本当に新型エクストレイルと別物? 日産 クロスモーション&IMQ登場説を追う!!

 日産が2021年に「クロスモーション」&「IMQ」という2車種の新型SUVを発売するとの情報が流れている。

 同年春には新型「エクストレイル」の投入も有力になっているので、こちらとの関連も気になるところだ。

 当サイトでは3月に、クロスモーションはエクストレイルとは別物の新型SUVではないかと報じた。

 ただ、他の新型車投入予定もあるはずなので、こんな短期間で3車種もの新型SUVを発売するのは、普通に考えれば不可能といっても過言ではない。また、クロスモーション(X motion)の「X」は、エクストレイル(X-TRAIL)の「X」を示すのではないか。との指摘もある。

 クロスモーションとIMQは、本当にエクストレイルと別物なのだろうか? 以下、遠藤徹氏が最新情報をもとに分析する。

文:遠藤徹
写真:NISSAN

【画像ギャラリー】次期エクストレイルと同じ? 違う? クロスモーション&IMQのデザインを写真でじっくり比較


3列シートSUVのクロスモーションとスポーティSUVのIMQ

2018年の北米国際自動車ショーで公開された3列シートSUVの「クロスモーション」

 両モデルの概要をまず紹介すると「クロスモーション」は、2018年開催のデトロイトモーターショーで参考出品したプロトタイプで、アッパーミドルサイズの3列シートSUV。対抗モデルはレクサス RX、トヨタ ハリアー、マツダ CX-8などがあげられる。

 パワーユニットは、3.5Lの1モーター2クラッチ方式パラレルハイブリッド、3.7Lガソリンエンジンの搭載が予想されている。

「IMQ」は、2019年春のジュネーブモーターショーでワールドプレミアされたスポーティなクロスオーバーSUVである。

 パワーユニットは新開発の1.5Lターボエンジンにe-POWERを組み合わせて搭載する。現行エクストレイルとほぼ同じクラスと考えてよいだろう。

日産が「e-POWER技術の欧州市場への投入を合わせて発表した」と表現するIMQ。また日産はIMQを小型クロスオーバーと位置付けている

 日産が5月27日に発表した中期経営計画では、パワーユニットにおける技術開発でかなりの路線変更を行うことをにじませている。

 電動車両開発において電気自動車戦略に基本的な変更ないが、ハイブリッド技術は大きく変えている。

 1モーター2クラッチ方式のパラレル式ハイブリッドは、一部を残して凍結し、シリーズハイブリッドの「e-POWER」とマイルドハイブリッドに集中させるということである。

 となると次期型エクストレイルは、2Lのパラレルハイブリッドをやめe-POWER、PHEV、マイルドハイブリッドで対応することになる。

 e-POWERは、これまでの1.2Lのみから1.5Lといった排気量拡大ユニットとの展開もラインナップに加わるものと思われる。

新型エクストレイルと2台の関係性は?

5月28日の会見で明かされた「事業構造改革計画」に記された新型ローグ(エクストレイル)の画像

 次期型エクストレイルとクロスモーション&IMQはどのような関係性があるか。

 エクストレイルとIMQは同クラスのモデルだから、同一との見方もある。

 しかしながらエクストレイルがラフロード走行を強く意識した4WD主体モデルをコンセプトにしているのに対して、IMQはシティ走行中心の2WD志向モデルで、コンセプトの違いがあるため、次期型エクストレイルの派生モデル的な存在になる可能性が強い。

 となると登場は2021年ではなく2022年に先送りされるかも知れない。

 クロスモーションは、エクストレイルよりもひと回りサイズが大きく、3列シートだから、上級のアッパーミディアムクラスに位置づけられる。かつて存在したスカイラインクロスオーバーやムラーノの3列仕様バージョンともいえる。

 当時はまだSUVマーケットが小さく、売れ行き不振で生産中止に追い込まれたが、最近はますます拡大基調にあり、3列シート多人数乗り仕様のニーズも高まっていることから、開発プロジェクトを稼働させているものと思われる。

 投入タイミングであるが、こちらも2021年に国内発売するとは考えにくい。

 北米を含めたグローバルマーケットが先行し、日本ではまず来秋開催の第47回東京モーターショーにプロトタイプを参考出品し、2022年から順次国内投入に踏み切られるものと予想される。

販売現場の証言「IMQはエクストレイルと同じモデルとも思える」

現行型エクストレイルはやや小型なキャッシュカイと姉妹車関係にある。そこから推察すると、IMQが次期エクストレイルの姉妹車という可能性も浮上してくる

【証言1:首都圏日産店営業担当者】

 エクストレイルは2021年早々にフルモデルチェンジすると聞いている。IMQはエクストレイルとほぼ同じクラスだから、同じモデルとも思える。

 しかしながらIMQは、スポーティなクロスオーバーSUVであるから、ハリアーのようにシティ走行主体の2WDが売れ筋となるはず。

 エクストレイルはラフロード志向で4WDが80%を占める販売構成比であるから、両モデルはプラットフォーム&基本コンポーネントを共用した兄弟車として開発を進めている可能性がある。どちらのマーケットニーズも高いので両立は可能と考える。

 パワーユニットは、新開発の1.5Lターボエンジンにe-POWERを搭載する見込みだ。2Lガソリンの2WD、4WDもラインアップされるだろう。現行エクストレイルに搭載している2Lパラレルハイブリッドは廃止になるようだ。

【証言2:首都圏日産プリンス店営業担当者】

 クロスモーションは、アッパーミディアムサイズの3列シート6~7人乗りのSUVであり、国内でもマーケットニーズが高いので、投入して欲しい1台といえる。

 ただ、現時点では2021年に発売するとの確実な情報は入っていない。出るとすれば2022年前半あたりになる可能性がある。SUVマーケットはまだまだ拡大基調にあるので大いに期待している。

【画像ギャラリー】次期エクストレイルと同じ? 違う? クロスモーション&IMQのデザインを写真でじっくり比較

最新号

ベストカー最新号

【スクープ!】新型ランクルプラド&ランクル300に新情報|ベストカー12月26日号

ベストカーの最新刊が本日発売!最新号では、ランドクルーザープラドとランドクルーザー300の最新情報をお届け。

カタログ