日産新型SUV キックス 2WDのみ275.9万円で6月24日発売決定

 SUV人気が高まるなか、日産はコンパクトな「キックス」を発売する。

 日産のコンパクトSUVには「ジューク」があったが、本稿筆者の渡辺陽一郎氏が販売店に取材したところ「2019年に欧州で新型ジュークが登場して、日本仕様は販売を終えた」とのこと。

 欧州で登場した新型ジュークは、直列3気筒1Lターボエンジンを搭載して、トランスミッションは2組のクラッチを使う有段式ATと6速MTだ。国内市場との親和性を考えて、ジュークからキックスに切り替えることになった。

 今回、渡辺陽一郎氏の取材により明らかになったトピックは以下のとおり。

・発売は6月24日(6月10日から延期)/メーカーへの発注開始も24日
・納車は実質8月1日以降(お盆休みもあるため本格的な納車開始は9月)
・エンジンはe-POWER/駆動方式は2WDのみ
・グレードは「X」/「X」2トーン仕様の1グレード2パターン(価格は本文後述)

 以下、ついに価格も明らかとなり、発売まで2週間に迫った新型キックスの詳細をお伝えしたい。

文:渡辺陽一郎
写真:NISSAN、HONDA

【画像ギャラリー】日本投入直前に大刷新!! 新旧キックスのエクステリア&インテリアを大解剖


新型キックスは6月24日発売! ノートよりパワフルなe-POWER搭載で発進

5月15日にタイで発表されたビッグマイナーチェンジモデルのキックス。e-POWERを新搭載したほか、フロントマスクも大幅に変わった

 新型キックスの発売日は2020年6月24日だ。当初は6月10日とされたが、新型コロナウイルス感染問題の影響を受けて延期された。

 そして、現行キックスは、海外では2016年から売られている。従って新型車とは呼びにくいが、国内で販売されるキックスのe-POWERは、タイでも2020年5月に追加された。つまりキックス自体は新型車ではないが、e-POWERは新しい。

 日本で販売されるキックス e-POWERの動力性能は、最高出力が129ps、最大トルクは26.5kgmだ。ノート e-POWERが109ps・25.9kgm、セレナe-POWERは136馬力・32.6kgmだから、キックスe-POWERの性能は両車の中間に位置する。

 キックスの車両重量は、直列4気筒1.6Lノーマルエンジン車が1200kg前後だ。そうなるとキックスe-POWERは1300~1350kgになる。この車両重量で、モーターの動力性能が129馬力・26.5kgmであれば、余裕のある運転感覚を味わえる。

キックスはe-POWERはノートに搭載されているものよりパワフルとなるだけに、走行性能にも期待が集まる

 e-POWERでは1.2Lエンジンが発電機を作動させ、駆動は専用のモーターが行うため、ハイブリッドでありながら加速感覚は電気自動車に近い。この点も踏まえて、動力性能をノーマルエンジンに当てはめると、2.5L~3Lに匹敵する。

 キックスのボディサイズは、全長が4295mm、全幅は1760mm、全高は1585mmとされ、生産を終えたジュークに比べると160mm長く、全幅は同程度で、全高は20mmほど高い。ホイールベース(前輪と後輪の間隔)は2620mmだから、90mmほど伸ばされる。

 キックスはジュークに比べて全長とホイールベースが長いから、後席の足元空間も相応に広がるだろう。ファミリーカーとして使う場合、ジュークの後席は少し窮屈だったが、キックスであれば4名で快適に乗車できる。

1グレード構成で注目の価格は275.9万円から!

仕向け地によっては1.5Lガソリン車も展開するキックスだが、日本仕様はe-POWER専売となることが決定

 キックスは、タイの工場で生産される輸入車だから、グレード構成はシンプルだ。エンジンは前述の通りe-POWERのみで、ガソリンエンジン車は用意されない。駆動方式も前輪駆動の2WDに限られ、SUVでも4WDの設定はない。

 グレードは「X」のみで、これに内外装が2トーンに変更される仕様を加える。

 価格は「X」が275万9900円、「2トーン仕様」は286万9900円だ。衝突被害軽減ブレーキなどは標準装着されるが、アラウンドビューモニターやインテリジェントルームミラーは、セットオプションの設定になる。

 販売店では「これらをオプション装着している価格が300万円少々の仕様を重点的に生産するので、非装着車を注文すると、納期が伸びる可能性もある」と指摘した。

ヴェゼルなど競合車と比べたコストパフォーマンスは?

サイズ・価格で見ても最も好敵手となりそうなのがホンダ ヴェゼル。キックスの相対的なコストパフォーマンスは果たして?

 ちなみにライバル車になるヴェゼル ハイブリッドの価格は、「ハイブリッドX ホンダセンシング」が258万6018円、「ハイブリッドZ ホンダセンシング」は276万186円だ。「Z」ではシート生地が上級化してルーフレールも追加され、荷室のボードなども備わる。

 キックス e-POWER「X」の装備は、内容は異なるものの、装備水準としてはヴェゼル「ハイブリッドZ ホンダセンシング」と同等だ。アルミホイールやLEDヘッドランプなどは標準装着される。

 C-HRハイブリッドは、ベーシックな「S」が273万円、上級の「G」は299万5000円だ。キックス e-POWERに比べて少し割高な印象も受けるが、C-HRは8インチディスプレイオーディオを全車に標準装着するなど、基本的な装備を充実させた。

 また、身内の日産ノートでは、e-POWERの上級グレードになるメダリストが239万6900円だ。これに比べるとキックスe-POWERは36万円ほど高い。ミドルサイズSUVの日産エクストレイルは、2Lノーマルエンジンの「20Xi」(2WD)が304万5900円だ。

 ハンズフリー機能を装着した電動リヤゲート、ルーフレール、プロパイロットなど装備を充実させ、価格はキックスe-POWER「X」が約29万円安い。

リアハッチゲートにも「e-POWER」のバッジ。日本に導入されるのは当初2WDだけとなるが、この割り切った戦略が吉と出るか凶と出るか。日産にとって久々の大物新車といえるだけに期待は高い

 このように見てくるとキックスe-POWERは、コンパクトSUVの価格帯を守りながら、各種の装備を充実させて滑らかな走りと低燃費を実現させる。ノートe-POWERとの比較も含めて、機能と価格のバランスが巧みだ。

 そして、発売後1年ほど経過すると、1.5Lノーマルエンジン搭載車を230万円前後で追加する可能性もあるだろう。

【画像ギャラリー】日本投入直前に大刷新!! 新旧キックスのエクステリア&インテリアを大解剖

最新号

ベストカー最新号

【水野和敏熱血講義も!!】ホンダ2025年までの新車戦略| ベストカー10月10日号

 ベストカーの最新刊が9月10日発売!  最新号のスクープ特集では2021年から2025年までのホンダの登場予想車種をいっきにスクープ。  そのほか、ベストカーでおなじみの水野和敏氏による「withコロナ時代に必要なクルマ」の熱血講義なども…

カタログ