかったが、現行型は「E-four」と呼ばれる電気式の4WD車が設定され、降雪地のユーザーにとって待望の瞬間が訪れたと言えるだろう。

 搭載されているハイブリッドシステムの基本構成は先代のキャリーオーバーだが、1.8L 直4ガソリンエンジンの最大熱効率を高め、さらにハイブリッドシステムの小型・軽量化したことにより、JC08モード燃費は40.8km/L(Eグレード)まで延びている。また、運転支援システムは、衝突回避支援パッケージの”トヨタセーフティセンス”を採用し、高い安全性を確保した。

 このようにしてみると文句なしに売れそうなのだが、現行型プリウスの新車セールスは苦戦を強いられる。それはあまりにも個性的な外観デザインがプリウスのメインターゲット層に嫌われたからだ。

 ほかの車種でもハイブリッド車が増えたことも影響しているが、やはりプリウスの購入層は外観デザインに対して保守的な人が多かったことが、前期型プリウスの苦戦によってより浮き彫りとなったのだ。

■プリウスのいい所は引き継ぎつつ さらに進化したPHV

 そして2017年2月に「プリウスPHV」が発売される。先代モデルでもPHVは設定されていたが、満充電の走行距離が約26.4kmと短かった。しかし、現行型はモーターのみで走行できる距離が約68.2kmと一気に延長され、国産車のPHVの中でもトップレベルの走行距離を達成した。

プリウスPHV。2019年5月に行った一部改良では、エクステリアの変更はなしで、4人→5人乗りに変更された。燃費はもともと優れていたが、この改良で利便性が大きく向上した

 実際に試乗したが、バッテリーがなくなっても強制充電モードで走行すれば、エネルギー回生システムの効率がいいので、どんどんと充電されていく。

 個性的な外観デザインが嫌われていたプリウスは、満を持して2018年12月にマイナーチェンジを行った。内外装の変更をはじめ、専用車載通信機のDCMを標準装備しコネクティビティ機能の強化。さらに、トヨタセーフティセンスの全車標準化に加えて、機能を追加するなど全方位の安全性を実現した。

 フロントマスクやリアランプは、プリウスPHVに似せたオーソドックスなデザインとなったことで、人気が回復。それが2019年の新車販売台数No.1に輝いた大きな要因だろう。それでは、プリウスの最新中古車事情を見てみよう。

プリウス(後期型)。2018年12月にマイナーチェンジで、個性的すぎた外観を変更し、オーソドックスなスタイルになった

■わずか3カ月で中古車価格が大幅下落! 後期型も狙い目に

 現在、ハイブリッド車プリウスの現行型中古車の流通台数は、約3950台と非常に多い。3カ月前の2020年2月中旬の時点では約3500台だったのだが、3月の需要期が終わった途端に増加し始めて、わずか1カ月で450台も増加しているのだ。流通している中古車のうち、約500台が現行型から設定された4WD車となっている。

 中古車の平均走行距離を見てみると3カ月前が約2.7万kmだったのに対して、5月は約2.8万kmとわずか1000km延びた程度。このことから中古車市場に増えたプリウスの中古車は、あまり走行距離が延びたクルマではないことが想像できる。それを踏まえて中古車の平均価格の推移を見てみると、3ヵ月前は約197万円だったのだが、5月は約192万円とわずか3カ月で5万円の値落ちを記録した。

こちらの写真をクリックすると「プリウス(前期型)」の中古車情報が見られます

 たった5万円と思うかもしれないが、現行型プリウスの平均価格はこの1年で約12万円しか値落ちしていないのだ。月平均で言えば1万円となるが、需要期を含んだ直近3カ月は普段の倍近い値落ち幅を記録しているのだ。

 さらに詳しく見てみると、2015年~2018年式の前期型中古車は3カ月前の約187万円から今月は約180万円へと7万円の値落ち。一方の後期型の2018年~2019年式も約253万円から約240万円へと11万円の値落ちを記録しているのだ。人気薄の前期型だけでなく、新車の販売が好調な後期型も値落ちとなっているのだ。

こちらの写真をクリックすると「プリウス(後期型)」の中古車情報が見られます

■新車では高いPHVも買い時 注目のグレードは!?

 現行型プリウスの中古車の価格帯を見てみると、約90万~約395万円で100万円を切る物件が増えている。そのいっぽうで、300万円を超える高額車はドレスアップ済のカスタム車が中心だが、その台数自体はかなり減少傾向となっている。

 例えば、新車時価格334万5100円の最上級グレードの「Aプレミアムツーリング(2WD車)」は、わずか走行距離480kmの中古車が315万円というプライスが付いている。総支払額でも約30万円は割安に手に入れられるようになっているのだ。

 もっと衝撃的なのは、「1.8S」ならば走行距離4kmというプリウスが諸費用込みの乗り出し価格約220万円となっているのだ。これはもはや暴落と言えるレベルだろう。

 一方のプリウスPHVの中古車は、流通台数が約480台と先代と比べるとかなり多め。しかし、3カ月前の流通台数が約450台なので、微増というレベル。中古車の平均走行距離は3カ月前が約1.7万kmで5月は約2万kmまで延びている。

こちらの写真をクリックすると「プリウスPHV」の中古車情報が見られます

 この走行距離の延長にリンクして、平均価格は3カ月前の約260万円から5月は約247万円と約13万円の値落ちとなり、値落ち幅ではハイブリッド車のプリウスを上回っているのだ。現在の現行型プリウスPHVの価格帯は約150万~約450万円。高価格帯はカスタム済みのクルマに加えて、「GRスポーツ」が並んでいる。

 そのいっぽうで、100万円台の中古車は走行距離が多いか修復歴ありのワケあり車。しかし「Sナビパッケージ」や「S」であれば、諸費用を含んだ乗り出し価格220万円という中古車がゴロゴロしている。

 約200万円で良質な現行型プリウスやプリウスPHVが手に入るようになっている中古車相場。新型コロナ禍による影響はかなり大きいということがわかる。

【画像ギャラリー】いまだ人気衰えず! 現行型プリウスとプリウスPHVの内外装をチェック!!

最新号

ベストカー最新号

【MX-30今秋国内投入】2024年までの新車スクープ全情報捕捉!!|ベストカー9月10日号

 ベストカーの最新刊が本日発売!  最新号では、2021~2024年に登場する国産&輸入車の最新情報をお届け。激動の自動車メーカーの動きがすべて判明!!  そのほか、東京モーターショー2019で初披露されたマツダMX-30の最新情報から、新…

カタログ