現行型クラウンが中古で狙い目に!! セダン界の絶対王者、いまや国内に敵なし

 1955年に初代モデルが登場し、2020年に誕生65周年を迎え4月27日に2種類の特別仕様車を設定したトヨタ「クラウン」。日本の高級セダンの代名詞として君臨しているモデルだ。国産車において、セダン不振と言われているなかでも、安定したセールスを記録するロングセラーモデルとなっている。

 15代目となる現行型クラウンは2018年6月に登場。先代まではロイヤルサルーン、アスリート、マジェスタと3シリーズを設定していたが、現行型ではクラウン1モデルに集約されている。今回は、登場して間もなく2年目を迎える国産セダンの雄、現行型クラウンの中古車事情を紹介しよう。

文/萩原文博
写真/TOYOTA

【画像ギャラリー】「いつかはクラウン」を叶えたいアナタに! 現行型クラウンの内外装をチェック!!


■登場から2年の現行型 2020年に改良実施で質感向上

 2018年6月に登場した現行型クラウンは、トヨタのクルマ構造改革である「TNGA」に基づいた新型のプラットフォームを採用。エンジンやミッションといったパワートレインをより低い位置に搭載し、低重心化すると同時にボンネットやフェンダーにアルミを採用し、前後の重量バランスの最適化などにより高い走行性能を実現している。

 外観デザインは、クラウン初の6ライトウィンドウデザインを採用し、ルーフからラゲッジにかけての伸びやかで流麗なサイドシルエットを実現し、従来の3BOXスタイルから脱却している。

「TNGA」に基づく「GA-Lプラットフォーム」を採用した15代目クラウン(現行型)。シャシーはニュルで鍛えるなど、走りの進化に力を入れている

 インテリアは適度に囲まれたコックピットと開放感の両立により、運転に集中できる居心地のいい空間を創出。運転中でも見やすい遠方配置の8インチディスプレイと操作性を考慮し、手前側に配置した7インチディスプレイの2つを連携させた新開発のダブルディスプレイを採用。2画面化を活かしてインストルメントパネル上面を低く抑え、圧迫感の少ない開放的な空間創出にも寄与するとともに先進性を演出している。

 現行型クラウンは車載通信機DCMを全車に標準装備する初代コネクティドカーというもうひとつの顔をもつ。24時間365日、クルマと社会がつながることで、快適・便利なサービスを乗員に提供している。

 搭載しているパワートレーンは2L 直列4気筒ターボ+8速AT、高熱効率を実現した2.5L 直列4気筒ガソリンエンジン+モーターのハイブリッド。そして、3.5L V型6気筒エンジンとモーターそして有段ギアを組み合わせたマルチハイブリッドシステムの3タイプ。

 そしてグレード構成は「スタンダード」、スポーティな「RS」、ラグジュアリーな「G エクスクルーシブ」の3種類を設定していて、駆動方式は2WD(FR)を中心に2.5Lハイブリッド車のみ4WDを用意している。

 2018年に登場して以降、クラウンは2020年4月に一部改良を行い、T-Connect SDナビゲーションシステムに「TOYOTA SmartDeviceLink」や「Apple CarPlay/Android AutoTM」といったスマートフォン連携機能を追加し、スマホアプリをナビに表示し操作が可能となった。また、一部グレードを除きドアトリム&インストルメントパネルの加飾に合成皮革を採用し上質感を高めた。それでは、現行型クラウンの中古車事情を見てみよう。

2020年4月の一部改良に合わせて登場した特別仕様車「S”エレガンス スタイル II”、S Four”エレガンス スタイル II”」。そのほかに、「RS”リミテッド”、RS Four”リミテッド”」「S”スポーツ スタイル”、S Four”スポーツ スタイル”」が登場

■未使用中古車も多数 狙い目のグレードはどれか!?

 現在、現行型クラウンの中古車の流通台数は約510台。3カ月前の2020年2月の時点では、約380台で、大需要期の3月が終わった途端に流通台数が増加し、ゴールデンウィーク前のピーク時には約530台まで増加し、現在の510台となっている。

 中古車の流通台数は、3カ月前が約5000kmで現在は7000kmまで延びている。その走行距離の延長にリンクして平均価格は3カ月前の約495万円から、2020年5月は約465万円まで値落ちし、わずか3カ月で30万円の値落ちを記録している。しかし、値落ちしていたのは、流通台数が落ち着いていた3月のタイミングであって、流通台数が増えた4月は横這いとなっている。

 したがって、2020年に行われた一部改良や全店舗での販売開始は中古車相場への影響はほとんどなく、やはり最大の需要期である3月にコロナウイルス騒ぎが起きたことによる影響が大きいと言えるだろう。

 現行型クラウンの中古車の価格帯は約289万~788万円と非常に幅広いが、400万円以上のクルマはほとんどが未使用中古車となっている。走行距離もまだ販売開始からまもなく2年を迎えるにも関わらず、走行距離5万kmという中古車も出回っている。

こちらの写真をクリックすると「クラウン」の中古車情報が見られます

 中古車のグレード構成を調べてみると、最も多いのが約95台で「2.5 ハイブリッド RS アドバンス」、2番目に多いのが「2.5 ハイブリッド S Cパッケージ」の74台。そして「2.5 ハイブリッド RS」の50台が続き、2.5Lハイブリッド車の人気の高さがわかるし、スポーティな「RS」の人気が高くなっている。

こちらの写真をクリックすると「クラウンHV」の中古車情報が見られます

 そのほかのパワートレインでは、2Lターボを搭載した「2.0S Cパッケージ」が約10台、「3.5 ハイブリッド G-エグゼクティブ」が約40台となっている。ボディカラーは白(パール)、黒が圧倒的に多いものの、現在のところボディカラーによる価格差は見られない。

 現行型クラウンの中古車を狙うならば、2.5Lハイブリッド車を中心に探すのがいいだろう。

【画像ギャラリー】「いつかはクラウン」を叶えたいアナタに! 現行型クラウンの内外装をチェック!!

最新号

ベストカー最新号

【スクープ】マツダ 社運を賭けた新車戦略の全貌|ベストカー12月10日号

 ベストカーの最新刊が本日発売!最新号では、次期型マツダCX-5含むマツダ近未来戦略の最新情報をお届け。  そのほか、新型MIRAIプロトタイプ、新型ローグ(日本名:エクストレイル)、新型マグナイトなど注目車種の情報から、「三菱自動車・加藤…

カタログ