【100周年記念車も登場!】CX-3に軽快に走れる1.5Lガソリンモデルが追加に!!

 マツダの主力モデル「CX-3」が、2020年5月18日に商品改良を発表、予約受付を開始した。

 2015年2月27日に発売されたが、2019年11月末までに4度の商品改良を行っているCX-3だが、最近は続々と登場するライバルに苦戦気味。この改良が起爆剤となるのか注目だ!

文/編集部
写真/MAZDA

【画像ギャラリー】待っていたという声多し! 新たに追加された1.5Lガソリンモデルをチェック!


■3つ目のパワートレーン追加で選択肢が増えた!

 マツダはコンパクトSUV「CX-3」に、街中での運転を軽快に楽しめる1.5Lガソリンエンジンモデルを追加設定するなど商品改良を施し、2020年5月18日から予約受付を開始、6月4日に発売する。

CX-3 15S(エクステリアカラー:ポリメタルグレーメタリック)

 今回追加される1.5Lガソリンエンジンは、最高出力 111ps/最大トルク14.7kgm(144Nm)を発揮。力強く伸びやかな加速性能の2.0Lガソリン(150ps/19.9kgm)、トルクフルな走りを実現する1.8Lディーゼル(116ps/27.5kgm)と合わせ3種類のエンジンがラインアップされることになる。それぞれのライフスタイルに合わせた最適な選択が可能となった。

 加えて、フロントシートバックの素材を変更することで、骨盤を立てて脊柱が自然なS字カーブを維持できるように設計された新世代シート技術を採用する。

 また、Apple CarPlay/Android Autoの搭載や、先鋭的なデザインをさらに際立たせる新しいエクステリアカラー「ポリメタルグレーメタリック」を追加設定。先進安全技術「i-ACTIVSENSE」も標準装備とし、全機種がサポカー補助金の対象となる。

新設計のシートを採用したCX-3。長距離ドライブでも疲労を軽減してくれる
CX-3 商品改良車の価格表(消費税込)

■100周年記念車も発売に!

 さらに創立100周年を記念し、特別装備を採用した「100周年特別記念車」を「15S Touring」をベースとし、1.5Lガソリンエンジン車にも設定する。

 ベース車の装備に追加して、以下の特別装備が採用されている。

◆「100周年特別記念車」の概要 (ベース車に対して追加される主な特別装備)
・シート:スムースレザー(レッド)
・フロアマット(創立100周年記念バッジ付き)
・ヘッドレスト(創立100周年スペシャルロゴ刻印)
・フロアカーペット(バーガンディ)
・キーフォブ(創立100周年スペシャルロゴ刻印 & 100周年専用化粧箱入り)
・センターホイールキャップ(創立100周年スペシャルロゴ付)
・創立100周年記念バッジ(フロントフェンダー部)
・エクステリアカラー:スノーフレイクホワイトパールマイカ

 CX-3 100周年記念モデル(1.5Lガソリン車)の価格は、265万3000円から288万3200円で、販売期間は2020年7月下旬 ~ 2021年3月末日までとなる。

CX-3 100周年記念モデル(エクステリアカラー:スノーフレイクホワイトパールマイカ)
CX-3 100周年特別記念車の価格表(消費税込)

【画像ギャラリー】待っていたという声多し! 新たに追加された1.5Lガソリンモデルをチェック!

最新号

ベストカー最新号

【2021年登場へ!】新型86/BRZ 衝撃デザインとその性能|ベストカー6月26日号

 ベストカーの最新刊が本日発売!  最新号では、トヨタとスバルのコラボモデル、86/BRZのモデルチェンジ最新情報をお届け。  そのほか、2020年5月15日にタイで発表された新型キックス、ハリアー、WRX S4限定車など注目車種の情報から…

カタログ