スープラ、スカイライン400Rの魅力と行方 両モデルへの関心はどう?


 2019年5月に17年ぶりに復活を遂げたトヨタスープラ。そして2019年9月に日産はスカイラインのマイチェンを機にスカイライン史上最強スペックとなる405psの400Rを登場させた。これに対しクルマ好きもヒートアップして盛り上がりを見せた。

 2019年は2台のジャパニーズスポーツカーが生まれた記念すべき年だが、2020年に入り、両モデルへの関心が薄まっているように感じるのは気のせいなのか?

 2019年に登場した2台の大物スポーツカー、スープラ&スカイライン400Rの現状について松田秀士氏が考察する。

文:松田秀士/写真:TOYOTA、NISSAN、ベストカー編集部

【画像ギャラリー】日本未発売の大物 インフィニティQ60(スカイラインクーペ)は超絶エレガント!!


スカイライン400Rは奮闘中!!

2019年9月のマイナーチェンジで追加された400Rは、3L、V6ツインターボを搭載し、405ps/48.4kgmというスカイライン史上最高スペックを誇る

 日産スカイライン400Rは低迷する日産乗用車販売のなかで孤軍奮闘している。そもそも「どうよ!」というE・YAZAWA氏の驚きのハンズオフCMの影響もありスカイラインそのものの販売は悪くない。

 スカイラインにはこのハンズオフ機能のプロパイロット2.0を搭載したハイブリッドモデルとガソリンモデルの2系統があるのだが、そのガソリンモデルの中でもハイエンドの400Rに人気が集中しているのだ。

 現在までの累計販売台数もGT(V6ターボモデル)を上回っている。そこにはいにしえの400Rと同じネーミングにするというワザを使い注目を集めたことも功を奏した。

400RといえばNISMOがR33スカイラインGT-Rをベースにオリジナルチューニングを施したコンプリートカーで、新車価格は1200万円だった

スープラは勝手に売れる!?

 いっぽう、トヨタスープラはもともとBMW Z4との姉妹車であることから基本BMW社が生産を行っている。工場はオーストリアにあるマグナ・シュタイヤー車のグラーツ工場。

 マグナ・シュタイヤー社はBMWの製造工場かというとそうではなく、各自動車メーカーから特徴的な車両の依頼を受ける製造請負人のようなメーカー。

 そのためもあってか生産台数に制限があり、日本国内向けの振り分けは当初月220台と発表されていた。米国でも人気が高くその台数の振り分けが厳しいとも聞く。いずれにしろ欲しくても手に入れにくい人気車種なのだ。

スープラはオーストリアのマグナ・シュタイヤー社で製造され日本に輸入する形で販売。日本への割り当てぶんは1カ月に200台程度と少ない

 この2台、すでに自動車雑誌などでは取り上げられることが少なくなり、最近めっきり話題に上らなくなっているのだが、それでも相変わらずの人気車。

 別にわざわざ取り上げてもらわなくても勝手に売れる、という最近では珍しいモデルなのである。

 では、この2台は本当にそこまで魅力的なモデルなのだろうか? ホントはこんなウィークポイントがあるにもかかわらず、みなさん目がくらんでいるだけじゃないの?

 なんかそんなところを松田さん探してよ!? という無理難題を押し付けられてここに書いているという。とまぁ、こんなところが今回のお題。

スープラはトップグレードのRZの人気が高く、1年程度の納車待ちが続いている。マットストームグレーメタリックの2019年の日本割り当てぶんはわずか24台

次ページは : ハイパフォーマンスカーとは思えない洗練された400R