美しいクーペ、超武骨なSUV 魅力たっぷり日産の海外仕様は「名門店」で狙え

 リーフやエクストレル、セレナなどの人気車もあるものの、どうも痒いところに手が届かない感がぬぐえないのが、日産の国内ラインアップだ。

 ところが、世界に目を向けると、魅力的な日産車が盛りだくさん。特に北米では、高級車「インフィニティ」を筆頭に、質感の他高さと走りの良さを売りにした日産車が盛りだくさん。

 そこで北米向け日産車の輸入販売を手掛ける「インパル・インターナショナル」に、その購入の流れや人気の動向を取材した。

文:大音安弘/写真:NISSAN、IMPUL INTERNATIONAL

【画像ギャラリー】なぜ日本で販売しない? 懐かしい車名も!! 日本で販売されていない欧米の日産車


日本にはない日産車の手にしよう!!

 日産自動車は、2020年5月28日に発表した事業構造改革計画「NISSAN NEXT」の中で、今後18か月で12車種の投入を予告したが、これは世全体での動きだ。

 予測される国内投入モデルも、走りを重視したものや高級車は、かなり限定的となるだろう。

2020年6月から18カ月以内に18車種の投入を発表した日産。東京モーターショー2019で公開したアリアもそのうちの1台で、2020年7月投入が決定

 そこで注目したいのが、海外専売の日産車の存在だ。特に高級車と大型SUVニーズの高い北米では、日本で販売されないモデルが多数存在する。

 ただ日本に持ち込むには、国内保安基準適合のための作業に加え、排ガス検査や加速騒音試験に合格しなくてはならない。

 それらをクリアしなくては、国内登録ができないのだ。そのため、海外から直接クルマを輸入する専門店を通しての入手が一般的となる。

北米で2016年にデビューしたインフィニティQ60を日本でスカイラインクーペとして販売するという噂もあったが、結局正式販売されなかった

 そんな専門店のひとつが「インパル・インターナショナル」だ。インパル・インターナショナルは北米で販売される日産車(インフィニティを含む)を手掛けるインパルの1セクションとなっている。

インパル・インターナショナル公式ホームページ

 取り扱い車種は、公式WEBに掲載されるインフィニティQ60や日産マキシマなどのセダンやクーペ、インフィニティQX60や日産ムラーノ、タイタンXDなどのSUVに限らず、北米で扱うインフィニティ及び日産車全般になる。

 並行輸入業務の担当である冨永正志氏によると、インパルで並行輸入車の取り扱いを始めたのは、2019年のこと。

 同社の顧客が、日本にはない日産車への関心が高かったことが、輸入販売のきっかけだ。冨永氏自身も、海外仕様の日産車への関心は高く、そのカッコの良さに魅了されているという。

ダントツ人気はあのクーペ

 当初は、昨今のSUV人気を受け、大型SUVに人気が集中すると予想していたそう。ところが、ダントツの人気を誇るのは、意外にも2ドアクーペの「インフィニティQ60」だ。

 このモデルはインフィニティのフラッグシップクーペだが、日本ではV37で設定の無いスカイラインクーペに相当する。

先代モデルは流麗なクーペスタイルで有名だったが、現行のQ60はシャープさが加味されてスポーティさが際立っている

 その中でも、高性能な「レッドスポーツ400」への関心が高いという。その名が示すように、最高出力400psを発揮する3.0LのV6ツインターボエンジンを搭載する。

 日本でも昨年からスカイラインに設定された「400R」のクーペ版と思えば、そのキャラクターを理解しやすいだろう。

 この他のモデルでは、インパルの予想通り、大型SUVの関心も高くフラッグシップSUVの「インフィニティQX80」や3列シートの「日産パスファインダー」などの問い合わせも多いという。

インフィニティブランドの最高級SUVのQX80もインパルインターナショナルへの問い合わせの多いクルマだという。日本で乗れば確実に目立つ!!

北米中から希望の一台を発見!

 購入の流れは、まず車種や仕様などの顧客の要望を基に、現地スタッフが全米の新車ディーラー販売店にある新車在庫から、ぴたりと一致するものを探し出す。新車発注ではなく、新車の在庫車に拘る理由は、納期の短縮にある。

 仮に現地で新車をオーダーした場合、顧客の基に届けるのに、優に1年を超える可能性があるが、在庫車なら最短2カ月での納車も可能となるからだ。

内装はいろいろな仕様があり、オーナーの好みの1台を探してくれるのもうれしい。時間がかかってもお気に入りを手にしたほうが幸福度が上がる

 米国では、新車の展示販売が積極的に行われていることもあり、新車在庫も豊富。グレードに外装と内装の色を組み合わせた仕様でも、ほぼ該当車を発見できるというから驚きだ。

 もし全米で発見できない珍しい仕様であっても、カナダまで足を伸ばすなど検索先を広げることで解決できるという。まさに北米市場の巨大さを物語るエピソードだ。

 該当車が見つかれば、その価格を基に、日本での納車費用まで含めた総額の見積書を作成する。顧客が価格や納期などに納得すれば、商談成立。

 日本への輸送と法規対応の改善、所定の手続きを経て、ようやくユーザーの手元に届けられる。

日本で正規販売すれば売れそうなパスファインダー。日本でも人気だったテラノの輸出モデルだったが、現在まで生き残って4代目となる

 納車時は、全国どこでもインパルのスタッフが赴くという。これも高価な輸入車を購入する顧客に、安心を提供したいとするインパルの心遣いのひとつだ。

 もちろん、サポート体制も万全で、販売車両には、インパルによる1年保証が付帯されるほか、修理部品の手配やメンテナンスもインパルにて行う。居住地が地方の場合は、ユーザーの地元にある協力店でのサポートを行っているというから心強い。

モデルよっては実車確認もできる

 インパルでは、モデルこそ限定されが、展示車や試乗車を用意する。ただ最近は、輸入日産車の関心が高まっていることもあり、イベントや販売協力店への貸し出しを行っていることも多いそう。

 それでも、人気車である「インフィニティQ60」の試乗車を準備することはできるので、気軽に相談してほしいとのこと。

Q60のなかでもインパルで一番人気は400psの3L、V6ツインターボエンジンを搭載したレッドスポーツ400だ

 冨永氏も、購入前に積極的にデモカーの試乗を勧めているという。高価な買い物だけに、使い勝手や自分との相性などを触れることで確認し、納得して購入してほしいからだ。

 とはいえ、購入希望者は、事前にクルマについて調べ上げていることが多く、商談も大いに盛り上がるそうだ。

 並行輸入車で気になるのは、オーディオやナビゲーションなどのインフォテイメントシステムだろう。

 かつては大金を使い、大掛かりな改造を行い、日本のナビゲーションシステムをインストールすることも多かったが、近年は、その状況も一変。そうスマートフォンとの連携機能である「Apple CarPlay」や「Android Auto」の登場だ。

キックスは日産が2020年6月24日から日本でも販売を開始するが、インパルインターナショナルではその前から扱っていた

 日産車とインフィニティ車はいずれにも対応しており、自身のスマートフォンがあれば、ナビ問題は解決というわけだ。またFMラジオも北米仕様のバンドに含まれないものも、スマートファンのラジオアプリを活用すれば、楽しむことができる。

 最重要項目である費用は、現地での車両価格に、輸入のための費用が加わるので、正直、安い買い物ではない。

 ただよりよい条件で顧客に提供できるように、現地スタッフを含め、インパルも全力でサポートしてくれる。

 北米の日産車を手にしたいと思ったら、まずはインパルにコンタクトしてみるといいだろう。

【画像ギャラリー】なぜ日本で販売しない? 懐かしい車名も!! 日本で販売されていない欧米の日産車

最新号

ベストカー最新号

【ここまでわかった!】新型WRX S4&STI 強烈進化|ベストカー8月26日号

 ベストカーの最新刊が本日発売! 最新号では、新型WRX STI&S4の最新情報をお届け。  そのほか、世界初公開した日産アリア、タフト、ハスラー、ルーテシアなど注目車種の情報から、歴代殿堂入りモデルを決める特集や、2020真夏の初試乗祭り…

カタログ