超ド迫力の巨大ミニバン 日本導入熱望 トヨタ10年ぶりに発表 新型シエナのゴツい実力

 トヨタは5月18日11時(日本時間19日1時)、米国で新型ミニバン「シエナ」と新型ハリアーの北米版「ヴェンザ」を発表した。

 1997年に北米市場にデビューしたシエナは、これまで北米市場のほか、韓国や台湾で販売されてきた全長5mを超える大型ミニバンで、約10年ぶりのフルモデルチェンジとなり、4代目に生まれ変わった。

 そしてもう1台、日本市場でも6月17日に発売される新型ハリアーの北米版、新型ヴェンザ。

 北米市場において2015年に一度廃止となったが、トヨタのグローバルなSUVモデルとして、今回、北米市場に復活することになった。

 新型シエナとヴェンザはどんなモデルなのか、さっそくチェックしていこう!

文/ベストカーWeb編集部
写真/TOYOTA USA

【画像ギャラリー】エスティマなき今、日本でも販売してほしい「新型シエナ」を写真でチェック!!


新幹線をモチーフにしたフロントマスク

新型シエナのフロンマスクは日本の新幹線をモチーフにしたものだという。久々にアルファード&ヴェルファイア以上のゴツいミニバンを見た気がする

 4代目となる新型シエナは、カムリやRAV4、新型ハリアーなどと同じTNGA-Kプラットフォームを採用し、今回から全車オールハイブリッドモデルとなった。

 エクステリアのデザインはキーンルックのフロントマスク、新型ハリアーにも似たダイナミックで抑揚のあるサイドのキャラクターラインなど、新世代のトヨタデザインを感じさせる。フロントマスクについてはなんと日本の新幹線をモチーフにしているという。

ボディサイドの抑揚のあるキャラクターラインは新型ハリアーと共通するデザイン

 新型シエナのボディサイズは公表されていないが、先代モデルのスペックを見ると、全長5095×全幅1984×全高1790mmだから、いかに大きいミニバンかがわかる。いずれにしても全長5m超となるのは間違いない。

 ちなみにアルファードは全長4945×全幅1850×全高1950mm、グランエースが全長5300×全幅1970×全高1990mm、そして生産を終了したエスティマが全長4820×全幅1810×全高1745mm。

 新型シエナはアルファードのような1BOXの箱型ではなく、エスティマやオデッセイのような若干背の低いスタイルが特徴だ。

ボディサイズは発表されていないが、全長は5m超となるのは間違いない。それにしてもリアフェンダー回りの肉感的な盛り上がりはミニバンとは思えない迫力

 シート配列については、8人乗りモデルに加えて、2列目にキャプテンシートを備えた7人乗りのモデルを用意。 この7人乗り仕様に用意される、2列目キャプテンシートをスーパーロングスライド機構を備えており、635mmのロングスライドが可能だ。

 発表されたラインナップは最上級グレードのプラチナムと中間グレードのリミテッド、XLE、XE、そしてスポーティグレードのXSEという布陣だが、リミテッドとプラチナムグレードの2WDモデルにはオットマンが採用される。

 パワートレインは、先代の3.5、V6から、2.5Lの直4ハイブリッドのTHSIIのみのオールハイブリッドとなった。システム最大出力は243hpを発生。

左からXSE、リミテッド、プラチナム

 駆動方式はFFのほか「Electronic on-demand AWD」と呼ばれるモーターを採用した4WDシステムも用意され、一定速度のドライブでの100:0から滑りやすい路面での20:80までのトルク配分を可変、その状況をマルチインフォメーションディスプレイに表示する。

 さらに、新型シエナ全車で、最大3500ポンド(約1600kg)の牽引に対応しているという。これはMTBなどを積んで牽引するトレーラー需要に応えたものだ。

 走行モードは、EV/エコ/ノーマル/スポーツのモードを任意で選択でき、スポーツモードは、加速応答を向上。エコモードはエンジンとバッテリーをバランスよく使って走行。EVモードは電気のみで低速での走行が可能となっている。

かなりコワモテ顔のスポーティグレード、XSE。エスティマでいうとアエラスにあたる

先進的なインテリア

左右席を分断するブリッジ・コンソールと呼ばれるセンターコンソールにはシフトレバーやカップホルダー、ワイヤレス充電、小物入れなども装備。ブリッジ・コンソールはドライバーの肘を置けるなど人間工学的にも考えられている

 コクピットはRAV4や新型ハリアーなどと共通するイメージのデザインで、シフトレバーはインパネシフトではなく、ブリッジ・コンソールを呼ばれる大型センターコンソールのなかに設置されたフロアシフトが特徴。

 ハイブリッドのシステムインジケーターを表示する7インチのデジタルメーターやAndroid Auto/Apple CarPlay対応の9インチのタッチ式ナビゲーションを装備。

 最上位グレードには10インチのヘッドアップディスプレイとアラウンドビューモニターも採用されているなど先進装備を満載している。

 プレミアムな機能としてはキックオープン/クローズ機能を備えたスライドサイドドアやリアゲートのほか、2列目シートのロングスライド機能や冷蔵庫、デジタルバックミラー、10インチカラーヘッドアップディスプレイ、12スピーカーJBLプレミアムオーディオシステムなどの装備を採用。

 また、アウトドアやキャンプに向けたアクセサリーとして、キャリアやクロスバー、自転車ラック、120V ACコンセントを備えた1500Wインバーターなどをオプションで用意する。

 新型シエナは2021年モデルとして今夏以降に発売予定。エスティマが生産終了となった今、日本でも発売するのかと期待は高まるが、残念ながら北米市場メインで開発された大型ミニバンのため、日本市場に導入される可能性はゼロに近い。

7人乗りと8人乗りを用意。7人乗り仕様に用意される2列目キャプテンシートに用意されるスーパーロングスライド機構は635mmを誇る

新型ハリアーの北米版「新型ヴェンザ」

日本名ハリアーの北米版がヴェンザ。スタイルは共通だ

 シエナと同時に発表された新型ヴェンザは、6月17日に発売される新型ハリアーの北米版で、ほぼ日本のハリアーと共通だ。

 パワートレインは、新型シエナと共通の2.5L、直4+2モーター(四輪駆動は3モーター)を搭載し、システム最大出力は219hpを発生する。

 4WD車の後輪にはトランスファーケースとドライブシャフトを使用する代わりに独立した電気モーターを使用し、必要に応じて後輪に動力を供給する。

 前後輪のトルク配分はフロント100:リア0からフロント20:リア80まで路面条件によって可変する。

 また、ナビゲーションシステムを用いて運転習慣を分析し、道路や交通状況を記憶してリチウムイオンバッテリーへの充電を最適化、効率的なドライブが可能になるPED(Predictive Efficient Drive)と呼ばれる機能を搭載した。

 このPEDは、例えば下り坂に近づいた際に、エンジンブレーキ力を加え、ドライバーがアクセルペダルを放した後にハイブリッドバッテリーをより効率的に充電するといったことが可能になるという。  

 装備面では9つのJBLスピーカーを備えた12.3インチのタッチスクリーンディスプレイ、7インチのマルチインフォメーションディスプレイ、デジタルバックミラー、10インチのカラーヘッドアップディスプレイなどをグレード別に用意している。

 新型ヴェンザの発売は今夏から。3代目ハリアーは日本専売車だったが、4代目となる新型ヴェンザは世界で販売されるグローバルモデルになる。きっと日本だけでなくアメリカや世界でも大ヒットするだろう。

新型ハリアーはひと足早く6月17日に発売され、新型ヴェンザは北米市場で今夏に発売される

【画像ギャラリー】エスティマなき今、日本でも販売してほしい「新型シエナ」を写真でチェック!!

最新号

ベストカー最新号

【2021年登場へ!】新型86/BRZ 衝撃デザインとその性能|ベストカー6月26日号

 ベストカーの最新刊が本日発売!  最新号では、トヨタとスバルのコラボモデル、86/BRZのモデルチェンジ最新情報をお届け。  そのほか、2020年5月15日にタイで発表された新型キックス、ハリアー、WRX S4限定車など注目車種の情報から…

カタログ