妄想レンタカーライフで貧乏生活脱出!!

 レンタカーというと2020年5月22日に経営破綻したハーツレンタカーが思い出される。なんともショッキングなニュースだが、6月5日の米株式市場で株価が急騰し、前日比147%に達したというから驚きだ。

 市場では新型コロナの影響からの回復が期待されているという。ぜひ頑張ってもらいたい!

 そんなレンタカー、最近は実用車だけでなく、高級車やスポーツカー、古い名車など貸し出される車種も豊富になった。そういうクルマでドライブなどを楽しむために借りるユーザーも多い。

 今回は高級車とは違う、でも実用車でもない……という不思議な車種がレンタルされているレンタカーショップをマリオ高野氏がレポートする!

文:マリオ高野/写真:SUBARU、RENAULT、CITROEN、Volkswagen、Mercedes-Benz

【画像ギャラリー】妄想レンタカーライフで貧乏生活脱出!!


■レンタカーの魅力

 コロナ危機とは関係なく、無能と怠慢により「常時底辺生活」を送りつづづけているマリオ高野であります。

 持ち前のコミュ障もあって、元々なるべく人と会わない生活を送ってきたおかげで、自粛期間中も、いつもとあまり変わらない日々を過ごしておりました。

 そんな中、ネットの記事や動画を観る時間は人並みに長くなり、様々な妄想が膨らむなど、精神的にはとても豊かになった気がします。

 中古車サイトで自分好みの物件を物色するのも楽しいものですが、最近はレンタカーの多様性がますます高くなっていますね。

 RB26DETTを積む世代のGT-Rや ビート、AE86など、往年の日本の名車が借りられるレンタカーはインバウンド需要が高いせいもあって、以前から人気が高まっていたのをご存知の方も多いことでしょう。

 個人的には、90年代から2000年代前半ぐらいまでの、クルマがもっとも楽しかった時代のモデルを豊富に用意する「スパイスレンタカー(リンク)」に激しく注目してしまいました。

 ちょっと古めのクルマが好きな人なら、ラインアップを見るだけで思わず笑ってしまうような顔ぶれが豊富に揃っていてビックリです(笑)

スバル インプレッサ WRXのようなハイパワーなクルマもレンタカーで借りることができるのだ

■驚きのラインナップ

 まず、ワタク的に萌えたのは、2代目インプレッサWRXの中期型、涙目Vリミテッド! WRCでまだギリギリ強かった時代を思い出させてくれる名車がレンタカーで借りられるとは! 色はお約束のWRブルー!

 WRC勝利記念車ながらSTIではなく、型式は「GDA」なのでエンジンは250馬力仕様となるものの、そこが逆に渋さを感じます! スバルオタクが集まれば朝まで盛り上がる絶好のネタと言えますね!(笑)

スバル レガシィ ツーリングワゴン(4代目)

 さらに、歴代モデルの中でもっともクルマ好きからの支持率が高い4代目レガシィが、セダンB4とツーリングワゴンの両方を用意しています。ワゴンは定番のGTターボ、そしてセダンB4はNAなのにマッキントッシュ付きということは、珠玉の6気筒3.0Rじゃないですかぁぁぁ!!!

 マジでビックリのランアップです(笑)

 そして、これまたクルマ好きが今もなお高く評価し続けるスバルオリジナルの軽自動車の、最後世代にあたるR2も! 「日本一楽しいレンタカー」を標榜するのは伊達ではありませんね。

 もっと見ていくと、2000年代前半ぐらいまでの輸入車が好きな人にはタマラン顔ぶれがズラリ!

プジョー 206CC

 ルノーアヴァンタイムやシトロエンC6、プジョー206CCはATとMTの両方を揃えるなど、車種選定担当者のセンスの良さに涙が出ました。

 個人的には、かつて試乗した時に本気で買いたいと思ったBMWの初代1シリーズが豊富に揃い、痛快ホットハッチの初代VWポロGTIが用意されているところにも、深い共感を覚えます。

 高級ブランドのメルセデスでは、W220型のS320と、CLKカブリオレ。ジャガーはタイプSという、これまたワタクシ個人がかつて恋い焦がれるも、お金が圧倒的に足りなくて買えなかったモデルが用意されているではありませんか!(涙)

フォルクスワーゲン ポロGTI

■クルマは自分で持つよりカーシェア派へ

アルファロメオ 145

 このレンタカー会社、やはり只者ではありません。もう、ホームページを観ているだけでアッと言う間に1日がすぎてしまうほど楽しい!(笑)

 各車ともYouTubeに紹介動画が上がっていて、アルファ145のツインスパークエンジンでは「オーケストラのシンフォニーのような、なんとも言えない音色と感触が味わえます」などと、90年代のアルファが好きだった人を泣かせるようなセリフを、今時の若い女性が読む所にも激しく萌えました。

 このレンタカー会社は、本当にクルマ好きの人が運営しているのだなぁとつくづく感心すると同時に、ワタクシ個人の趣味と一致しすぎな奇跡に大感激!

 おかげ様で、クルマは買えずとも、心はさらに豊かになりました。利用料金を観ると、大半は24時間数千円という安さも素晴らしいですね。

 高額車クラスでも24時間1万数千円、中には1ヶ月4~5万円で借りられる車種もあり、マイカーは所有できないけれど、楽しいクルマを味わいたいという人には最高じゃないでしょうか! クルマは自分で持つよりカーシェア派、みたいな若者もゼヒ利用して欲しいですね。

【画像ギャラリー】妄想レンタカーライフで貧乏生活脱出!!